« 10月3日は何の日? | トップページ | 第72回 菊花賞。 »

2011.10.03

Prix de l'Arc de Triomphe。

これも毎年恒例のエントリーですね>凱旋門賞。

今年のArc(アーク、凱旋門賞の略称)は日本馬2頭が出走しました。昨年の凱旋門賞2着馬で昨年の宝塚記念馬のナカヤマフェスタ、今年の天皇賞(春)を制したヒルノダムールが出走したわけですが、完敗でしたかね。

1〜3着馬は全て牝馬(1&2着馬は3歳!)という、大波乱。

ヒルノダムールはゲートの中で首を激しく上げ下げしていたり、あるいは走る時の姿勢が首高に見えたりして入れ込んでいた感じに見えました。直線に入った瞬間は「厳しいかな」と思っちゃいました。

ナカヤマフェスタは枠順の所為もあるのか、外側の後ろを通っていましたね。ジックリと乗っていこうと蛯名騎手も考えていたのかなぁ。ただ、勝負所の坂を降りてフォルスストレートのところ辺りまで差を詰めることが出来なかった。去年のイイ時の状態になかったと蛯名騎手&二ノ宮調教師ともにコメントを出してましたけれど、やっぱり欧州競馬への対応って難しいんでしょうかねぇ。

当日の馬場の問題とかペースの問題とか気合乗りの問題とかいろいろありそうですが、今年は日本馬にとっては厳しいレースでございました。

一方、勝ったデインドリームですけれど、斤量差が3歳馬にとってかなりのアドバンテージを有するという事はあったにせよ、2着に5馬身の差を付け、なおかつレースレコードをマークするなんてのは、相当に実力がある馬だったのではないかと。

まぁ、終わってからそういう事は気付くんでしょうね(ため息)。

来年はオルフェーヴルなんかが挑戦するんでしょう。何にせよ、これからも日本馬の健闘…出来れば凱旋門賞初制覇を期待したいですな。

---------------------------------------

勝ったデインドリームですが、凱旋門賞前に社台ファームの吉田照哉氏が権利の半分を取得していたようでして(驚)。

というかですね、まさか凱旋門賞で「恐るべし、社台」と感じるとは(笑)。

|

« 10月3日は何の日? | トップページ | 第72回 菊花賞。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/52900466

この記事へのトラックバック一覧です: Prix de l'Arc de Triomphe。:

« 10月3日は何の日? | トップページ | 第72回 菊花賞。 »