« 2011年4月 | トップページ | 2011年8月 »

2011.05.05

とりあえず、書いておこう。

まずですね、1日の天皇賞は大惨敗。

まさか大阪杯の1着&3着で決まるとは思いませんでしたが、ヒルノダムール(父マンハッタンカフェ)を見ていたら、先日のJRAのCMをふと思い出しました。

「メジロマックイーン、親子三代制覇」

そうか、今回はそっちだったか…親子制覇がキーワードだったのね(苦笑)。

まぁ、別の場所で損失補填は受けましたので、平穏無事な生活を送っておりますが(笑)。

---------------------------------------

オサマ・ビンラディンが殺害されたとのこと。

オバマ大統領がどや顔で記者会見をし、アメリカ中が沸き返った模様ですが、何処でも云われておりますが「テロの脅威が終わったわけではない」のでして。

あれこれと資料を見てみますが、テロ云々の話ってのはどう考えても「アメリカ人の正義感&価値観の押しつけ」から始まっているワケでして、アラブ社会に対して様々な配慮が出来ない方々に対して牙を向ける輩が多いのは当たり前。

反対にアラブ側から見ると、エジプトやチュニジアが市民運動で政権交代がなされた事もあり、今までのような過剰な暴力手段で対抗しなくとも何とかなるという手応えがあり、テロに訴える必要も無くなっているんじゃないかと。

2001年9月11日からは、世間もかなり流れが変わっています。潮流がどう変わっていくのかを見極めて行かなきゃならんのでしょうけれど。

とにかく、浮かれたオバマが痛々しく見えた、今日この頃。

---------------------------------------

先日お話ししましたが、会社を辞めるという話の続報。

先週の月曜日だったかな、ウチの社長を飲みに誘いまして、その場所で「5月いっぱいで依願退職をさせていただきたい」旨を伝えました。一応は受け容れてくれたみたいですけれど、翌日からいろんな人達が大騒ぎしていて参った参った(笑)。

かなり痛烈なダメージを与えたようでして。

ただ、こちらも籍を会社に置かないと云う感じで依願をしているので、これからもまったく手伝わないわけではないという風に言ったんですがねぇ。

いろいろな思惑があるんでしょうから、コレは仕方がない事なんでしょうけれどね。

問題の受け皿の場所に関しては、遅々としながらも確実に進んでいる様子。

ま、完全移籍と相成りましたら、詳細にご報告でも。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.05.01

第143回 天皇賞(春)。

こないだ話題にしたJRAの「GI限定CM」ですが、今回も20th Century BoyがBGMでしたね。


今回の素材はメジロマックイーンなんですが、以前のエントリーで書いた通りに一番思い入れのある競走馬だった馬でございます。

で、最後に出てくるレースシーンである「父子三代制覇」した時の天皇賞(春)、管理人は現場で見ています。ええ、朝イチで新幹線に飛び乗って、東京から淀まで行きましたよ(笑)。

---------------------------------------

盛り上がったところで、今日の天皇賞の予想をば。

第143回 天皇賞(春) 枠順

さて、今年の4歳馬は黄金世代などと呼ばれてまして、今回の春天の人気も4歳馬が1番〜4番目までを占めています。

今年の春天を考える上で、考慮した点があります。

前年ダービー1,2着馬の出走

前年ダービー馬・15番のエイシンフラッシュが大阪杯3着を経て参戦してきました。21世紀になってからの春天は、数々の前年度ダービー馬が参戦して、なおかつ連対してきました。

加えてダービー馬がいない時ないし馬券対象から外れた時は、2着馬が連対するというケースもありました。

で、今回はと考えると…後者の方かなと。

前年度ダービー馬は01年以降4頭出走してますが、連対できなかったのは04年のネオユニヴァースだけ。

ネオユニヴァースを考えると、彼の出走の時だけダービー2着馬(ゼンノロブロイ)が同時に出走して、2着馬(及び同枠)の方が連対席を確保しています。加えて、04年のみが18頭フルゲートの出走。

そうすると、今回出番が有りそうなのは、前年ダービー2着馬にして、3歳にしてジャパンカップという古馬GIを(降着の恩恵があったにせよ)勝ち取ったローズキングダムではないかと。

ローズキングダム及び同枠のナムラクレセントを2着固定にして、何点か流すことにしました。

そして、流す馬たちは次の通り。

1番・ビートブラック
6番・ペルーサ
8番・マイネルキッツ
9番・トゥザグローリー
12番・コスモヘレノス(3着付け)
13番・ジャミール(3着付け)
18番・コスモメドウ(3着付け)

個人的には「阪神開催の日経賞」で斤量58キロをクリア(=連対して収得賞金を獲得)したペルーサトゥザグローリーにチャンスが有るような気がしています。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年4月 | トップページ | 2011年8月 »