« たけし、そりゃ違うだろう。 | トップページ | 地震にドキドキ。 »

2009.08.10

気分を変えて、CM三昧。

世間も、そして私的にも暗いニュースが続いてたりするんですが、こういう時には動画検索して気分を晴れやかにしようかと。いつものように"ようつべ"からの拝借ですが。

---------------------------------------

これ、ずっと探してたんですよ。もう一度見てみたいCMだったですな。

管理人がこのSEIKOのCM動画を見たのって、確か1982〜83年にかけての「行く年来る年」の、ちょうど新しい年に入った直後くらい…という記憶が有るんですけれど。で、その1度しか見た事がなかったワケでして。まぁ、1分バージョンの企業広告だから、放映頻度はごく僅かしかなかったでしょうけれどね。

CM内で名前が出ている人は、所謂ポピュラー音楽界の偉人達です。それも、悲劇的な最期を遂げた人達ですな。

いま見てみると、「いろいろあっても、時を刻み続ける。それは未来に向かっても」という、時計の会社の企業広告としてはなかなか解りやすいCMなのではないかと。まぁ、洋楽ファンでなければパッとは解らん部分があるとは思いますが。

そういえば、最近はSEIKOのCMってあまり見ないですな。雑誌広告はよく見るんですけれどねぇ。ま、時計のCM自体を見なくなっているのではありますけれど…この辺は業界が縮小していたりしてるんでしょうかねぇ?

---------------------------------------

"オロナミン・セーキ(卵黄入り)"は無いだろ!

まだ「ウイスキー割り」とかは許せても、「卵黄入り」と「ミルク入り」はなぁ…。当時の大塚製薬さんの担当者は、本当に試したのかね(笑)。

上戸彩がCMで飲むと、真似するヤツとか出てきそう(苦笑)。

---------------------------------------

日本の夏の、正しい過ごし方です(笑)。

小学生の時、暑い外で遊んだ後のカルピスって旨かったなぁ。自分の家でも、あるいは友人の家でも、カルピスは定番商品だったなぁ。

今だと、カルピスウォーターになっちゃったけれど、自分で分量を決めて水で薄めて飲むカルピスの方が旨いなと云う感じが。ちなみに、管理人は薄めに作ってました。

---------------------------------------

上が以前にも紹介したトクホンのCMですが、これって『科捜研の女』を見ていると未だに目にするんだよね(笑)。こんな長い期間、ずっと放映されるとは思いも拠りませんでした。

下はついさっき見たサロンパスのCM。唐沢寿明の"○○貼り"(※もちろん、架空でしょうw)の紹介シリーズはずっと続いていますけれど、良くもまぁ考えるなあと(苦笑)。

どちらも貼り薬・湿布薬なんですけれど、それにしてもトクホンにしてもサロンパスにしてもナンセンスな展開が続くんだよなぁ。それでいて、要点は外してないところに感心してしまいます。

---------------------------------------

最後に、「ナンセンス」といえばエステーのCMを紹介しないわけには(笑)。

上の方はドキュメンタリータッチに真面目に進んでいくかと思いきや、「実際にこんなお祭りはどこにーもーありませんー♪」って歌われてしまうと見ている視聴者はコケるだろうなぁ(爆笑)。このタイミングが絶妙ですね。

15秒のショートバージョンは見てましたけれど、1分のロングバージョンがあったなんて(笑)。

下の『脱臭炭』ですが、啓太郎@仮面ライダー555がついにヒーロー役をしてますな(※解る人だけ笑って)。

絶対にマニア受けを狙ってるよなぁ>エステー。

「もう、参りました。勘弁してください」としか言いようがない(笑)。

|

« たけし、そりゃ違うだろう。 | トップページ | 地震にドキドキ。 »

コメント

思えば,各民放がネット局の持ち回りで
「ゆく年くる年」を制作していた頃(昭和の終わりまで?)
は,毎年SEIKOの新作CMの発表の
場でしたねえ。私も武田鉄矢の83年度版
持ってますよ。(笑)
印象的なのは80年の田宮次郎と山口百恵ね。
キャッチフレーズが「愛されてますかあなた」
だったような。(うろ覚え)
個人的には「たった1分で恋をして」
って「たった1分」がリフレインされる
CM。いつのだったかな。
SEIKOといえば,春の入学シーズンの
CMね。「HERO」とか「ウエイクアップ」
とか「虹とスニーカーの頃」とかね。
当時はカネボウと資生堂の新作ルージュのCM
とともに春の風物詩でしたね。
TBS系列の時報のCMとかもなつかしい。
「札幌オリンピックまであと何日」
とかやってたんですよ。
ええヤマトより前の話です。

投稿: イエデビ | 2009.08.11 21:14

イエデビ様>

>「ゆく年くる年」

ご指摘の通り、
昭和→平成へと元号が変わった辺りで
最終回を向かえております(※88→89年)。

>SEIKOの新作CMの発表の場

そうなんですよ>ゆく年くる年。
SEIKOって「時」というテーマで
いろんなイメージを膨らませていく、
それが巧みな企業でしたよね。
普通の腕時計だけじゃなく、
スポーツ計時なんかのスポンサードもしてるから、
題材には事欠かないですし。

>80年の田宮次郎と山口百恵
>「たった1分」がリフレインされるCM。

この辺は覚えがないんですよ。
先に書いた「田宮二郎と〜」ってのは、
田宮二郎が78年に自殺していますから、
別の年なんじゃないでしょうか?
いずれにしろ、知る術無しです…スイマセン。

>春の入学シーズンのCM

これは、当時のニューミュージックのブームと
完全にリンクしていましたねぇ。

>春の風物詩

功罪はありますけれど、
タイアップCMの走りですな。

>TBS系列の時報のCM

ボクが印象的なのも7時の時報のCM。
日テレ系のローカル局で見てましたけれど。

例えば「ニューヨーク、ヤンキースタジアムの
時計は午前○○時を指しています」なんて、
城達也だか矢島正明だかのナレーションが
入っていたヤツなんですけれど。

80年前後に流れていたヤツなので、
ようつべに出ないかなと思ってるんですが(笑)。

投稿: kikka | 2009.08.12 21:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/45891125

この記事へのトラックバック一覧です: 気分を変えて、CM三昧。:

« たけし、そりゃ違うだろう。 | トップページ | 地震にドキドキ。 »