« JRA「皐月賞」のCMがカッコいい件。 | トップページ | とりあえず、書いておこう。 »

2011.05.01

第143回 天皇賞(春)。

こないだ話題にしたJRAの「GI限定CM」ですが、今回も20th Century BoyがBGMでしたね。


今回の素材はメジロマックイーンなんですが、以前のエントリーで書いた通りに一番思い入れのある競走馬だった馬でございます。

で、最後に出てくるレースシーンである「父子三代制覇」した時の天皇賞(春)、管理人は現場で見ています。ええ、朝イチで新幹線に飛び乗って、東京から淀まで行きましたよ(笑)。

---------------------------------------

盛り上がったところで、今日の天皇賞の予想をば。

第143回 天皇賞(春) 枠順

さて、今年の4歳馬は黄金世代などと呼ばれてまして、今回の春天の人気も4歳馬が1番〜4番目までを占めています。

今年の春天を考える上で、考慮した点があります。

前年ダービー1,2着馬の出走

前年ダービー馬・15番のエイシンフラッシュが大阪杯3着を経て参戦してきました。21世紀になってからの春天は、数々の前年度ダービー馬が参戦して、なおかつ連対してきました。

加えてダービー馬がいない時ないし馬券対象から外れた時は、2着馬が連対するというケースもありました。

で、今回はと考えると…後者の方かなと。

前年度ダービー馬は01年以降4頭出走してますが、連対できなかったのは04年のネオユニヴァースだけ。

ネオユニヴァースを考えると、彼の出走の時だけダービー2着馬(ゼンノロブロイ)が同時に出走して、2着馬(及び同枠)の方が連対席を確保しています。加えて、04年のみが18頭フルゲートの出走。

そうすると、今回出番が有りそうなのは、前年ダービー2着馬にして、3歳にしてジャパンカップという古馬GIを(降着の恩恵があったにせよ)勝ち取ったローズキングダムではないかと。

ローズキングダム及び同枠のナムラクレセントを2着固定にして、何点か流すことにしました。

そして、流す馬たちは次の通り。

1番・ビートブラック
6番・ペルーサ
8番・マイネルキッツ
9番・トゥザグローリー
12番・コスモヘレノス(3着付け)
13番・ジャミール(3着付け)
18番・コスモメドウ(3着付け)

個人的には「阪神開催の日経賞」で斤量58キロをクリア(=連対して収得賞金を獲得)したペルーサトゥザグローリーにチャンスが有るような気がしています。

 

|

« JRA「皐月賞」のCMがカッコいい件。 | トップページ | とりあえず、書いておこう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/51520484

この記事へのトラックバック一覧です: 第143回 天皇賞(春)。:

« JRA「皐月賞」のCMがカッコいい件。 | トップページ | とりあえず、書いておこう。 »