« たまには耳掃除。 | トップページ | 全員野球って…。 »

2010.09.20

全く予想外…というか、タイトル通り。

ニール・ヤングの新譜がアメリカで9月28日(日本国内版は10月末か?)に発売されるんですが、そろそろPVなどが出始めています。

で、そのアルバムに入っている新曲「Angry World」なんですけれど…完全に予想を裏切った曲調でビックリ!

なんというか「Le Noise」というアルバムタイトルのままの音ですな、これは。

Noiseという単語があったので、管理人は「その逆を行ってアコースティック調なのかな」と思ってました。プロデューサーがダニエル・ラノワなんで、尚更にね。

そうしたら、このPVの様に歪んだ音(ディストーション)が支配している様子が判り、仰天したわけで(笑)。

ただ、もしかしたら「このまま、弾き語るタイプの曲ばかりなんじゃ無かろうか?」とも思うわけでして。

この直訳すると"怒りの世界"というタイトルの曲を先行PVに出したと云う事は、ニールなりの世間に対する批判というのが全開なのではなかろうかと。

で、ダニエル・ラノワの役割なんですが、そのニールの音の表情をより増幅させるという作業をになっているのでは無かろうかと。

ニールのオフィシャル・サイト(Youtube内)には、新作についてのラノワのインタビューが上がってますが、管理人は英語がチンプンカンプンなので全く意味が解らず(苦笑)。

結局、アルバム内の全タイトルを聞いてみないと管理人には全貌が判らんですが、たぶんファースト・インプレッション通りの感じなのではないでしょうか。

|

« たまには耳掃除。 | トップページ | 全員野球って…。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/49506633

この記事へのトラックバック一覧です: 全く予想外…というか、タイトル通り。:

« たまには耳掃除。 | トップページ | 全員野球って…。 »