« 第72回 菊花賞。 | トップページ | 第56回 有馬記念。 »

2011.11.23

立川談志師匠、ご逝去。

談志「師匠」ではなく、本当は談志「家元」と書かなければいけないんでしょうけれど。敢えて「師匠」と書かせてください。何となく、その方がシックリ来るんで…。

---------------------------------------

<訃報:落語家の立川談志さん死去、75歳 >

カリスマ的人気を誇った落語家で元参院議員の立川談志(たてかわ・だんし<本名・松岡克由=まつおか・かつよし>)さんが21日午後2時24分、喉 頭がんのため東京都内の病院で死去した。75歳。葬儀は23日、密葬で行われた。後日お別れの会を開く予定。喪主は妻則子(のりこ)さん。

東京都出身。1952年、16歳で五代目柳家小さんに入門、小よしを名乗った。63年、五代目談志を襲名し真打ちに昇進した。

「伝統を現代に」を掲げ、江戸情緒を大切にしながらも現代的な感性で古典落語を捉え直し、新たな息吹を与え、戦後落語界の風雲児となった。「落語とは人間の業(ごう)の肯定」と唱え、卓越した心理描写で語る「芝浜」や「紺屋高尾」などの人情ばなしを得意ネタとした。

落語への愛着は強く、65年、落語人気を盛り上げようと、「笑点」(日本テレビ系)の前身番組を企画。69年まで「笑点」初代司会者を務めた。

また高座でもテレビなどでも、毒舌で政治や社会を鋭く風刺。言動はしばしば物議を醸した。

タレント議員の活躍に触発され、71年、参院選全国区に立候補して当選。75年12月、三木内閣の沖縄開発庁政務次官に就任したが、飲酒トラブルなどで翌年1月に辞任した。

83年には、真打ち制度をめぐって落語協会と対立し、脱会。落語立川流を創設し、家元を名乗った。志の輔さん、談春さん、志らくさんら人気と実力を兼ね備えた弟子を育てた。

97年に早期の食道がんを公表。09年8月、糖尿病などの治療のため休養した。10年4月に高座復帰したが、ほとんど声が出ない状態が続いた。今 年3月に入ってストレス性胃潰瘍で一時入院。その後も療養を続けていた。10月27日に容体が急変し、約3週間、意識が戻らないまま亡くなった。

〜毎日新聞 2011年11月23日付記事より〜

---------------------------------------

当ブログでも何度か書いておりますが、談志師匠は管理人に影響を与えた偉人の一人でございます。

問題発言とかも多い方(ここ数年だと、北朝鮮拉致被害者の会についてのモノがあったけれど)でしたが、その問題発言なんかも噛み砕いてみれば、人間ひいては日本人というのがどういう立ち振る舞いをしていけばいいか、その問題提起をずっとしていたんではないかと思えます。

それは当然、落語家という領分からの発言になります…これを間違えてしまうと、あるいはステレオタイプに捉えてしまうと、師匠の考え方を見失ってしまうかと。

単に「無茶苦茶なことを云うオッサン」では決して無く、彼が云うところの「人間の業の肯定」というテーマに即して、それに対して真正直に生きてきた方ではないかと思います。

管理人が彼に対して興味を持ち始めたのは、所謂ファンの方々よりもかなり遅く、東京在住時代に「家元ショー」を見てからですね。

たまたまYouTubeを見ていたら、貴重な貴重な「家元ショー」の動画を発見しました。ゲストの小室先生も大天才だと思うけれど、ここで聞き役に徹している談志師匠も天才。

ここでの師匠の立ち振る舞いに、当時学生だった管理人が影響を受けたのですよ。その経緯の詳細は、以前のエントリーをご参考ください。

---------------------------------------

圓楽さんがお亡くなりになった時以来、いつかはこういう日が来ると覚悟はしてました。

でも、実際に訪れてみると、かなりショックだったなぁ。

今日、たまたま買い物をしている最中にiPhoneでニュースを眺めていた時に訃報に接しましたが、周囲の客が振り返るほどに「えっ!?」と大声を出してしまい、その直後から1〜2分くらい絶句してしまったのでした。

いろいろと談志師匠に対して思いを馳せたんですが、ふと思ったのは「上岡龍太郎圓蔵はどうコメントするだろう」って事ですかね。これからいろいろな方々がコメントを残すかと思いますが、管理人にとってはこの二人のコメントだけ聞いてみたいのですが。

何度か高座も聞かせていただいてます。噺本題もそうですが、"まくら"でグッと引き込む部分も素晴らしかった。



上のまくらの動画は何年か前のNHKの特番での一部分なんですが、これって管理人は何度も何度も聞いていたりします。単なる批判に終わらず、ユーモアを交えて話していく…これって、談志師匠が思うところの「落語のあるべき姿」の一つの具現化だと思ったりするのですよ。

世間の話題の狂言回しとでも云うのかな、それが世間に対する落語家の位置づけの一つなのではないかと考えていたのではないかな。

管理人が語るには余りに巨大な才能過ぎて、上手く意見が整理できないのですけれど。何を書いても説得力が無く一笑に付されそう(苦笑)。

ただ、管理人が本気で残念がっている事だけでも理解してください…。

師匠のご冥福をお祈りいたします。

|

« 第72回 菊花賞。 | トップページ | 第56回 有馬記念。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/53318322

この記事へのトラックバック一覧です: 立川談志師匠、ご逝去。:

« 第72回 菊花賞。 | トップページ | 第56回 有馬記念。 »