« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »

2010.07.01

蚊に効くカトリスの実験♪

さすが、金鳥さんというべきか(笑)。

かにきくかとりすのじっけん♪

ききめがひろがるじっけん♪

こんなーことでしーえむになるのかの、じっけん♪

最初に見た時は、最後のオチでコケましたよ(笑)。

なんかね、雰囲気的にはETVの「小学校向けの理科の番組」みたいな感じがして新鮮でして、画面に見入ってしまったのですよ。

しかし、最後のオチで突き放されたというか(爆笑)。真面目に見ていた自分がイヤになっちゃったというか。

金鳥のCMって、蚊取り線香以外のあらゆる商品のモノには必ずオチを入れようとするんだけれど、それが嫌味になる時ってあるんですよね。

でも、ここまでアッサリとオチが付くと、もう脱帽ですな。

なかなか短くて、簡略なCMでよろしいかと。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

この違和感はなんだろう。

サッカー日本代表が、結局ベスト16で敗退しましたね。

実は管理人、その試合を見ておりません…徹夜で仕事してましたんで、途中経過をiPhoneで見るくらいだったんだけれど。

で、ビデオ録画をしてはあるんですが、改めて見る気力が全くありません。最終スコアとシュート本数やボールポゼッションなどいろんな資料を見る限り、当事者(日本とパラグアイの国民)以外にとっては退屈な試合だったんだろうと思いますが、いかがでしょう。

日本代表にとって、自国開催以外のワールドカップで予選リーグを突破した事は快挙だと素直に思います。

誰かが言った「下手なら下手なりにゲームをして」勝ち進んだというのは、日本サッカー界にとっては福音になり得る出来事だったと思います。

岡田監督の方針変更(本田のワントップ+中村俊輔をスタメンから外した事)は、冷静に分析した末だったでしょう。相手にボールを回すだけ回させてチャンスをうかがうという(守備的な)戦法も、現状の戦力分析を的確に行いこそすれば、この選択しかなかったと思います。

正直、次回以降に繋がるモノがあるかどうかは微妙ですが、前回のドイツ大会での(勘違いによる)惨敗に比べたら「結果を出した」といって差し支えないかと。

逆に、足りないモノが多いからこそベスト16で止まったんです。そこをテクニカルレポート等で、冷静に考えていって欲しいところです。

---------------------------------------

対デンマーク戦くらいから、凄く違和感を感じているんです。

実は管理人、デンマーク戦も前半だけしか見ていません…さすがに前半に2点先行すれば、負ける事はないだろうと思いましたから、安心して眠りについたと(笑)。

ハッキリ言いまして、退屈な試合だったから寝ちゃったんですよね。ブブゼラの音も、その退屈さを助長しているというか。あれだったら、まだ開幕戦の方が面白かったかと。

ただ、大会前に岡田監督をあれだけ批判していた世論がコロッと変わってしまい、マスメディアを中心に「頑張れニッポン」のオンパレードという状況には辟易したというか。特にニュース&ワイドショーあたりの出演者が訳知り顔であれこれ論評するのを見ていると、吐き気がするというか。

確かに閉塞感のある昨今、日本代表の「快進撃」は明るい材料だったでしょう。

ただ、あの快進撃は「岡田監督以下の代表チームが冷静に分析し、リアリズムに徹し妥協した」産物だったわけでしょう?

そこに至るまでの苦悩を考えずに、脳天気にはしゃぐ連中というのはいかがなモノかと。

あの脳天気なハシャギ方は、サッカーというジャンルに対して失礼極まりない。そして、あの「大絶賛」のオンパレードが始まってから、日本の負けを覚悟しました。

やはり、いろんな意味でバランスが取れないと前には進めないんでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年6月 | トップページ | 2010年8月 »