« いろいろあったなぁ、5月は。 | トップページ | 拍子抜けしたダービー。 »

2010.05.30

5月30日は日本ダービー。

ダービーのお陰で、本日は休日を頂くことが出来ました(笑)。

今回で第77回(ゾロ目回数ですな)を向かえる、日本ダービーです。

第77回 東京優駿(日本ダービー) 枠順

18番のNHKマイルカップ勝者・ダノンシャンティが出走取消になった事が何を意味するのかを考えているところです。

今年のダービーを考えるに、まず「国際化によって、正規のGIの冠が付いた事」があります。そして、それに合わせて「トライアル競走での優先出走権付託数が減った事」もありますし、いろんな意味で新時代のダービーという指針が示されているわけでして。

優先出走権は「皐月賞1〜4着、青葉賞1&2着、プリンシパルS1着」に付与されます。皐月賞は現行通りだったんですが、青葉賞の3着とプリンシパルの2着の優先出走権付与が無くなったワケです。

賞金額でオープンクラスにいる馬が、優先出走権を持つ条件馬(500万下とか1000万下とか)の煽りを食って出走できないという事態を回避して、ダービーのレベルアップを目論んだワケなんでしょう。

しかし、その最たる象徴であるダノンシャンティが出走取消で「17頭立て」の非正規ダービーになりました。加えて、例年だったら優先出走権が無ければ出走できないはずの1000万下条件馬(15番・メイショウウズシオ)が名前を連ねていたりします。

そうなると、今回は「再現不可能なダービー」という視点を持って考えなければいけないんじゃないかと。

そういう事で、こんな印になりました。

◎7番・ヴィクトワールピサ
○9番・ペルーサ
▲3番・ルーラーシップ
△12番・ヒルノダムール

この馬たち、全て「ダービートライアル競走で収得賞金を加算した」馬たちです。今回は手堅いと言われようが、この馬たち以外の連対が考えられません。人気も1〜4番人気ですから。

---------------------------------------

まず、ヴィクトワールピサです。

ようつべを貼り付けましたが、フジテレビの青嶋の実況があまりにも酷いのでラジオNIKKEIの佐藤泉アナバージョンを一つ(笑)

皐月賞がご覧の通りの圧勝だったんですが、2冠達成は濃厚かと。5連勝を経てダービーにやって来た馬を考えれば、ルドルフやディープインパクトやミホノブルボン同様なのではないかと思えますし、この馬の戦歴に「京都2歳ステークス・5頭立て」という全ての馬券(3連複とか3連単ですね)が発売されないオープン競走があります。経歴が特殊であるだけに、何らかの使命を背負っているんじゃないかと思われます。

○ペルーサは青葉賞に至るまでの経歴が今までの青葉賞馬とは違います。

皐月賞トライアル・若葉ステークスを勝ち、皐月に出走できたのに敢えてスルーして青葉賞へ。この臨戦過程が今までの青葉賞勝ち馬と違うわけです。今までの青葉勝馬とは、皐月のトライアル勝ち馬という部分が明らかに違う。

皐月賞を経て王道路線を歩んできたのがヴィクトワールピサならば、裏街道から浮上してきたのがペルーサ。ヴィクトワールとバランスを取るんだったらこの馬でしょう。個人的には逆転の1着も期待しております。

▲ルーラーシップ△ヒルノダムールは先に書いた通りにダービートライアルで収得賞金を加算した馬たちです。管理人は3着付けで買おうと思っています。

今年のダービーは史上最高のレベルと言われてますが、その前評判に違わぬ激戦を見せて欲しいところですな。

|

« いろいろあったなぁ、5月は。 | トップページ | 拍子抜けしたダービー。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/48494849

この記事へのトラックバック一覧です: 5月30日は日本ダービー。:

« いろいろあったなぁ、5月は。 | トップページ | 拍子抜けしたダービー。 »