« Nirvana / Live at Reading (Part2) | トップページ | 管理人、大阪を歩く。(Part1) »

2009.11.07

木村和司、監督就任。

<横浜・木村和司新監督「わしが何とかしちゃる」>

「わしが今のマリノスを何とかしちゃる」。5日、横浜の嘉悦社長代行と会談した木村氏は、広島弁で並々ならぬ意欲を示したという。

最近では人気、実力とも低迷気味の横浜が、スター選手として君臨したOBに名門復活を託すことになった。前身の日産自動車時代、正確で鋭いFKを武器に して黄金期を築き、日本代表でも背番号10で活躍。抜群の知名度を誇り、クラブの「切り札」とも言える人物が、満を持して監督デビューする。

1年契約という提示に「当然だ」と話し、短期間で好結果を出す決意を示した。嘉悦社長代行は「熱い情熱を感じて目頭が熱くなった」と打ち明け、今回の人選に自信を深めたという。

ただ、Jリーグではコーチや監督経験がなく、指導者としての手腕は未知数だ。クラブ側は攻撃面や得点力向上を期待するが、名選手は果たして名監督となるのか。「ミスター・マリノス」と呼ばれた男の采配が注目される。

※スポニチAnnex 09年11月06日付より

---------------------------------------

S級ライセンスを持っている有資格者なワケですから、引退して10ウン年経ってJリーグに指導者として復帰というのは意外ではあるんですけれどね。

「ついに」というか、「やっと」というか。

管理人にとっては、Jリーグ以前の日産自動車サッカー部に所属していた時からの大好きなサッカー選手でありました。だから、現場に戻ってきてくれた事は嬉しいんだけれど、上手く行かなかった場合のリスクを考えると複雑だったりして…。

引退の翌年に少年サッカー教室で浜松を訪れた時に、和司さんと5〜10分くらいお話しした事があります。礼儀正しくて、なおかつ気さくで、一介のファンである管理人に丁寧に話してくださいました。握手もしましたが、凄く力強かったなぁ…。

フリーキックのデモンストレーションを見た時には、左右のバナナシュートだけでなくドロップ気味のボールなんかも披露したりして、その曲がる(落ちる)角度に驚嘆したというか(笑)。

とある静岡県内のサッカー誌で和司さんのサッカー教室のネタを書かせていただいた時に、そこの編集が掲載分を和司さんの事務所に送ったんですよ。そうしたら、事務所の方(※もしかしたら、社長である奥さん?)から「(管理人が)木村を好きな事が本当に伝わって来ました。ありがとうございます」というお返事をいただきまして、大変恐縮してしまったのを覚えています。

サッカー教室の時にいただいたサインは、管理人の宝物でございます(^.^)。

Kazushi

今度はプロの監督として、日本サッカー史に残る「あの時」のような興奮を甦らせて欲しいですな>和司さん。

---------------------------------------

☆これが管理人がゾクッとした「あの時」…伝説の日韓戦でのフリーキック(85年)。正座してテレビを見ていたのを覚えています(笑)。NHKの山本浩アナの実況・松本育夫さんの解説が懐かしい。

|

« Nirvana / Live at Reading (Part2) | トップページ | 管理人、大阪を歩く。(Part1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/46699148

この記事へのトラックバック一覧です: 木村和司、監督就任。:

« Nirvana / Live at Reading (Part2) | トップページ | 管理人、大阪を歩く。(Part1) »