« 正直、ココまでとは。 | トップページ | またまたハーレーに試乗。 »

2009.09.03

たぶん、見てしまうと思う(笑)。

何って、『宇宙戦艦ヤマト・復活編』のことですよ。

イエデビさんがmixiで書いていたけれど、確かに「顔がペラペラ」「ヤマトが軽く見える」様な感じはあります。ヤマトとかメカの絵だけをとれば、パチ台(藤商事)のプロモの方がヤマトらしく見えたりします(苦笑)。

でもね、予告編だけでも過去の作品の世界観が引き継がれているなぁと、懐かしくなってしまうのは事実。"あの"西崎義展が帰ってきたんだなぁ…という感慨もあったりします。

それと、森美雪(古代と森雪との間の子供)の「お父さん、地球を助けて…」ってところでちょっとグッと来てしまった。何でまた、管理人はいい歳して新キャラに反応しなきゃならんのか(笑)。

いろいろと文句は言うけれども…たぶん、見ちゃうんだろうなぁ(笑)。管理人はガンダムよりはヤマトの方が親しんでいる人間なのでね。

12月12日公開の作品は、願わくば「やられた!」と唸るくらいの作品であって欲しいところ。

それと余談ですが…

たぶん、ヤマトに強烈に感銘を受けている人間は、民主党には票を入れなかったハズ(笑)。

|

« 正直、ココまでとは。 | トップページ | またまたハーレーに試乗。 »

コメント

沈んでる大和を引上げて欲しい。
そういえば、崩れてしまった駿府城の石垣
そこら辺に居た、オバサンに訊いてみた。
「これ、保守費用は出るんですかね?」
「国に何億円て要求しているみたい」
「ああ、そうですか!」
「私は、そんなお金を使わないで、もっと今風に安く直せばって…国がこんな時だから」
「ええ!先人の造った物は大事にしないんですか?むしろ、国がこんな時だから心を大事にしたいですよ」
さて?どっちがボクでオバサンでしょうか(笑)
左翼なのか馬鹿なのか(失礼)
こいつ、民主党入れてるな?って(爆)

投稿: 6-4-3 | 2009.09.03 14:08

6-4-3様>

>沈んでる大和を引上げて欲しい。

第1シリーズね、
企画された当時を考えると
よくできたアニメだと思うんですよね。
当時はまだまだ東西冷戦の最中でしたし、
専守防衛を考えさせるアニメではあったと。

確かにヤマトの劇中で
「愛し合うべきだった」とは言うモノの、
脅威に対して自ら立ち上がってる。
確かに理想論では非核・非戦がいいですが、
そうは物事は簡単に済まないですよ。
それも織り込まれた上での「戦記モノ」かと。

防衛部分に関して、
アニメではあるけれどヤマトが遺したモノは
非常に大きかったんじゃないかなぁ。

福島みずほと民主党左派に、
これでもかと云う位に見せつけたいと思う、
今日この頃(笑)。

投稿: kikka | 2009.09.03 14:34

違うよ~(笑)
本物!本物の大和ですよ!
わざわざ、「漢字」で書いたのに…

投稿: 6-4-3 | 2009.09.04 08:36

6-4-3様>

>違うよ~(笑)

ダブルミーニングだと思ってた(苦笑)。
巨大戦艦・大和と、
日本国家の意味での「やまと」とね。

投稿: kikka | 2009.09.04 21:38

古代の顔が、タツノコ系になっとる。。。orz

投稿: すぴぞう | 2009.09.14 09:30

すぴぞう君>

>タツノコ系

言われてみれば、そうかも。
古代だけじゃなくて、
映し出されたキャラクター全部かも。

そう思うと、
スムーズに予告編が見られました(^.^)。

松本零士が書けないだろうから、
そちらに振った…ってのは妄想か(笑)。

投稿: kikka | 2009.09.14 23:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/46108594

この記事へのトラックバック一覧です: たぶん、見てしまうと思う(笑)。:

« 正直、ココまでとは。 | トップページ | またまたハーレーに試乗。 »