« Lightnin' Hopkins漬けの毎日。 | トップページ | 仮面ライダーと菊池俊輔。 »

2010.05.02

5月2日は天皇賞(春)。

久々の競馬予想です。

今年はなんやかんやで仕事がけっこう忙しくて、毎年必ず買うレースのウチの一つ=春の天皇賞が管理人の馬券スタートとなりました。

枠順はこちら。

第141回 天皇賞(春) 確定枠順

昨年のグランプリホース=ドリームジャーニーが回避したり、オウケンブルースリとかロジユニヴァースといったGIホースも参戦しないという、なかなかな混戦模様となっております。

春天を予想する場合のスタンスとして管理人が毎度思うことは、古馬レースの総決算であるという事です。ずっとオープン馬として一戦を走ってきた馬もいれば、条件戦から成り上がった馬もいて、それらが目指す最高峰レースが天皇賞という伝統の一戦なワケです。

では、先に人気馬についての考察を。

まず、エアグルーブの子供・フォゲッタブルですが、この馬は菊花賞で2着に来ていて、加えて長距離重賞(ステイヤーズステークス・ダイヤモンドステークス)を勝って参戦します。ただ、天皇賞1着馬の履歴を見ると、GI未勝利&GI連対経験アリという馬はいないんですよね。健闘しそうなんですが、この馬は2着までなのかなぁ…なんて考えているのですが。

昨年の覇者・マイネルキッツですけれど、春の天皇賞を2勝した馬=メジロマックイーンやライスシャワーやテイエムオペラオーと比べると足りない戦歴があります。それは所謂「3歳クラシック競走勝利歴」…マックイーンとライスは菊花賞勝利歴、テイエムは皐月賞に勝利しています。2年続けて連対したメイショウサムソン・メジロブライト・サクラローレルにしても、他のGI競走での連対経験があります←ここ、微妙な判断。

ただ、マイネルキッツの場合は、前走の日経賞を勝利した事によって、出走馬唯一の「斤量58キロでのオープン戦賞金加算歴」を持つ馬となりました。本来ならば、同じタイプのドリームジャーニーがいたはずなんですけれど、彼が直前に回避したというのがどうも匂う。

確信を持つには足りないのですが、マイネルキッツが今回の◎。

あとは条件戦経験を持つ馬たちをピックアップして、流してみる事にします。

4枠7番・ナムラクレセント
4枠8番・トーセンクラウン
5枠9番・メインストリーム
5枠10番・テイエムアンコール
7枠13番・ジャミール
7枠14番・メイショウベルーガ

これに、2枠3番・フォゲッタブルを加えて流してみる事にします。

【追記・16:05加筆】

マイネルキッツは走ったんですが、あとは箸にも棒にもかすらず。

ジャガーメイルは外国人騎手に乗り替わったので気にしていたんですけれど、取り消しがあったり凡走があったりという戦歴だったので切ったんですよね。

思い起こせば、フォゲッタブルの「GI連対経験&GI未勝利」やマイネルキッツの「クラシック競走未勝利」という戦歴があっただけに、ジャガーメイルの「重賞未勝利&海外出走経験アリ」という戦歴の方が1着を奪うには良かったのではないかという感じです。

マイネルキッツは、やはり「斤量58キロ以上でのオープン賞金加算歴」がモノを言ったんじゃないかと思います。春の天皇賞が「4歳以上・斤量58キロ(牝馬2キロ減)」で行われる限り、58キロでの賞金加算というのはアドバンテージの材料の一つであることが、今回の好走でハッキリしたんじゃないだろうかと。

3着のメイショウドンタクはよく解らん(笑)。たぶん、フォゲッタブルの同枠だったのが彼にとっては良かったんじゃないかなぁ。そう考えると、枠構成的にはバランスがとれた決着のように見受けられます。

来年に向けて、アレコレと判断材料をストックしておきたいと思います。

|

« Lightnin' Hopkins漬けの毎日。 | トップページ | 仮面ライダーと菊池俊輔。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Lightnin' Hopkins漬けの毎日。 | トップページ | 仮面ライダーと菊池俊輔。 »