« 1年に1度の誕生日。 | トップページ | Neil Young / Le Noise »

2010.10.04

ナカヤマフェスタ、惜しかった!

チーム二ノ宮は凄いね。凱旋門賞で過去(エルコンドルパサー)も含めて2着2回というのは、誇ってイイかと。

これでハッキリしたのは、滞在競馬を経験しなければ凱旋門賞では好走できないって事ですね。エルコンドルパサー、そして今回のナカヤマフェスタと、キチンと前哨戦を使っていますからね。

勝ったのは今年のイギリスダービーを制覇したワークフォース。ただ、3歳馬と4歳馬の斤量差が無ければ…と悔やまれるレースではあるんですけれど。凱旋門賞で3歳が有利なのは折り込み済の話ではあるのだけれど、最後の追い比べで競り負けちゃったのを見ると、やはり斤量差なのかなぁ…などと感じてしまうのですが。

たぶん、もう一歩我慢しても、この結果には結びつかなかったんじゃないかと。それを考えると最良の騎乗をしたんじゃないですかね、エビショー(蛯名正義騎手)は。

それにしても、アジアから来たステイゴールドの子供が、父方の近親にアーバンシーシーザスターズガリレオなどがいる良血馬を追い込むなんてぇのは、なかなかオツですな。

ステイゴールド自体が、最後の海外遠征でGI初勝利(香港ヴァーズ)したり、海外重賞2勝という競走馬だったんで、数多くのサンデーサイレンス産駒の中では海外への適応性がある血統なんでしょうかねぇ。

たぶん、ナカヤマフェスタはジャパンカップあたりには出走してくれると思いますが、その走りに期待したいところですな。

まぁ、とにかく「日本の競馬ファンが秋の夜長に興奮した」という話でございました、ハイ。

---------------------------------------

おまけの話です。

ワークフォースがダービー&凱旋門賞を制したわけですが、今年の欧州ナンバーワンはハービンジャーだろうなぁ。彼が故障→引退したのが惜しいなと思う、今日この頃。

キングジョージの圧勝劇が、目に焼き付いております…去年のシーザスターズよりも衝撃度は大でした。ちなみにワークフォースも出走してましたが、5着でした。

ハービンジャーは社台グループが購入して日本で種牡馬生活に入るようですが、イイ子供を出していただきたいモノですな。

|

« 1年に1度の誕生日。 | トップページ | Neil Young / Le Noise »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/49642766

この記事へのトラックバック一覧です: ナカヤマフェスタ、惜しかった!:

« 1年に1度の誕生日。 | トップページ | Neil Young / Le Noise »