2010.07.01

この違和感はなんだろう。

サッカー日本代表が、結局ベスト16で敗退しましたね。

実は管理人、その試合を見ておりません…徹夜で仕事してましたんで、途中経過をiPhoneで見るくらいだったんだけれど。

で、ビデオ録画をしてはあるんですが、改めて見る気力が全くありません。最終スコアとシュート本数やボールポゼッションなどいろんな資料を見る限り、当事者(日本とパラグアイの国民)以外にとっては退屈な試合だったんだろうと思いますが、いかがでしょう。

日本代表にとって、自国開催以外のワールドカップで予選リーグを突破した事は快挙だと素直に思います。

誰かが言った「下手なら下手なりにゲームをして」勝ち進んだというのは、日本サッカー界にとっては福音になり得る出来事だったと思います。

岡田監督の方針変更(本田のワントップ+中村俊輔をスタメンから外した事)は、冷静に分析した末だったでしょう。相手にボールを回すだけ回させてチャンスをうかがうという(守備的な)戦法も、現状の戦力分析を的確に行いこそすれば、この選択しかなかったと思います。

正直、次回以降に繋がるモノがあるかどうかは微妙ですが、前回のドイツ大会での(勘違いによる)惨敗に比べたら「結果を出した」といって差し支えないかと。

逆に、足りないモノが多いからこそベスト16で止まったんです。そこをテクニカルレポート等で、冷静に考えていって欲しいところです。

---------------------------------------

対デンマーク戦くらいから、凄く違和感を感じているんです。

実は管理人、デンマーク戦も前半だけしか見ていません…さすがに前半に2点先行すれば、負ける事はないだろうと思いましたから、安心して眠りについたと(笑)。

ハッキリ言いまして、退屈な試合だったから寝ちゃったんですよね。ブブゼラの音も、その退屈さを助長しているというか。あれだったら、まだ開幕戦の方が面白かったかと。

ただ、大会前に岡田監督をあれだけ批判していた世論がコロッと変わってしまい、マスメディアを中心に「頑張れニッポン」のオンパレードという状況には辟易したというか。特にニュース&ワイドショーあたりの出演者が訳知り顔であれこれ論評するのを見ていると、吐き気がするというか。

確かに閉塞感のある昨今、日本代表の「快進撃」は明るい材料だったでしょう。

ただ、あの快進撃は「岡田監督以下の代表チームが冷静に分析し、リアリズムに徹し妥協した」産物だったわけでしょう?

そこに至るまでの苦悩を考えずに、脳天気にはしゃぐ連中というのはいかがなモノかと。

あの脳天気なハシャギ方は、サッカーというジャンルに対して失礼極まりない。そして、あの「大絶賛」のオンパレードが始まってから、日本の負けを覚悟しました。

やはり、いろんな意味でバランスが取れないと前には進めないんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.19

やっぱりというか、何というか。

W杯の日本ーオランダ戦の話ですけれど。

100619

強豪国に0ー1なら普通は「惜しかった」というべきなんでしょうけれど、まだまだ世界の超一流とは差があるなぁ…という感想でしょうか。

今回の結果に関しては「善戦した」「よくやった」とは言いたくないし、かといって「あれじゃダメだろう」と叱咤するべきでもないし、微妙な心持ちですな。

けっこう、枠に入ったシュートが多かったし、後半8分に得点された以外は守備もキチンと出来ていた。大会前の評判からすると健闘しているって思うんだけれど、でも冷静に考えると「日本サッカーには足りないところだらけ」に見えたりするワケで。

4年毎に思うんだけれど、やっぱり「蹴ったボールのスピード」が日本人選手は足りないかなと思います。まず、そこから始めないと永遠に差は埋まらないんじゃないかなと。「蹴るボールスピード」が高速化してくれば、フリーランニングやポジショニングや判断力といった試合運びの面全てがスピーディになってくると思います。

それが足りないから、失点シーンの近辺でオランダ攻撃陣に押し込まれてライン全体が退いちゃったとも思えるんですよ。90分間、キチンとした試合運びが出来ないって事は、やはり元々の個のレベルが足りないって事なんですな。

ただ、現状の日本としては、今回の結果は及第点と言えるのではないかと。加えて、今後の道筋も見えた試合ではなかったでしょうか。

悔しいけれど、言うほど悲観的な試合でもなかったように見えました。

---------------------------------------

…でも、岡崎には決めてもらいたかったなぁ。

清水ファンとしては非常に残念なシーンでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.15

おめでとう、岡ちゃん。

今回は守りきりましたね>サッカー日本代表。

カメルーンがパスを出せる選手(山本昌邦さんと野地アナは"ソング"の名前を連呼してましたが)がいないという、そんな内紛状態にも助けられた感はあります。エトーに突破を許した場面はあったけれど、殆どが個人プレーでの突破頼みで組織的な守備でキチンと阻んだ事、それが第一の勝因ではないかと。

100615_2

ま、どんな形でも「1勝は1勝」。結果ありきのW杯ですから、アンフェアじゃなければ勝ち方は何でもいいんです(^.^)。

前回のW杯ドイツ大会で「残り10分で3失点喰らって負けた」事を考えれば、ヒヤヒヤはしましたけれど見事な戦い方だったというか。

地元大会以外での1勝…これが今後の日本サッカーに与える影響は大です。韓国が前回大会で勝利して、今大会は朴智星(パク・チソン)を中心とした欧州でも通用するチームを作ったように、日本も同様の流れが来る事を期待しています。

---------------------------------------

今でも、オシムの後に岡田武史監督を起用した事は首を傾けたくなる話なんですが、「初めてW杯本大会で勝利した」日本人監督となった事には素直におめでとうと言いたい。

彼は「W杯本大会で初めて日本代表を指揮した」監督でもありますし、初勝利も彼…なんか強運の持ち主というか何というか。

予選→本大会前のテストマッチで低調な姿を見せていた日本代表でしたけれど、上手く相手の状態の悪さを突いて勝利を引き寄せました。

正直、管理人は日本代表が1勝もできないと考えていたクチなので、今回の勝利は非常に嬉しい。

とにかく、本大会で1勝させてくれた岡田監督に「おめでとう」を言いたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.06.12

ワールドカップが始まった。

いま、開幕戦の「南アフリカーメキシコ」戦を見ながら書いてます。

4年に一度、管理人が確実に熱中するイベントであるFIFAワールドカップ。最初に見たのって78年のアルゼンチンが地元優勝した時だから、もう30年くらい見てるんですね。

今大会、アフリカ大陸で最初に開催されるワールドカップなワケですが、「最初は南アフリカ共和国でなければいけない」という理由を何となく感じながら見ています。

FIFA(国際サッカー連盟)が、従来の欧州⇔南米の交互開催を改め、世界の全大陸に開催地拡張を志したのは、94年のアメリカ合衆国大会からです。

ヨーロッパでの大会が確実に1大会おき(8年ごと)に行われ、その他の大陸での大会が間に挟まれる…やはり、サッカーの世界は西欧主導で行われているんだなと云う感じがあります。

94年のアメリカ、02年の日韓、この二つはサッカーがビジネスとなっていく過程で必須の開催地だったと思われます(02年はFIFAの会長選挙の勢力争いと、韓国が茶々を入れてきた事で、本来だったら日本単独開催だったはずがワケの判らん大会になっちゃった。借金国の韓国の開催は、本来ならばあり得なかった…というのが管理人の見解)。

で、2010年の南アフリカ。

21世紀に向けて、FIFAのサッカー普及拡大政策で外せない大陸はアフリカです。選手の供給先としてアフリカ大陸の存在が巨大になりつつありますし、アフリカ大陸でのサッカー普及の起爆剤としてワールドカップを行うのは当然の成り行きでしょう。

ただ、何故に南アフリカなんでしょうか。確かにラグビーのW杯というそこそこ大きなイベントを開催した経験はありますが、彼の国よりも治安の良い国は幾つもあるだろうし、財源的にはオイルマネーを持つ国々の方が格段に上だろうし。

一つ考えたのは、南アフリカが「イスラム圏ではない、キリスト教国」という事。それと、アパルトヘイト政策はあったにせよ、比較的にヨーロッパに近い(元々は英連邦に所属していた)国だからでしょう。

それを考えると、複雑な思いになったりしますね。

---------------------------------------

ここ2大会、ワールドカップはハッピーエンドじゃないですな。

2006年のジダンの退場劇があり、2002年には韓国のジャンルを冒涜したかのような露骨なホームタウンデシジョンがあり、ワールドカップ自体が「ジャンル最高峰のレベルにない」という危惧があったりします。

でも、国別対抗戦というのは全世界を巻き込むにはもってこいのシチュエーションであります。ワールドカップの魅力を一度知ってしまうと、やはり心が高鳴る自分がいます。

そんな御仁は数限りなくいるでしょう。

今回は、個人的にはドゥンガ率いるブラジルに頑張っていただきたいなと。磐田でプレーしていた時に、何度となく見ている選手でしたから>ドゥンガ。彼には親近感を感じていたりします。

プレースタイルとしてはアルゼンチンとかドイツとかオランダとかイタリアの方が好きですが、ブラジル中心に見てみたいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.07

木村和司、監督就任。

<横浜・木村和司新監督「わしが何とかしちゃる」>

「わしが今のマリノスを何とかしちゃる」。5日、横浜の嘉悦社長代行と会談した木村氏は、広島弁で並々ならぬ意欲を示したという。

最近では人気、実力とも低迷気味の横浜が、スター選手として君臨したOBに名門復活を託すことになった。前身の日産自動車時代、正確で鋭いFKを武器に して黄金期を築き、日本代表でも背番号10で活躍。抜群の知名度を誇り、クラブの「切り札」とも言える人物が、満を持して監督デビューする。

1年契約という提示に「当然だ」と話し、短期間で好結果を出す決意を示した。嘉悦社長代行は「熱い情熱を感じて目頭が熱くなった」と打ち明け、今回の人選に自信を深めたという。

ただ、Jリーグではコーチや監督経験がなく、指導者としての手腕は未知数だ。クラブ側は攻撃面や得点力向上を期待するが、名選手は果たして名監督となるのか。「ミスター・マリノス」と呼ばれた男の采配が注目される。

※スポニチAnnex 09年11月06日付より

---------------------------------------

S級ライセンスを持っている有資格者なワケですから、引退して10ウン年経ってJリーグに指導者として復帰というのは意外ではあるんですけれどね。

「ついに」というか、「やっと」というか。

管理人にとっては、Jリーグ以前の日産自動車サッカー部に所属していた時からの大好きなサッカー選手でありました。だから、現場に戻ってきてくれた事は嬉しいんだけれど、上手く行かなかった場合のリスクを考えると複雑だったりして…。

引退の翌年に少年サッカー教室で浜松を訪れた時に、和司さんと5〜10分くらいお話しした事があります。礼儀正しくて、なおかつ気さくで、一介のファンである管理人に丁寧に話してくださいました。握手もしましたが、凄く力強かったなぁ…。

フリーキックのデモンストレーションを見た時には、左右のバナナシュートだけでなくドロップ気味のボールなんかも披露したりして、その曲がる(落ちる)角度に驚嘆したというか(笑)。

とある静岡県内のサッカー誌で和司さんのサッカー教室のネタを書かせていただいた時に、そこの編集が掲載分を和司さんの事務所に送ったんですよ。そうしたら、事務所の方(※もしかしたら、社長である奥さん?)から「(管理人が)木村を好きな事が本当に伝わって来ました。ありがとうございます」というお返事をいただきまして、大変恐縮してしまったのを覚えています。

サッカー教室の時にいただいたサインは、管理人の宝物でございます(^.^)。

Kazushi

今度はプロの監督として、日本サッカー史に残る「あの時」のような興奮を甦らせて欲しいですな>和司さん。

---------------------------------------

☆これが管理人がゾクッとした「あの時」…伝説の日韓戦でのフリーキック(85年)。正座してテレビを見ていたのを覚えています(笑)。NHKの山本浩アナの実況・松本育夫さんの解説が懐かしい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.02.11

サッカーW杯予選・日本vs豪州。

相手がオーストラリアだという事を考えれば、グループリーグでの勝ち点1を取れた事は十分に評価してイイとは思います。ただ、あれだけ攻めていたら1点くらいは奪取して欲しかったなぁ…。

では、簡単な感想を箇条書きにしようかと。

・田中達⇔岡崎が5分遅かったかな。
・松井は残して欲しかったかな。
・遠藤がマークされた場合に
 別の起点となりうる選手が欲しいかな。

今日みたいな戦い方ならば、オーストラリア以外には勝てると思います。残り4試合、3勝1敗ないし2勝2分くらいで行って欲しいモノですな(←希望的観測)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.08.06

北京五輪開幕…日本女子の試合を見て。

17時50分などという時間から始まっていたので、北京五輪の女子サッカー競技なんぞをテレビで見てしまいました。

日本女子代表(←"なでしこ"などとは絶対書かない)はニュージーランドと引き分けだったんですけれど、試合をテレビ観戦していて気がついた点をいくつか。

まずですね、日本の同点ゴール(セットプレーから澤のワンタッチボレー)はキレイでしたね。日本の得点シーンって、ああいう場面を大事にしないと訪れないような気がします。たぶん、同グループのアメリカ(世界一の女子チーム)とかノルウェーとかには体力&スピードがかなり劣ると思うんで、だったらセットプレーを利用してゴールをこじ開けていくしかないんじゃないかなと。

もう一つ、前線でトップの永里がボールを持つ時にプレーの流れが止まってしまう感じがしました。かなり堅実なポストプレーヤーという紹介でしたが、ボールタッチのメリハリが見られなかったかなと云う感じがしたのが残念。まぁ、初戦だから緊張していたのかもしれませんが。

引き分けで勝ち点1は取りましたけど、正直「決勝トーナメント出場は難しいかな」と思ってます。ただ、選手の皆さんには頑張っていただきたい。

---------------------------------------

関係ない話をひとつ。

競技場の芝がボコボコな感じがしたのは気のせい? 国際大会で使う芝じゃないようにみえたんだけれど。

そこで、ウチの母親がひと言。

「ウチの庭の芝ぐらいに酷いね」(笑)

我が家には、1メートル四方の小さな芝(それも、どこからか持ってきた土を盛り込んだら生えてきただけの芝)があるんですが、それと同じ感じだったもんなぁ。一応、碁盤の目の様に刈り込んでたけれど、よーく見るとところどころ穴があるようだったんだけれど…。

あの条件では、タフな試合を求められそうですな。明日から始まる男子サッカーも同様かも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.14

WOWOWに入りたくなった。

酷いな、TBSのEURO'08の中継は。

地上波局はみんな似たような事をやってるし、どのスポーツ中継でも似たような傾向があるけれど…もう、芸能人を出すのは止めようよ。

特に、ベッキー見たらムカついてきた。

どうしてお前がそこにいるんじゃ!(怒)

テレビ局、完全に視聴者を舐め切ってるな。望んでない人を画面で見る事ほど辛い事はない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.06.07

目先の利益に走るなよ(怒)。

今日のサッカー(W杯予選)なんだけれど、中東での試合なのに現地時間の17時から試合というのはどういうことやねん?

地元の人間が「こんな時間から試合を始めた事がない」という気温が高い時間に開始するのは、勘が良い方ならお解りだと思うけれど日本のテレビ局の所為ですな。ゴールデンタイムに放映して、視聴率とスポンサーを得たいが為の行為なんでしょう。その証拠に、今日のスタジアムの広告を見ると日本のスポンサーばかりが並んでいますな。

ここでひと言挟みたいけれど、この件に関してはドイツのW杯の時に散々叩かれたじゃないの。ジーコが「こんな暑い時間に試合をさせられて云々」とかって批判していたけれど、その片棒を担いだのは実は日本のテレビ局だったという事は有名な話。それと全く同じ事を繰り返してしまっているわけですな。

結局さ、スポーツを舐めてるんだよ>代理店&テレビ局。

TBSのW杯予選の次の番組ってEURO'08の開幕戦ですよね。それが控えているから、その前に日本代表で煽ろうとでも思ったか? だとしたら、頭が悪すぎるよ。もう少しさ、スポーツしている人に対して畏敬の念を持てよと。

小学館(少年サンデー)の編集並みに、思考が硬直しているとしか考えようがないわ(怒)。

続きを読む "目先の利益に走るなよ(怒)。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.12.31

Giant Killing in ECOPA。

流石にこのエントリーは、年内に書き終えないと(苦笑)。

前回のエントリーで予告しましたが、29日に袋井と掛川をまたぐ小笠山運動公園(所謂、エコパ)に、天皇杯の準決勝を見に行ってきました。

071229

続きを読む "Giant Killing in ECOPA。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)