« たぶん、見てしまうと思う(笑)。 | トップページ | 田中美絵子も可哀想に。 »

2009.09.13

またまたハーレーに試乗。

以前に静岡で"ハーレーTRYDING"という試乗会イベントに参加しました。

ハーレーに試乗してきた。(09年07月19日付)

それからほぼ2ヶ月ぶりですが、またTRYDINGに行ってきました。

久しぶりに日曜休みになりまして(それまで、2週間近く働きづめでした…)、本当だったら愛知県豊川市の某所に行きたかったんですけれど、タイミングが悪くてそれが叶わず(苦笑)。

で、件のハーレー関連イベントが愛知県豊田市のある自動車学校で行われるのを知っていたんで、ジックリと腰を据えるつもりでそちらに行って来た次第です。

---------------------------------------

豊田市と言えば、世界のトヨタ自動車のお膝元ですな。そのトヨタの本社の近所(というより、ほぼ隣?)の自動車学校が今回の会場でして、会場に着く前にトヨタ本社の建物群に驚いたというか(苦笑)。

このトヨタのビル&工場群が集まって「トヨタ町」って町を形成してるんですが、豊田市って名古屋近郊の田舎町(失礼)のハズなのに、このトヨタ町だけは日本の産業の第一線を走る、モダンな都市空間に見えました。

久々に来たけれど、いつ見てもこの光景には(驚きという意味を含めて)違和感を抱きますな(笑)。

折角だから、トヨタの本社ビルの写真でも貼り付けておきましょう。写真は他所から拝借してきたモノですが、掲載する事で管理人の違和感が解っていただけるのではないかと。

こちらは旧本社ビル。右側のロゴがレトロというか、近代日本の自動車産業の発展を象徴していたというか。今のチ○コマーク(失礼)よりも、歴史がある分だけ味わい深いですな。
Toyota0909132

こちらは現在の本社ビル。
Toyota0909131

---------------------------------------

さて、今回のTRYDINGですけれど、所謂2010年モデルの試乗会でした。車種の詳細はハーレー・ジャパンのサイトを見ていただければ、大体はお解りになるかと。

見た感じ、盛況な試乗会でした。集まった方々が、出来るだけ新車のフィーリングを体感しようと繰り返し試乗してましたし、その数も静岡の時よりもかなり多かったです。

まぁ、静岡の時は少し天候が怪しかったし、2日間開催だったから試乗希望者も分散したんだと思います。今回は単日開催だったし。

それでも、ハーレーの新型に触れようという熱気は感じましたね。

かくいう管理人もそうでして…(^_^;)。

今回は候補の一番手に考えているXL1200N(通称・ナイトスター)ばかり、三回ほど試乗してみました。他の車種は、今回はまったく眼中に無かったです。

090913

上の写真は試乗車ではなく展示車ですが、この配色(ブラックアイス デニム)って一度見てみたかったんですよね。

黒は、以前見たIron883と一緒ですから質感は判っています。だからこそ、もう一つの新色を是非見てみたかった。正直書くと、黒系はけっこう街中で見るんですよね(笑)。だから、少し差別化したいという気持ちが働いてまして…(苦笑)。

0909132

公式サイトの写真を見ると、明るい感じの青に見えますけれど、実際はもう少し暗い感じの落ち着いた青でした。管理人にとっては好感持てる色で、惹かれてしまったんですけれど…。

で、試乗です。先にも書いた通り、今回は3度乗りました。

大体はIron883に乗った時と変わりないんですけれど、1度目の試乗の時は若干の重さを感じたりしました。車体の重量も全長も幅も変わらないんですけれど、排気量が変わるとそう感じるんでしょうかねぇ。

ただ、2回目からはスムーズに乗れました。乗った感想は、シツコイですけれど「Ironとあんまり変わらんなぁ」でしたかね(笑)。

マンホールを踏んだりした時に下からの衝撃が強そうなのも同じでしたが、「峠なんて走らないし、極端な長距離ツーリングもしない」と考えている人間にとっては、丁度イイんじゃないかと考えています。

---------------------------------------

また、試乗会が近場であったら足を運んでみたいですな。

|

« たぶん、見てしまうと思う(笑)。 | トップページ | 田中美絵子も可哀想に。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/46203076

この記事へのトラックバック一覧です: またまたハーレーに試乗。:

« たぶん、見てしまうと思う(笑)。 | トップページ | 田中美絵子も可哀想に。 »