« 木村和司、監督就任。 | トップページ | 管理人、大阪を歩く。(Part2) »

2009.11.07

管理人、大阪を歩く。(Part1)

ちなみに、左下の"胡散臭い男"が当ブログの管理人でございます(苦笑)。

Osaka1

予告通りにライ・クーダー&ニック・ロウの大阪公演を見に行ってきました。ついでに…じゃないですけれど、大阪市内の名所を中心にあれこれと歩いてきました。

文章よりも写真が多くなるかと思いますが、お付き合いをお願いいたします<(_ _)>。

---------------------------------------

まず、今回の旅行のメインである、ライブの感想を先に書いておきましょうか。会場は大阪市国際会議場(グランキューブ大阪)のメインホールでした。

Img_0620

実は、ここ2〜3日はニルヴァーナばかり聴いていたので、正直辛かった(笑)。

でも、聴いている内に身体が乗ってきたという。やっぱり、ライ・クーダーの事が好きなんでしょうねぇ>管理人。素直に「見に行って良かった」と思っていますよ。

一緒に行った雄三氏といちばん感心したのは「ホアキン(ライ・クーダーの息子)のドラミングが上手かった」事ですかねぇ。

ジム・ケルトナーにずっと教わっていたんでしょうか…特にバスドラの一発一発に説得力があるというか、安定感を感じさせるドラミングでしたね。「力強く、かつ正確なドラミングは、日本人には絶対に真似できないなぁ」と、雄三さんと言い合ってました。

"Jesus on the Mainline"がハードに聞こえたり(笑)…なんてのは、彼のドラミングに拠るところが大きいんじゃないかな。

ライとニックのご両人は、ベテラン音楽職人の味がタップリのライブを見せてくれました。二人とも60前後の年齢かと思いますが、楽器の弾き方も歌い方も全てがエネルギッシュ。しかし、走ることなくキチンとツボを押さえた感じでしたかね。

途中、アコギがハウったりして、ライ・クーダー先生が驚いてましたが(笑)、それはさておき安定感・力強さ・愛嬌など表情豊かなライブでした。

会場のグランキューブ大阪も、音響がかなり良いという印象を受けました。ライ&ニックのような「音をキチンと聴かせてくれる方々」や、あるいはジャズなんかを聴くには、適している会場ではないかなと。

ただねぇ、ひとり酔っぱらって奇声をやたら上げてるオッサンがいたり、静かな曲なのに立ち上がっちゃって管理人の視界を邪魔するアンチャンとかがいましてねぇ、その部分が非常にムカついたライブでしたねぇ。ちなみに管理人の席は、会場のど真ん中辺りでした。

熱中するのはいいんだけれどさぁ、もう少し他人の事も気遣えよ(怒)>バカ二人。

管理人、曲間や公演終了後とかに「ちょっと、静かにしてくんねぇかなぁ」「何とかしてくんねぇかなぁ」とワザと本人達に聞こえるように呟いたんですけれど、オッサンの方は途中で席を立ってくれたんですが、もう一人にはどう聞こえたんでしょうね。

ちなみにオッサンの方は、帰り道を千鳥足で歩いていました(笑)。無事に帰れたのかなぁ…。

ま、いろいろありましたけれど、それでも久々に音楽を楽しめました。けっこう満足しております、ハイ。

---------------------------------------

6日の昼から7日の2時くらいまで大阪市内に滞在したわけですが、空いている時間は雄三氏と大阪散策してました。

初日の6日は難波駅→通天閣→グランキューブがある中之島あたりを歩き、阿波座で一泊。二日目である本日7日は阿波座から中之島を東に歩いていき淀屋橋へ、そこから御堂筋を通って心斎橋→道頓堀というルートをひたすら歩いていました。

管理人、実は10年ぶりの大阪なんですけれど、それまでは良く来ていた場所でして、地下鉄移動もあまり迷わなかったりします。

ただ、その数回の大阪行脚でひとつ発見しまして。環状線の内側の地域、例えば梅田からの御堂筋沿いとかは、1日あれば案外歩けてしまうという。で、今回も思いましたけれど、そんなに距離が離れているわけでもないかなぁと。地元の方なんかも、けっこう歩いている方が多く見られたですけれどね。

東京在住の方で渋谷⇔新宿間を歩いて移動できる方だったら、徒歩で行脚するのは大丈夫じゃないかなぁ。

それが頭にあったので、今回は雄三さんを巻き込んだ形にはなりましたが(笑)、市内を歩いて散策する事になったワケです。

---------------------------------------

次のエントリーで、撮った写真に合わせて出来事を綴っていこうと思ってます。興味のある方は、ご覧下さい<(_ _)>。

(※Part2に続く)

|

« 木村和司、監督就任。 | トップページ | 管理人、大阪を歩く。(Part2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/46699960

この記事へのトラックバック一覧です: 管理人、大阪を歩く。(Part1):

« 木村和司、監督就任。 | トップページ | 管理人、大阪を歩く。(Part2) »