2008.08.22

偉業は一日にしてならず。

よくやったねぇ、女子ソフト代表は。

0808211

女子関連だと、今日は女子サッカーの3位決定戦もありましたけれど、こちらはドイツに敗れてしまいました。ゲームを完全に支配していたハズなんだけれど、一瞬の隙を突かれて先制されてからはガクッと来ちゃったみたいでしたね。ドイツの選手交代の素早さ(見切りの付け方というのか)が見事だったのか、日本が逆にオプションが少なかったのか。

やはり、トップクラスってのは困難の解消の仕方も様々なモノを用意しているという事でしょうか。

女子ソフトの場合は、アメリカに2敗してムードとしてはあまり良くない感じだったかもしれないけれど、やはり経験の蓄積をそれなりにしているから持ちこたえちゃったという感じですな。

そりゃそうでしょ。五輪だけでも4→2→3位と来ていたワケで、あとはどこで臨界点が訪れるかという感じだったんでしょう。気力とかそういう問題ではなく、乗り切り方の見事さなんでしょうね。

で、女子サッカー。

国際大会でベスト4ってのは初めてだったワケで、メダルに届くためには準決勝に度々勝ち進むほどのチームを作るしかないでしょう。女子ソフトのように、着々と作っていくしかないでしょう。

ただ、その地盤は固まりつつあると思っています。いろんなしがらみがある男子サッカーに比べれば、自由に動く事が出来るだろうから、常にチャレンジ精神で前に進む事もできそう。

明暗を分けた両競技でしたが、上に行くには何をすればいいのかという点、これを思い起こさせてくれた部分では共通しているなと感じています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.08.17

完勝には感心するね。

最近の管理人は案外忙しいのと興味がいまいちな部分の二つがあって、北京五輪を眺めている時間は少ないです。

が、何故か決定的瞬間は生で見ている事が多いですな。「元々、競技にこだわらずスポーツ好き」なのと、「変な日本のテレビ番組(特にバラエティ)を見ているよりはよっぽどマシ」と云う感じで、家にいる時はチャンネルを合わせてしまいます。

ここまでの競技で見ていて「すげぇ!」「スカッとした!」と思ったのは以下の四つ。

・女子レスリング、吉田沙保里のフォール勝ち
・陸上男子100m、ウサイン・ボルトの圧勝劇
・水泳平泳ぎ、北島康介の圧勝劇
・女子サッカー、日本が中国に完勝

女子柔道の谷本のオール一本勝ちは見損ねましたが、我ながら勝負どころの嗅覚が鋭いなと(笑)。そう言いつつも、日本ではマイナーなフェンシングを見て感心したり、ザッピングも欠かしていません。

吉田とボルトと北島は、文字通りの完勝を見たという感じですな。

まず、吉田沙保里

相手を寝転ばしちゃうと、本当に強いなと。1月のワールドカップで敗れたのは事実なんだけれど、それよりも自分の得意な展開になれば確実に勝利に結びつけるってのは見事だと。ホント、色んな角度から突き詰めて精度を高めた結果があの圧勝劇なのかなって。もうね、達人の域に達しているのではないかと。

最後のフォールの瞬間、管理人はテレビを見ながら「強えぇ!」と叫んでしまいました(笑)。それほどまでに見事な試合運びでした>吉田。あの理詰めな感もある攻め方がある限り、そして身体が付いていく限り、吉田の地位は安泰だと思いますな。

関係ないけれど、テレビ解説が高田裕司さんってのに感激しました…達人が達人を語る風でよろしいかと。

それと、笑顔の吉田はなかなか可愛いじゃないか(笑)。

080817_0103 080817_0101

続きを読む "完勝には感心するね。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.06.06

これ、ヤバいんじゃないのか?

まず、この記事を読んでいただきたいが。

スポーツ報知 08年6月6日付記事より

憶測で言ってしまうけれど、放●能にやられちゃったんじゃないかと…。疑惑の場所四川省の近くなので、そう言われたとしても納得してしまいそうなんだけれど。

だとしたら、この18歳の選手はとんだ災難に巻き込まれてしまった感があるなぁ。

もう、北京五輪は中止しようよ(懇願)。

<追記 6月7日13:00>
何だかね、担当医が"トンデモ"だという情報が入ってきました(笑)。ただ、彼女が身体の痛みで五輪を断念したのは事実ですから、もう少しキチンとした情報を得て対処して欲しいですな。

本当にウイルス系の病気だったら、隔離する等の選択肢があって然るべきだけれど今回はそれがない。だから、被爆だとか憶測が飛び出しても仕方がないと思いますが…さて、真相は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.02

浪速の闘犬、牙を折られる。

終盤の攻防を振り返ると、どう見てもラファエル・なんとか(※注)フアン・ランダエタの方が優勢だったような気がするんだけれどねぇ。

対戦相手も決め手がなかったし、ちょっと皮肉っぽい言い方をすると「ホームタウン・デシジョンも実力のウチ」と言う事でいいんじゃないでしょうか(笑)。

※注:何故かラファエル・ペドロサという「渡辺二郎が世界王座を獲った時の相手」を思い出し、ずっと亀田の対戦相手を「ラファエル・なんとか」と記憶していました(笑)。

続きを読む "浪速の闘犬、牙を折られる。"

| | コメント (4) | トラックバック (0)