« 台風18号。 | トップページ | 稀代の名馬。 »

2009.10.09

Radiohead / OK Computer

スペシャル・エディションを手に入れてからしばらく時間が経っているんですけれど、是非とも書いておかなければと思ってました。

 A007d0b28fa00436bb0e8110l

Radiohead / OK Computer

改めて聞いたんですけれど、1曲目の『Airbag』は名曲ですね(断言)。

発売当時に山崎洋一郎が「(ビートルズのサージェント・ペパーズの)A Day in the Lifeに匹敵する不協和音」という言葉を用いて大絶賛していたのを覚えてます。管理人も、その不協和音に、彼らが感ずるところの違和感を感じたりしたし、その音にグッと心を掴まれてしまった感があります。

浮遊感が漂うような曲調が多かったりもしますが、このアルバムから感じるのは「緊張感」と「荒涼感」。

対訳なんかを見ると「一般的な"幸福感"は幻想」みたいなメッセージが感じられます。その意見が正しいかどうかはともかく、アルバムジャケットからも感じるだろう荒涼感、そしてそういう世界を生き抜くという意味での「緊張感」が、このアルバムのイメージとして正しい見方なんじゃないかと。

いま聞くと、後にエレクトロニカを始めとしてロック以外のいろんな音楽からの影響も感じられますが、とはいってもゴッタ煮感は皆無。とにかくアルバム全体の統一感が素晴らしい。

このアルバムと次の『KID A』は、Radioheadが世界的なバンドになっていくキッカケとなっただけでなく、20世紀と21世紀の端境期に現れた名盤として語り継がれていくんじゃないか…と考えています。

|

« 台風18号。 | トップページ | 稀代の名馬。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/46439904

この記事へのトラックバック一覧です: Radiohead / OK Computer:

« 台風18号。 | トップページ | 稀代の名馬。 »