« Dinasaur Jr. / Farm | トップページ | これはなかなか良くできた動画。 »

2009.08.02

フジヤマのトビウオ、逝去。

戦後の混乱期に水泳選手として活躍して「フジヤマのトビウオ」と呼ばれた国民的英雄で、日本オリンピック委員会 (JOC)会長などスポーツ界の要職を歴任した古橋廣之進・日本水泳連盟名誉会長が、世界水泳選手権を開催中のローマで死去したことが2日、分かった。 80歳だった。静岡県出身。

日本水連幹部によると、ホテルの自室でベッドの上で死亡していた。2日午前、連絡がないことを不審に思った関係者が訪ねて見つけた。

1948年に日本が参加できなかったロンドン五輪と同時期に行われた日本選手権の400メートル自由形と1500メートル自由形で世界記録をマークし、同 五輪での優勝タイムを大きく上回った。翌年の全米選手権(ロサンゼルス)でも世界記録を出し、米国メディアから「フジヤマのトビウオ」と称賛されて日本の ファンを熱狂させた。

五輪では52年ヘルシンキ大会に初出場し、日本選手団主将を務めた。しかし50年の南米遠征で体調を崩した影響で、400メートル自由形で8位にとどまった。現役時代に世界記録を更新した回数は33度といわれた。

引退後は日大教授などを務めるかたわら、85年に日本水連会長に就任し、低迷していた水泳界の競技力向上に努めた。88年ソウル五輪で鈴木大地、92年バルセロナ五輪で岩崎恭子が優勝するなど「水泳ニッポン」の立て直しに尽力した。

90年にJOC会長に就き、99年に退任するまでの5期10年間に抜群の知名度と調整力でスポーツ界に貢献した。

(サンケイスポーツ 8月2日付より)

---------------------------------------

上のニュースにも書いてありますが、日本の戦後復興期のヒーローでした>古橋廣之進。力道山とか赤バット(川上哲治)とか青バット(大下弘)とかと並び称される様な、スポーツ界の偉人と言いましょうか。

あるいは、日本水泳を再び立て直した中心的存在として語られる事もあるかもしれません。「世界新記録を度々マークして、全世界を席巻した」という経験は、指導者になって更に生かされた感があります。

実はですね、古橋廣之進はウチの親父の(浜松二中時代の)同級だったか後輩だったかという人でして。ちなみに、他の同級生に河島喜好・本田技研2代目社長がいたりします。ウチの親父は生涯、普通の市井の人だったんですが…この差はいったい(苦笑)。

親父からは、小さい頃から古橋廣之進と河島喜好の話を飽きるほど聞かされましたな。この二人は、世界に名前をとどろかした日本人(あるいは日本国籍の会社の社長)という意味に於いて、それこそ素晴らしい実績を残していますからねぇ。普通に日本人として誇りに思えるし、ましてや同級生ならば本人以上に胸を張っちゃうかも(^.^)。

何度も書いてますが、ウチの親父が去年2月に死去しています。それだけに、ほぼ同年齢の古橋の姿をテレビなどで見ると「この人は頑張ってるねぇ」と感心していたりしてました。

それが突然…ねぇ。

今回の世界水泳でもまずまずの成績を上げています>日本代表選手。それを目の前で見守りながら亡くなったというところに、彼の人生が凝縮されているような気がします。

合掌。

 

|

« Dinasaur Jr. / Farm | トップページ | これはなかなか良くできた動画。 »

コメント

こんばんは。千葉すずです。

そうでしたね。まさに浜松人!
まさに浜名湖で鍛えた泳ぎ。
「魚になるまで泳げ!」ってことですね。
しかし,「フジヤマのトビウオ」ってのは
誰がつけたキャッチなんでしょうね。
こう,強そうでセコイ敗戦国の哀しさと
向上心が表れた見事なフレーズというか。
昔は大新聞でも東スポ調のコピーが
素晴らしいね。
「暁の超特急」
「前畑ガンバレ」
「東洋の魔女」
しかし,80歳にして海外旅行って元気すぎ。
敗戦国の威信を背負って鬼畜米英と勝負してきた
故人にとっては,一個人のために
「楽しみたい」とか言う奴らは
許せなかったというか理解できなかったんでしょうな。
だから,2連覇のみを目指した北島とは
ウマが合ったと言いますか。
合掌。

投稿: イエデビ | 2009.08.03 20:00

イエデビ様>

>こんばんは。千葉すずです。

それは禁句だというか(苦笑)。

>まさに浜名湖で鍛えた泳ぎ。
>「魚になるまで泳げ!」ってことですね。

以前にウチの高校に講演会で来たんですが、
もうねぇ…浜名湖時代の根性話が一杯で(笑)。
それでも、まだまだ僕らの時代には
受け容れる事が出来たんでしょうけれど、
それより下の世代は合理的でないと
受け容れられない風潮になってました。
だから、千葉すずの一件なんかで
アホなメディアから「老害」なんぞと
言われてしまったわけで。

廣之進先生が引退後に大同毛織の社員になり、
英語も話せないのに海外駐在員になり、
いろいろと差別を受けたりと苦労したようです。
終戦直後も含め、
そういう背景が有ったからこそ
実力で認められなければいけないという思いが
強かったんじゃないかなぁと。

>「フジヤマのトビウオ」

センス、ありますよねぇ。
今のスポーツ中継で聞かれるコピーが
陳腐すぎるというか(苦笑)。
廣之進先生が希有の人だったからこそ
付けやすかったのはあるかなと。

>敗戦国の威信を背負って鬼畜米英と勝負してきた
>故人にとっては,一個人のために
>「楽しみたい」とか言う奴らは
>許せなかったというか理解できなかったんでしょうな。

「国を背負う」事の重さ自体が軽くなってるし、
巨大な才能もなかなか現れていないし、
いろんな面で細分化されている世間だからなぁ。

なんだかんだ言って、
日本のスポーツ界が廣之進先生に
おんぶにだっこしていたのは事実ですから。
「時代が違う」という一言で
片付けてもらいたくないモノですな。
アレだけの人だから、
話には必ず深みがあると考えております。

投稿: kikka | 2009.08.03 20:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/45816624

この記事へのトラックバック一覧です: フジヤマのトビウオ、逝去。:

« Dinasaur Jr. / Farm | トップページ | これはなかなか良くできた動画。 »