2010.09.20

全員野球って…。

全員サッカーじゃイカンのか>民主党。

最近、挙党態勢という意味で、いろんな議員が「全員野球で」などと言ってるんですが、単純な疑問として「全員サッカー」「全員ラグビー」「全員バレー」など、他のチームスポーツを用いちゃイカンのかと思ったわけで(笑)。

元は、安倍ちゃんが内閣総理大臣就任時に、党三役らに「全員野球でやっていこう」と言ったのが最初だそうで。

政治の世界で、民主党だけじゃなくいろんな場面で使われる事が多くなったという、一種の隠語というか、業界内の流行語というか、そんな感じの言葉なワケですな。

ただ、安倍ちゃんの場合はともかく、今の使われ方を見ると非常に軽さを感じるんですよね。

別に野球が軽いスポーツと言うつもりではなく、乱発する事で言葉の重みが無くなっているという風か。

まぁ、「煮詰まっていると、楽な言葉で逃げようとする」というのは、能力の無さそうな政治家の常でもありますな。

ボキャブラリーが貧困な内閣にはロクな仕事が出来ない…多分、有権者も多くがそう思っているでしょう。だとすると、こういった軽い言葉の連発というのは、国民軽視の証だと云う事が言えそうですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.04.10

たちあがれ日本?

正直言いまして、平沼さんも与謝野さんも新党結成の(後者は自民党離脱の)タイミングを間違えたのではないかと云う感じ。

外国人参政権反対で意気投合した側面があったり(この部分をマスメディアはひた隠しにしておりますが…)、年齢云々を感じさせないくらいに「日本国に対する矜恃」があったり、そういう部分で特に問題なしだと思ったりしてますが…お二方とももう少しやり方等を選べなかったのかという感じ。

世間の評で一番納得できたのは、飯島さん(小泉内閣の秘書官)が言ったひと言でした。

「略す時に、何と言えばいいの?」

例えば、自由民主党だったら「自民」、社会民主党だったら「社民」、民主党は…そのまんまか(笑)。

でも、今回の新党は7文字で、その内ひらがなが5文字。どうやって略すの?マスメディアとかに取り上げられる際に、簡潔に表現できないってのは厳しいんじゃないかと。加えて、市井の人々が親しみにくいんじゃないか…これは政党にとっては致命傷かと。

石原慎太郎が都知事ではなく作家の立場で命名したそうなのだが、ハッキリ言ってセンス無し(呆)。慎太郎が出しゃばっちゃったところに、「もう止めて…」と言いたい感じです。あの人は過去に生きてる人ですから>慎太郎。

ネーミングのズレ加減を見るにつけ、自民を離脱した鳩山弟とそう変わらない動きにうっかり見えてしまいますな。それが惜しいなと。

飯島さんも年齢云々で揶揄する部分には異議を唱えてますし、日本を何とかしたいという心意気も感じていると語ってますけれど、そのアピールという部分では終始、疑問符を付けていました。彼同様に管理人も、今回の新党結成の心根は解らんではないけれど、できれば与謝野さんの場合は自民にとどまった上で、平沼さんの場合は保守勢力の結集を図るなど、別の選択肢を見いだして欲しかった。

やっぱり、野党がいくら分裂したところでインパクトは無いのですよ、ハイ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.11.16

蓮舫だけじゃないけれど。

民主党政権による「事業仕分け」の話題が報じられてる昨今ですけれど、議論と言うよりは"公開処刑"とか"さらし首"に近いモノがありますな。

もう、削減ありきでヒステリックになっている仕分け人を見ていると、官僚側だって逆ギレするわなぁ…なんて思っちゃうんですけれど。そりゃ、確かにムダはあるだろうけれど、あそこまでつるし上げされちゃったら官僚側が気の毒でしょうがない。

官僚側だって、彼らなりに日本の事を考えているからこその行動だっただろうから、ああも一方的にやり込めるのは如何だろうか…と思っちゃうんだけれど。

事業仕分けについては、冷静に現状把握して行って欲しいという事、単なる数字だけを見ずにキチンと効果も含めてみて欲しいと考えているのですが。

さて、話を少し戻して、ヒステリックになってる仕分け人および民主党議員の中に、蓮舫という女性がいますな。彼女、参院議員にまで登りつめちゃいましたけれど、彼女のデビューから見ている人間にとっては、だんだんと痛くなっている様が見えてきちゃうんですけれど。

たまたま、日経のメルマガでこんな記事が送られてきたんで、昼休みを使って読んでいました。

蓮舫議員と語り合いたい「もったいない」の意味

この著者自体は「ムダ削除派」なんだけれど、それでも蓮舫の詰問の仕方とか表情には異を唱えていたりします。

管理人も彼女の表情を見ると、「オマエはいったい何様だ?」と聞いてみたくなったり。

「クラリオンガール」出身のタレントが、キャスターとか"インテリジェンス溢れる"職業にたどり着き、最後には参院議員にまで登りつめたのは、彼女自身が上昇志向が強いからこそ成り上がったんだろうな。ま、その事については彼女の努力の賜物だと思いますし、批判するには値しないかと。

ただ、民主圧勝後の彼女の一連の表情を見ていると、売名云々のようなちっちゃい話ではなく、もっとタチの悪い"権力を奪取した者の快感"というのを想像しちゃうのですよ。

「権力を忌み嫌う者が権力を握った時が、一番危険な権力者になる」

こんな事をおっしゃっているのは、我が敬愛する立川談志師匠でございます。『談志陳平の言いたい放題』だけじゃなく、けっこう昔からこの言葉を談志師匠は使っていて、ボクが聞いたのは『家元ショー』の選挙の話の時だった覚えが。

それはともかく、蓮舫はじめ民主党の皆さんを見ると、管理人には談志師匠の言葉が重くのし掛かってくるのですよ。

---------------------------------------

ワタクシ、けっこう蓮舫のタレント時代は好きだったんだけれどなぁ…。ショートカットの女の子って好きですし。

中途半端に頭が良くて小生意気だけれど、管理人はああいうタイプに騙されやすかったりして、ああいう彼女が欲しかった時期があったりしたんですな(笑)。友人からは、よく「変!」だと言われましたが(苦笑)。

南青山かなんかの会場で、そのまんま東(←彼もいまや県知事か!)とトークショーをした事があって、当時の仕事絡みで見に行った事があったのですよ。最前列に座らせていただいて、内容を録音したり、スチール撮影を手伝ったりしてたんですが。

そこでですね、ミニスカ衣装の蓮舫さん(←ここだけ敢えて"さん"付けw)がステージ上の椅子に座った時に「スカートの奥」が見えそうになりまして、思わず管理人が腰を前にズラして低めの態勢を取り、そちらに視線を向けてしまった…なんて事があったりして(爆笑)。

蓮舫さん、それに気付いたか管理人の方を一瞥しつつ足を組み直していましたよ(大爆笑)。

いまの彼女の表情を見るにつけ、あの時の管理人の行動が彼女の上昇志向と権力志向に火を付けちゃったのかなぁ…なんて事をふと思ったりしますが。

…そんな事は絶対に無いわな(苦笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.11.05

馬脚を現したか?

あちらの民主党も酷いようでして…。

オバマ大統領 戦死者帰国を政治利用

Whyobama

ブッシュもろくなモンじゃなかったけれど、オバマは別の意味で【とんでもない大統領】ではないかと。

大統領選挙の時に「Change!」を連呼して勝利した…どこかの国を想起させるかのように(苦笑)。

昨年の大統領選、リアリズムに長けていたのはマケインの方だったように、管理人には見えました。でも、甘い言葉に一般大衆は弱いのかなと。

管理人の場合は、年齢を重ねるが毎に拗ねて世の中を見る癖が付いていますからアレなんですが、若かりし頃だったら絶対にオバマみたいな感じの人に【無条件降伏】しちゃっただろうな。

で、今回の写真ですけれど、一国のトップとしてやっちゃいけない事だと思います。ポピュリズムの醜い面を見た気がしています。

でも、こんな写真を撮らなければイケナイほどに、彼自身が余裕が無くなっているのも事実なのかも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.26

ナニヲイッテルノカワカリマセーン。

タイトルは、インチキ外人風に読んでいただければ幸いです(笑)。

まぁ、所信表明演説なんてこんなモノなんだろうけれど、やたらに長くて焦点がぼやけている様な気がしたんですけれど。

鳩山首相 所信表明演説全文
(※時事ドットコムより)

特に、重要であるはずの経済のくだりはよく解らないんだけれど。人間だから経済活動を行うんであって、それを「人間のための」とはこれ如何に?

経済話の中に「食品の安全」とか「治安」とかいろいろと盛り込んじゃってるんだけれど、一緒くたにして話をする内容じゃないと思うのですが、いかがでしょうか?

何にしろ、話が冗長すぎてよく解らん…というのが感想。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.10.05

中川昭一氏、死去。

  31152576_1292285601

あまりに唐突で、言葉を失いました。

彼の政治活動を見ていると、なかなか(良い意味での)力技を見せてくれる人と好感を持っていました。個人的には麻生太郎の後の首相候補最右翼だと思っていました。

件の酩酊事件の際にかなり叩かれましたけれど、アレだけのキレ者である中川氏を(酩酊の事実があったとしても)赦す事が出来なかった日本人ってのは、度量が狭くなっているんだな…なんて思った事もありました。

ローマでもそうでしたし、他の場面でもそうでしたが、諸外国に意見をキチンと言える政治家というイメージが強かった>中川氏。その貴重な人材が結果的にこういう形で終焉を迎えてしまったのは、日本人として非常に寂しい。

合掌。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009.09.21

ストップするのが筋。

『クレヨンしんちゃん』の作者(臼井儀人さん)が滑落死を遂げたのはショックでした。マンガでもアニメでも、楽しませていただきました…ご冥福をお祈りいたします。

で、絶頂期で作者が不在になると、必ず起こるのが「今後の話」ですな。

「しんちゃん」は不滅?サザエ方式で存続か?
スポニチアネックス 9月21日付より

90年に漫画で初登場し、92年にアニメ放送が開始された「クレヨンしんちゃん」。大人からも支持を得て「サザエさん」や「ドラえもん」と並ぶ国民的人気キャラクターとなった。作者の臼井儀人さんの急死を受けて、その存続が注目されるが、アニメを放送しているテレビ朝日の関係者は「どうしても続けたい」 と話している。

クレヨンしんちゃんは90年に「Weekly漫画アクション」(双葉社)で連載が始まり、92年にテレビ朝日系でアニメ放送が開始された。04年には舞台となった埼玉県春日部市から特別住民票が交付。06年には中学の公民の教科書に使用されるなど国民的人気キャラクターになった。テレビ朝日は「クレヨンしんちゃんの原作者としてのこれまでの偉大なる功績に感謝し、心からお悔やみ申し上げます」と追悼のコメントを発表した。

アニメ制作の関係者は「しんちゃんは絶対やめたくない(コンテンツ)」と強調。しんちゃんは漫画、アニメの枠を超え、キャラクターグッズ、文具、食品など幅広く展開。ニッポンレンタカーなどのCMにも起用されている。08年に制作会社のシンエイ動画を子会社化したテレビ朝日にとって、しんちゃんは放送業界で重要視されている放送外収入の大きな柱となっており、放送をやめることは大きな痛手となる。

放送中のアニメ(金曜後7・30)で、臼井さんの原作を生かしているのは5分の1ほど。残りは制作会社が脚本などを制作し、向こう3カ月分のストックもあるという。「サザエさん」などと同様、原作者が亡くなっても放送を続けることは可能だ。小学館関係者によると、96年に「ドラえもん」の原作者である藤子・F・不二雄さん(享年62)が死去した際、遺族がアニメ放送の打ち切りを求めたことがあったが、放送局側が説得して存続に至った経緯もある。

アニメは現在秋の特番シーズンに入っているため、次回の放送は10月16日の予定。テレビ朝日は「今後のことは関係者の方々と相談して決めたい」としている。

93年から年1度のペースで映画を配給する東宝関係者は「残念としか言いようがありません」。09年まで計17作で累計興行収入230億円を突破し「大人も子供も笑って泣ける映画」として定着した。02年の第10作「嵐を呼ぶアッパレ!戦国大合戦」は第6回文化庁メディア芸術祭・アニメーション部門大賞 などを受賞し、「BALLAD 名もなき恋のうた」として実写映画化された。10年の第18作公開も決まっており、同関係者は「映画の存続はアニメ次第」としている。

---------------------------------------

たぶん、無理矢理にアニメとか続行されちゃうんだろうなと思っています。この事態で特に大慌てしているのはテレビ朝日だと思いますが、ドラえもんの時のようにあれこれと美辞麗句を並べて遺族を説得して放映していくんだろうなと。

ただ、理想としては、原作者がいなくなった後はレギュラー番組を一旦打ち切るのが筋だと思います。だって、もう「臼井儀人作のクレヨンしんちゃん新作」は永遠に見られないわけですから、リメイク版とかならイザ知らず、他のシナリオライターみたいなヤツが入ってアレコレ作るのは「原作レイプ」になっちゃうんじゃないかと。

3ヶ月くらいのストック分は作者ご存命の時に作られたんでアリだとしても、それ以降の新作制作→放映は許せません。

というか、もう少し作者への配慮をして欲しいモノですな。こういう場合って毎度の様に、(特に)テレビ局の情け容赦なしの態度に腹が立ってしまうんですよね…。

まぁ、テレ朝は現在頭の中が「¥」ですから、倫理的な事など全く考えられないでしょうな(嘲笑)。

倫理観なんて求めるのが無理なのか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009.09.17

田中美絵子も可哀想に。

田中美絵子氏がついに認めた!
裸一貫からの議員生命を誓う

リアルスポーツ 09年09月16日付

 「厳しい経済状況の中で、生きるためにいろんなことに挑戦した」。仰天経歴が次々と明らかになった民主党の田中美絵子衆院議員(33)が15日、都内のホテルで開かれた党両院議員総会後、報道陣の取材に応じ、小沢新幹事長の前でその赤裸々な過去を堂々と認めてみせた!

 鳩山政権誕生を翌日に控えた民主党は15日、都内のホテルで新人・元職議員を対象にしたガイダンスと両院議員総会を行った。
 この日の注目は、風俗ライターの過去が明らかになって以来、メディアの前から“雲隠れ”していた田中美絵子氏が会場に姿を現すかどうか。一部ではズル休みして回避するのではとの情報もあったが、田中氏は堂々とした足取りで、笑顔で会場入りした。
 会場には「小沢ガールズ」を含む143人が初集合。菅直人代表代行らから国会議員としての心構えなどの説明を受けた。続いて行われた両院議員総会では、田中氏は自ら先輩議員らにあいさつをし、その表情は早くもやる気に満ちあふれていた。

 総会終了後には、鳩山由紀夫代表や小沢一郎新幹事長らと握手を交わす。その後、50人以上の報道陣に囲まれながら初めてその仰天経歴について口を開いた。
 「世間をお騒がせし、心からおわびします。非常に厳しい経済状況の中で生活をして参りまして、生きるために必死で仕事をし、また色んな事にも挑戦をさせていただきました」
 カルト映画でおっぱいをさらした過去や、出会い系サイトのサクラを務めたり、大川興業に所属していたことなど、一連のスキャンダルを初めて認めた。
 さらに「社会的弱者の目線に立ったぬくもりのある政治をしたい」とも誓い、必死に追いかける報道陣をガードするベテラン議員に肩を抱かれて会場を後にした。記者の「映画に出た感想は?」などの質問には終始笑顔のまま無言だった。
 本紙は田中氏に接近し、ヌード出演情報の決め手となったあごのホクロを確認。映画通りの“微乳”だが、30代とは思えないとろけるようなピンクの唇は期待の美人議員の名に恥じない妖艶さ。失われた10年と呼ばれて数年。田中氏には、こんな美人が体を張らなくてはいけなかったほどの厳しい経済状況を忘れされるような改革を期待したい。(関)

---------------------------------------

長々と引用させていただきました。

別にヌードになろうが出会い系のサクラをやろうが、これから政治をシッカリやればイイだけの話

彼女の弁明に同情もしないし、逆に"経歴隠蔽"に対しても追求するつもりはないですわ。容姿的には好みのタイプかもしれないけど(※福田衣里子もタイプかも)、だからといって甘く見る事は全くないです。例えば麻薬の売人とか、法に触れるような事をやっていたら問題あるかもしれないですが、取り敢えずは「普通の議員さん」として評価はしていきたいなと考えております。

確かに、いろんな経歴を知っていた上だったら石川2区の有権者が投票したかどうかは判らないです。それでも、本当に追求すべきは彼女の過去ではなく政策や思想の部分ではないかと。管理人は、民主党の掲げる政策には賛同できないので、彼女に対してもそういう見方をしていくつもりです。

ただね、記事を読んでいたら一つだけ引っ掛かる部分がありまして。

カルト映画でおっぱいをさらした過去や、出会い系サイトのサクラを務めたり、大川興業に所属していたことなど、一連のスキャンダルを初めて認めた。

「おっぱい」や「サクラ」はともかく

「大川興業に所属」はスキャンダルじゃねぇだろ!(爆笑)

まぁ、隠していた彼女にも問題アリかもしれないが、これがスキャンダル扱いされた事には同情した次第(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.08.30

正直、ココまでとは。

正直、ココまでの惨敗になるとは思いませんでした>衆院選。

mixiで「日本終了」と書かれていた方がいたけれど、本当にそんな感じ。ただ、逆に民主党政権が長く続くとも思えない…これは希望的観測も含めてかもしれないけれど。

---------------------------------------

前回、郵政選挙(05年の衆院選)でメディアが誘導して自民圧勝劇が繰り広げられました。それと全く同じ状況を、2009年の日本国民は作ってしまった感が強いです。ああいうポピュリズムを感じさせた選挙で懲りてるはずなのに、何故にまた同じ様に誘導されて流れていってしまったのでしょうか>日本国民。

少なくとも、マスメディアの煽りに反発してもらいたかったんだけれど…それが非常に残念。

この1年の麻生政権は上手くやっていたと思います。それをメディアは、「酒呑んだ」とか「誤読した」だとかくだらんサイドストーリーばかり敢えて取り上げてツッコミを入れ、逆に民主党の党首の献金疑惑には殆どツッコミを入れず、加えて政策に対する論評を殆どしていない…そんな、ごく一部の適当な輩に政権交代をお膳立てされちゃった感が強いです。

テレビ東京の選挙特番で、小泉政権の首相秘書官だった飯島勲さんが出演していたんだけれど、「自民党が、自分達の得意な経済や外交など優位な点を訴えられなかった。民主党の土俵に乗っかってしまった」と語ってました。

いうなれば、それはメディア対応の問題(つまり、メディアを味方に引き入れるか否か)なんですけれど、自民とメディアは対立していましたから当初から排除されていたワケでして。だから、自民の言い分なんて殆ど情報に乗っていなかったです。マスメディアにネガティブキャンペーンをされ、細かい部分が全く見えなかった。

それは、今回の選挙自体が「民主党による、小泉・郵政選挙戦略の焼き直し」(それも劣化版)を見事にやられてしまったという風にも見受けられます。飯島さんは小泉政権の当事者の一人だったワケだから、上の感想が的を得ているように感じました。

高速道路の料金無料化や子供手当などの"甘い誘い"を散々連呼し、最大の焦点を「政権交代」などとアピールして政策論争を極力控えていましたね>民主党。鳩山代表を始めとして、候補者がマニフェストについて曖昧な答えしかできず、「やってみなけりゃ解らないなど」と不安な言葉を口にする…という弱々しさを見せているのにも関わらず、バカの一つ覚えのように「政権交代」という言葉だけを力強く連呼するだけで乗り切ってしまいました。

これは、小泉純一郎が他の政策を殆ど語らず、郵政民営化のシュプレヒコールを声高々と発していたのと同じです。

加えて、小泉チルドレン戦略と同様に、自民や公明の大物に訳の解らん候補(アナウンサーとかメディア関係が多いですが)をブチ当てたりと、4年前の焼き直しとしか言いようがないやり方でしょ?

上の選挙戦での事柄を挙げてみると、民主党が何をやりたいのかが見えてこないです。それは、小泉政権下での郵政民営化の実体が「外資に日本を開放する」という真の狙いが見えにくかった事と相通じるところがあるのではないでしょうか。

その点も含めて、民主党政権には「危険な匂いが立ちこめている」と考えているのは管理人だけではないはず。

---------------------------------------

あれやこれやと考える事がありすぎて、少し混乱してるかな。

まだまだ言い足りないですけれど、今日はひとまずここまで。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2009.08.17

オサムちゃんは、城内氏支持!

公示日前ですから、衆院選関連の話題はなに書いたっていいんですよね?

管理人の地元は静岡県浜松市なんですが、選挙区は『静岡8区』になります。浜松市中区のほぼ全般、東区、南区が該当します。

そこではたぶん塩谷立・文部科学大臣がトップ当選するんでしょうね。ここがやられるようだと、自民は厳しい気がしますが…。

で、お隣には、かの有名な『静岡7区』があります。

何度か書きましたが、片山さつき・現衆院議員城内みのる・元衆院議員とが郵政選挙で激しく激突した選挙区であります。

管理人は個人的に城内氏を支持しておりますが、議員になってからの片山氏の地元貢献度もなかなかだという話がありまして、ひいき目に見てもここの結果が読めません。

巷の話では、農協等有力団体は片山支持だそうでして。郵政選挙後の4年間に城内氏が地道に活動を続けていましたけれど、小泉チルドレンの中ではキレ者である片山氏も徐々に静岡7区に根を張ってきているという感じ。農業地帯が多い7区ですから、農協の支持は片山氏に追い風になっている…「城内先生危うし、眞鍋なんか構ってる場合か」という感じでしたな(笑)。

なかなか状況は混沌としてますな。ただ、この地域だけは民主党の風とやらは吹きそうにありません…それだけは確実のような(笑)。

そして、本日のニュースを見ていてビックリ。

地元に影響力を持つ鈴木修・スズキ自動車社長が「城内支持」を打ち出したそうです。「昨日あたりに選挙事務所を訪れて、激励をした」という話が報道されておりました。

オサムちゃん(※地元ではこういう愛称で呼ばれてますw)は、どちらかといえば自民以外の候補者を支持するケースが目立っています(※浜松市長選で2期とも民主所属の候補が当選)。だからこそ、片山氏ではなく…ってところなんでしょうけれど、無所属の城内氏を支持するところがオサムちゃんらしい。

浜松市民からすると、愛すべきキャラでもあるし、陰のキングメーカー的な部分もあって、正直言ってつかみどころがない人に見えるんですよ>オサムちゃん。

ただ、「徹底した現実主義&現場主義の人」で知られるオサムちゃんが城内氏を支持したところに、(良い意味でも、悪い意味でも)引っ掛かるところがあるんです。

オサムちゃんが彼の何を認めたかが解りませんが、静岡7区の外野から見ると「これは面白い展開になってきた」というところ。8区の人間にしたら、この面白さが羨ましいというか(笑)。

でも、選挙の為だけに7区に住所を移す訳にもいかないですし(苦笑)。

まぁ何にしろ、これで片山vs城内の一騎打ちが確定しましたな。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧