« ジャパンカップ、予想。 | トップページ | いろいろあった週末。 »

2009.11.29

ウォッカ、僅差の勝利。

ジャパンカップですが、少し穴党の管理人はオウケンブルースリは買ってませんでした(>_<)ヽ

終わってみれば、初代の「JpnⅠダービー馬」が完全国際化に向けて総括するかのようなレースを制したということかと。

オウケンブルースリと合わせて、馬券は外したけれどいいレースを見させていただいたと考えています。こういうヒリヒリしたレースが続けば競馬人気も再び上向くのではないかというところでしょうか。

それと"超大物"コンデュイットですけれど、やっぱり顔見せ興行では走れないんだねぇ…。

昨年の覇者・スクリーンヒーローは13着。何なんでしょうね、この着順は。

逃げたリーチザクラウンは9着。出負けしたらスムーズには逃げられないですよね。08年の「伝説の新馬戦」出走馬の中で、勝ったアンライバルドが皐月賞、3着のブエナビスタが牝馬二冠、4着のスリーロールスが菊花賞馬となりましたが、2着のこの馬にはなかなかGⅠタイトルが付きません…このままで終わるんかなぁ。

今回、ロジユニヴァースが不在でしたが、有馬で出てきたら彼から買ってみようかなと考えているところです。あっさり負けそうな気もしますがね(苦笑)。

--------------------------------------

前段で少し有馬記念の話をしましたが、今回の覇者・ウォッカが鼻出血で有馬記念出走がアウトだそうです。

日本中央競馬会(JRA)は29日、ジャパンカップ(JC)を優勝したウオッカが、レース中に鼻出血を起こしたため、規定により1カ月の出走停止にすると発表した。これによって12月27日の有馬記念には出走できなくなった。

ウオッカは来年で6歳。今後について谷水雄三オーナーは、角居勝彦調教師と相談するとした上で「ある決断をしなければいけない時期にきているのは確か。潔さも必要だと思う」と、JCを最後に引退する可能性も示唆した。

(NIKKEI NET 11月29日付より)

まぁ、今年はGⅠを3勝してますし、年度代表馬はウォッカで確定でしょう。ブエナビスタが有馬記念を獲ったら判りませんが、管理人はその目は無いと考えていますので(苦笑)。ウォッカの場合は、春先にドバイにも果敢に遠征してますし、そういう積極さも合わせて評価されると思いますけれど。

話を戻しますが、ウォッカはこれで引退でしょうね。管理人は、鼻出血が無くともウォッカは有馬に出ないだろうなぁ…なんて予測をしていたんで、あまりショックではないかな。何となくですけれど、中山のコースは彼女には合わないような気がしていまして。

ジャパンカップ制覇で綺麗な辞め方が可能になったわけで、アレだけの名牝の終わり方としては良かったんじゃないかと考えています。

さて、彼女が走った(新馬から)4年間ってのは、日本の競馬界にとって激動の時代でした。その時代の幕が下り、新たな時代(完全国際化)が幕を開けようとしているのですが、一抹の寂しさに加えて、新しいスターを待望する気持ちがあったりします。

そのスターが、本来ならば後輩ダービー馬であるロジユニヴァースにならなきゃいかんと思うのですが、彼はこのまま時代の徒花で終わっちゃうんでしょうか。

「有馬記念を当該年度のダービー馬が制する事で、今年は綺麗な終わり方をしてほしい」と考えているんですけれど…それは叶うんでしょうか。

ま、有馬まで動向を注意するようにします、ハイ。

|

« ジャパンカップ、予想。 | トップページ | いろいろあった週末。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/46892150

この記事へのトラックバック一覧です: ウォッカ、僅差の勝利。:

« ジャパンカップ、予想。 | トップページ | いろいろあった週末。 »