2011.11.23

立川談志師匠、ご逝去。

談志「師匠」ではなく、本当は談志「家元」と書かなければいけないんでしょうけれど。敢えて「師匠」と書かせてください。何となく、その方がシックリ来るんで…。

---------------------------------------

<訃報:落語家の立川談志さん死去、75歳 >

カリスマ的人気を誇った落語家で元参院議員の立川談志(たてかわ・だんし<本名・松岡克由=まつおか・かつよし>)さんが21日午後2時24分、喉 頭がんのため東京都内の病院で死去した。75歳。葬儀は23日、密葬で行われた。後日お別れの会を開く予定。喪主は妻則子(のりこ)さん。

東京都出身。1952年、16歳で五代目柳家小さんに入門、小よしを名乗った。63年、五代目談志を襲名し真打ちに昇進した。

「伝統を現代に」を掲げ、江戸情緒を大切にしながらも現代的な感性で古典落語を捉え直し、新たな息吹を与え、戦後落語界の風雲児となった。「落語とは人間の業(ごう)の肯定」と唱え、卓越した心理描写で語る「芝浜」や「紺屋高尾」などの人情ばなしを得意ネタとした。

落語への愛着は強く、65年、落語人気を盛り上げようと、「笑点」(日本テレビ系)の前身番組を企画。69年まで「笑点」初代司会者を務めた。

また高座でもテレビなどでも、毒舌で政治や社会を鋭く風刺。言動はしばしば物議を醸した。

タレント議員の活躍に触発され、71年、参院選全国区に立候補して当選。75年12月、三木内閣の沖縄開発庁政務次官に就任したが、飲酒トラブルなどで翌年1月に辞任した。

83年には、真打ち制度をめぐって落語協会と対立し、脱会。落語立川流を創設し、家元を名乗った。志の輔さん、談春さん、志らくさんら人気と実力を兼ね備えた弟子を育てた。

97年に早期の食道がんを公表。09年8月、糖尿病などの治療のため休養した。10年4月に高座復帰したが、ほとんど声が出ない状態が続いた。今 年3月に入ってストレス性胃潰瘍で一時入院。その後も療養を続けていた。10月27日に容体が急変し、約3週間、意識が戻らないまま亡くなった。

〜毎日新聞 2011年11月23日付記事より〜

---------------------------------------

当ブログでも何度か書いておりますが、談志師匠は管理人に影響を与えた偉人の一人でございます。

問題発言とかも多い方(ここ数年だと、北朝鮮拉致被害者の会についてのモノがあったけれど)でしたが、その問題発言なんかも噛み砕いてみれば、人間ひいては日本人というのがどういう立ち振る舞いをしていけばいいか、その問題提起をずっとしていたんではないかと思えます。

それは当然、落語家という領分からの発言になります…これを間違えてしまうと、あるいはステレオタイプに捉えてしまうと、師匠の考え方を見失ってしまうかと。

単に「無茶苦茶なことを云うオッサン」では決して無く、彼が云うところの「人間の業の肯定」というテーマに即して、それに対して真正直に生きてきた方ではないかと思います。

管理人が彼に対して興味を持ち始めたのは、所謂ファンの方々よりもかなり遅く、東京在住時代に「家元ショー」を見てからですね。

たまたまYouTubeを見ていたら、貴重な貴重な「家元ショー」の動画を発見しました。ゲストの小室先生も大天才だと思うけれど、ここで聞き役に徹している談志師匠も天才。

ここでの師匠の立ち振る舞いに、当時学生だった管理人が影響を受けたのですよ。その経緯の詳細は、以前のエントリーをご参考ください。

---------------------------------------

圓楽さんがお亡くなりになった時以来、いつかはこういう日が来ると覚悟はしてました。

でも、実際に訪れてみると、かなりショックだったなぁ。

今日、たまたま買い物をしている最中にiPhoneでニュースを眺めていた時に訃報に接しましたが、周囲の客が振り返るほどに「えっ!?」と大声を出してしまい、その直後から1〜2分くらい絶句してしまったのでした。

いろいろと談志師匠に対して思いを馳せたんですが、ふと思ったのは「上岡龍太郎圓蔵はどうコメントするだろう」って事ですかね。これからいろいろな方々がコメントを残すかと思いますが、管理人にとってはこの二人のコメントだけ聞いてみたいのですが。

何度か高座も聞かせていただいてます。噺本題もそうですが、"まくら"でグッと引き込む部分も素晴らしかった。



上のまくらの動画は何年か前のNHKの特番での一部分なんですが、これって管理人は何度も何度も聞いていたりします。単なる批判に終わらず、ユーモアを交えて話していく…これって、談志師匠が思うところの「落語のあるべき姿」の一つの具現化だと思ったりするのですよ。

世間の話題の狂言回しとでも云うのかな、それが世間に対する落語家の位置づけの一つなのではないかと考えていたのではないかな。

管理人が語るには余りに巨大な才能過ぎて、上手く意見が整理できないのですけれど。何を書いても説得力が無く一笑に付されそう(苦笑)。

ただ、管理人が本気で残念がっている事だけでも理解してください…。

師匠のご冥福をお祈りいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.02.02

いい歳して…衝動買い。

実は、こんなモノを衝動買いしてしまったんですが。

Tomoka
黒川智花写真集 『風花』

週刊現代かなんかでたまたま見かけて気になって、今日になって本屋さんで見かけて、そのまま衝動買い。

タレント&女優の写真集を買うなんて、この人以来だなぁ(笑)。

NHKの朝の連ドラ「こころ」に出ていた時から可愛らしい女の子というイメージがありまして、それなりに演技も出来て将来が楽しみだなぁ…なんて思っていたら、こういう写真集を出していてビックリしましたな。

世の男性諸君が気になるモノ(爆笑)は写ってませんが、20歳になっても清純&可愛らしさを保っていて、なおかつ綺麗な肢体…そんな彼女が見られるだけでもいいのかも。

ただ、写真自体は素材に負けてる感じがしたなぁ。それが少し残念。

黒川さんにはますます頑張って欲しいところ…裸じゃなくて、演技でね(ニッコリ)。

でも、裸ももっと見たいかも…orz

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010.01.03

プロだねぇ&ちょっと寂しい。

感心したので、初めて動画をようつべにUpしてしまったというか。

いつ○○されるかは判りませんけれどねぇ(苦笑)。

全員集合のCM中ってのは、公開放送の会場に見に行った事がある人じゃないと判らなかったでしょうけれどねぇ。

それにしても、番組開始前の前説やCM中の対処など、いかりや長介のテキパキとした動きが素晴らしいですな。

あそこも含めて、綿密に計算された空間だったんでしょう>全員集合。

まぁ、昭和だからこその番組だったのかな。正月特番を見ながら感心しまくりでした、ハイ。

---------------------------------------

全く関係ないですが、Puffyの吉村由美嬢ご入籍なさったそうで。

   Msc1001031006001p4

管理人、この人がけっこう好きだったんで残念というか(ため息)。

視力が悪そうと言うか、目つきが悪そうなところ(元ヤンですからw)が好きだったなぁ…でも、情が深そうなイメージも持っていたりします。

余談ですが、同系のお顔の葉月里緒奈も良かったり。

あとは、この人と旦那になる人との「趣味」が合うかどうかですな(笑)。

いずれにしろ、今度はいい結婚生活を送って欲しいです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009.10.31

三遊亭圓楽、ご逝去。

これは触れなくてはイケナイ話です。

テレビの演芸番組「笑点」などで親しまれた落語家の三遊亭円楽(さんゆうてい・えんらく)さんが29日午前8時15分、肺がんのため亡くなった。76 歳。東京都出身。55年に6代目三遊亭円生に入門し、62年に真打ちに昇進して5代目三遊亭円楽を襲名した。「笑点」には初回から参加し、06年に勇退す るまで、長寿番組の顔として活躍した。07年に落語家を引退し、晩年は腎不全や脳梗塞(こうそく)など病気との闘いだった。

※日刊スポーツ10月30日付より

---------------------------------------

この訃報を聞いた時、一番最初に思い浮かべたのが「毎日香のCMナレーションはどうなる?」でした(笑)。

YouTubeにあった毎日香のCM

落語家さんらしくって、味のある語りだったもんなぁ…弟子の楽太郎では到底及ばないよなぁ。たぶん、圓楽さんも「圓生の語りには到底及ばないだろう」なんて言われていたかもしれないけれど、そこから芸を磨いていったワケでして、楽太郎(←好きじゃないけれど)にも頑張って戴きたいモノです。

当ブログでは敢えて触れませんでしたが、今年の春先くらいだったと思いますが、談志師匠も体調不良うんぬんという話がありました。

ワタクシ的に落語家番付をつけるならば、東の横綱が談志師匠ならば、西の横綱は圓楽さんでしたね。その両横綱時代に(年齢的な事はあるけれど)終焉に近づきつつある事を考えると、非常に寂しいです。

談志師匠がプライベートも含めて落語家たらんとしていたのに対し、圓楽さんの場合は案外「常識と落語の世界」を切り分けて考えていた感じがあります。圓楽さんが高座から下りた理由を考えると、完璧な落語家像を見せたい思いがあったのでしょう。談志師匠のように「不十分でもオレは俺」という考え方とは明らかに違いますね。

でも、落協から脱退して若竹を切り盛りした事があったり、案外この人も「人生全てが落語」だったかと。

ふと、そんな事を考えました。

合掌。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.08.16

××(チョメチョメ)の死。

バラエティー番組の司会者として「チョメチョメ」などの流行語を生み、映画「仁義なき戦い」シリーズなどで活躍した俳優の山城新伍(やましろ・しんご、本 名・渡辺安治=わたなべ・やすじ)さんが12日午後3時16分、誤嚥(ごえん)性肺炎のため東京都町田市の特別養護老人ホームで死去したことが14日、分 かった。70歳。山城さんは女優・花園ひろみ(68)との2度の結婚、離婚を経て、長女(42)からも絶縁され、以後独り暮らし。最期は弟・鎮雄(しず お)さん(69)とホーム職員がみとった。

(スポーツ報知 8月14日付より)

---------------------------------------

実はですね、最近になって職場の中で「チョメチョメ」が何故か流行語と化してまして(笑)。

誰かが「チョメチョメ」と言った時に、「オマエは山城新伍か!」と管理人がツッコミを入れたのがキッカケだったのですが(笑)。続けて「チョメチョメ」の由来(アイ・アイゲームで使われたのが最初ですな)を説明したりして…。

その矢先の山城氏のご逝去だったから、なんというタイミングの良さなんでしょうか。朝の職場では「チョメチョメ、死んじゃったね」という会話が互いに交わされたと(←なんちゅう会社じゃ)。

この人に対して思い入れは特にないんですが、「元嫁(花園ひろみ)+その娘とは断絶状態で、自身は老人ホームに入っている」という記事が以前に出ていまして、寂しい晩年になっちゃってるなぁ…なんて事を考えた事があります。

身から出たサビといえばそうなんですが、浮気とかしながらも嫁と家族の事が好きで好きでしょうがなかったんだろうなぁ。だったら、原因になるような事をするなとも思うのですが、この辺の事情は管理人には難しいなぁ。

何にしろ、一時代を築いた人には間違いありません…私生活はともかくとして。

合掌。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2009.06.11

管理人もおバカかも。

つい先程まで…

スザンヌを外国人だと思ってました(^_^;

 66836_200906110548860001244700488c

たまたま芸能記事見ていて、母親(※写真右)と妹(※同左)とのスリーショットを見て、ようやく気付いたわけでして。

テレビとか見ていて「日本在住が長いハーフなのかなぁ…」などと、何の疑問も持たずに思っていた(苦笑)。

もっと酷い勘違いを言えば、一時期は「リア・ディゾンの親戚」かなんかだと思ってました←本当に無知だね。

いやぁ、管理人も年を喰ったなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.03

どんどん堕ちてるな。

子役時代は可愛らしかったのにねぇ…。

テイタム・オニール、ドラッグ購入で逮捕!
(※シネマトゥデイ・6月3日付記事より)

前に『がんばれ!ベアーズ』のエントリーって書いた事があったけれど、あの頃のテイタムは本当に可愛らしかったなぁ。却ってね、少女(子役)時代の方が色気があったよね。

マッケンローと離婚してから表舞台になかなか顔を出さなくなっていたけれど(気付かなかっただけかもしれないが)、全然魅力的じゃ無くなっちゃったなぁと。

離婚して、親権は夫に獲られて、おまけに仕事もあるわけでなし、それじゃぁコカにも手を出す…のか?

端から見ると、シャーリー・テンプルにもなれず、はたまたジョディ・フォスターにもなれなかった名子役が、型通りの転落人生を歩んじゃった感があるなぁ。

非常に残念な話ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.01

これは少し嬉しいかも。

先日、某氏のお陰で「笑っていいとも!」を録画させていただきましたが、その流れでこんな話題が飛び込んできてまして。

木村佳乃、伊勢谷友介と破局していた

※Yahoo!ニュース08年6月1日付より

なんとなくね、相方が芸能人じゃ彼女の場合はダメなんじゃないかとも思ってたんですよ。どちらかと言えば、医者とか広告代理店の人とかテレビ&映画のスタッフとか、一般に近い人の方がシックリ来るんだけれど。そう思っていたから、何となくホッとしたかも(笑)。

ま、佳乃さまの本性はレ○ビ○ンだから(爆笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.07.09

ビックリしたよ、内山くん。

久々に痛いニュースを覗いたら、こんな記事を発見したのだが。

内山君、8年間同棲していた30歳女性から訴えられる

同棲云々はともかく、会社経営をしていたのにビックリ。

子役時代の稼ぎがあったとしても、それが「いま、最も胡散臭さが漂う業種」だったとしても、キチンと会社経営をしているという事に感心したりして。介護ネットワークの事業所の一つなんだが、それでも自分の城を築いていると云うのは凄いなと。

うーむ、何だか解らんけれど敗北感に苛まれるなぁ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007.05.05

ふぉんてーぬ、みちくさ。

日本屈指のボケ&いじられキャラな方がお亡くなりになったわけだが。

横山ノック(Wikipediaより)

ノックさんの晩年に関しては、いろいろと言いたい事があったりもします(※ハッキリと書くと、ハメられたんじゃないかと未だに勘ぐっています←問題発言)。ま、その真偽はさておいて、彼の出演する番組をなんやかんやで見ていたクチですから、今回の訃報には一抹の寂しさを感じています。

訃報のニュースで上岡龍太郎が久々に画面に登場するか」と思ったりしたんだけれど、顔を出しただけでメディアに対しては無言だったという話を聞いて「ある種の潔さ」を感じたり、あるいは『花の新婚!カンピュータ作戦』とか『ノックは無用』といった出演番組を思い出したり。さすがに僕の世代は漫画トリオには間に合っていないから、そこまで思いを馳せる事はなかったけれど。

本当はこの件は書くつもりが無かったんだけれど、昨日は『カンピュータ作戦』を検索して辿り付いた方が多かったので、「多分、この一件だろうな」と考えてエントリーする事にしました。

フェードアウトする様にお亡くなりになった印象が強い事は、かえすがえすも残念です。ご冥福をお祈りいたします。

※思い出した様にひと言…タイトルの意味、解るよね?

| | コメント (0) | トラックバック (0)