« 三遊亭圓楽、ご逝去。 | トップページ | 武くん、また歩いちゃったねぇ…。 »

2009.11.01

天皇賞(秋)、予想。

圓楽師匠の訃報の後に、「馬」の話で何なんですが(笑)。

先週は伏兵馬の台頭で終わりましたが、今週は本命馬が素直に勝てるのかどうか…という秋の天皇賞であります。

久々に日曜休日になったので、競馬ブックとにらめっこしている最中です(笑)。

第140回 天皇賞(秋) 確定枠順
※JRAホームページより

091101_0920

"同じ馬を見ている、違う夢を見ている"

これ、天皇賞(秋)のポスターのコピーなんですけれど、この言葉をあれこれ考えていた今週でしたね。

レースの焦点はただ一つ、ウォッカが秋天連覇するか否かというこれだけかと。

で、管理人の予想も彼女が本命です。2着は外さないだろうと考えています。

◎4枠7番 ウォッカ

去年の天皇賞(を含む、古馬GI)は騸馬を開放した国際化レースへと変貌した、その初年度でした。

02&03年のシンボリクリスエス、04&05年のゼンノロブロイといった2年続けて連対を果たした馬がいます。前者が3連複馬券発売&東京コース改装、後者が3連単馬券発売&国際化元年、レースの大きな節目の橋渡しになった馬だと云う事を踏まえると、ウォッカにも同様の役割があるのではないかと。

ウォッカにはレースへのエントリーが完全自由化された事(つまり、騸馬開放)と、中央競馬のGIレースの「完全GI化」という出来事の橋渡しをするのではないかなと。

自身も来年には存在しないダービー馬(←Jpnの冠が付いた、未国際化のダービー勝ち馬)であるウォッカが、天皇賞の幕引き的存在になるかと考えました。

---------------------------------------

相手ですが、次の通り。ここでも「同じ馬を見ている、違う夢を見ている」というコピーを踏まえて選んでみました。

○7枠14番 サクラメガワンダー
▲6枠12番 ドリームジャーニー
△2枠3番 カンパニー
△3枠6番 アサクサキングス

ウォッカとサクラメガワンダーとの組み合わせだと、昨年と同じ馬番での決着となります。加えて、サクラとドリームジャーニーは、ドリームレースである宝塚記念の連対馬だから上位に取りました。

カンパニーが来れば、毎日王冠の裏返し決着になります。春天がステップ競走の日経賞の着順の裏返しだったので、同じ事を繰り返す可能性はあります。

アサクサキングスはウォッカと唯一連対を果たした馬なので、冗談半分に抜擢(笑)。

オウケンブルースリとマツリダゴッホ(※他のステップ戦勝ち馬)とシンゲン(斤量58キロでの連対歴無し)といった人気どころは、今回は消す事にしました。

さて、どうなりますやら。

|

« 三遊亭圓楽、ご逝去。 | トップページ | 武くん、また歩いちゃったねぇ…。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/46639992

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞(秋)、予想。:

» 第140回 芥川賞 直木賞 [ちょいガキオヤジのニュース速報]
天皇賞ッ!!【競馬】 本日京都競馬場ニて行わレル『第140回 天皇賞・秋』。(^-^)b 巷の人気デは連覇ヲ狙う最強牝馬『ウォッカ』やら東京コース8戦6勝の東京の鬼『シンゲン』やらガ人気にナッテいるトの事。 ...(続きを読む) カンパニーが悲願のGI初制覇!ウオッカは3着/天皇賞・秋 1日、東京競馬場で行われた第140回 天皇賞 ・秋(3歳上、GI・芝2000m)は、横山典弘騎手騎乗の5番人気 カンパニー (牡8、栗東・音無秀孝厩舎)が、道中は中団のインコースを追走。直線半ばで一気に抜け出す... [続きを読む]

受信: 2009.11.01 20:04

« 三遊亭圓楽、ご逝去。 | トップページ | 武くん、また歩いちゃったねぇ…。 »