« これはカッコいい映像。 | トップページ | 科捜研の女。 »

2009.07.01

ジャンボ鶴田は偉大だ。

敢えて「昭和プロレス」のカテゴリーに入れますけれど、最近になってジャンボ鶴田の偉大さが本当に身に染みて感じております。ジャンボ自体は昭和と平成の橋掛け時期に活躍した人なので、昭和の人と限定するのは心苦しいのですけれどね。

さっき、雄三さんとiChatしてたんだけれど、何故か盛り上がったのがジャンボの話(笑)。

「『J』(鶴田のテーマ曲)は盛り上がるよねぇ」から始まって、そこからあれやこれやと話しました。結論を先に書くと、二人とも「三沢が死去した事でようつべとかニコ動とかで彼の試合の動画を検索してるんだけれど、ずっと見てるといつしか鶴田の試合を探し始めている自分がいる」事に気付くと(爆笑)。

調子に乗って、4本も動画を貼ってしまった(^_^;

ちなみに1番目と3番目の動画のBGMが『J』(故・鈴木宏昌氏作曲)、2番目の動画のBGMが『ローリングドリーマー』(※なんと!歌詞付きw)。

これらの動画を改めて見ると、ジャンボの身体能力が如何に優れていたかと云う事をまざまざと思い知らされますな。日体大に入って、バスケからアマレスに転向して2年後にミュンヘン五輪に出場しちゃうんだから、何でも出来ちゃう順応性もあったわけで。

管理人って小さい頃からの新日ファンだったんだけれど、ここ数年は本当に馬場率いる全日本プロレス(←今の武藤がやってるヤツとは違うよ)の試合の方が楽しく見られるんですよね。

アメリカから流れてきた正統的なプロレス=全日本プロレス=馬場と、異種格闘技戦とかドロドロとした試合展開というかとにかくニッチで異端なプロレス=新日本プロレス=猪木…そんなのが判りやすい区別の仕方なんだけれど、その「当たり前の事を当たり前に突き詰めていく」という凄さが昔の全日本プロレスにはあったのかって、再認識したわけでして。

猪木のところみたいな余計な煽りが一切無いですから>全日本。本当に自分の身体に自信がある人が、能力を発揮している風であるわけですね。

管理人が若かりし頃は、猪木のプロレスってのは「時代の寵児」的な感覚があって面白かったんですけれどね。若さ故なのか、馬場という権威に立ち向かっていく猪木に何かの思いを託していたんでしょうけれど。

ただ、馬場が考えていただろう「身体の大きな日本人が、身体の大きな外人と繰り広げる(普通の)プロレス」ってのは言葉を必要としない分、いま見ると逆に説得力がありますね。

その馬場プロレスを正統的に継いで、具現化していった代表格がジャンボ鶴田ですな。

ドロップキックとかジャンピング・ニーパットの跳躍力しかり、馬場を持ち上げて一度止めた上で後ろに投げていくサイド・スープレックス(俵返し)しかり、腰ではなく上半身を持って投げてしまうフロント・スープレックスしかり、本当に鶴田という人の凄さばかりが目に付きますな。相手のワザを受けきって、なおかつアレだけの大技が繰り出せるってのは凄いなと。

猪木が「風車の理論」なんて言ってましたけれど、その論理を当てはめるんだったら一番強いのはジャンボだったんじゃないかなぁ…なんて、ツッコミを入れたくなるほどです。

鶴田が肝炎に冒されず、死にまで至らなかったら、たぶん日本のプロレスの歴史は変わっていただろうなぁ。今みたいに、こんなに落ち込まずに済んだような気がするし、変なカミングアウトも行われなかっただろうし、三沢もこんなに早く逝かなかったんじゃないか…それを考えると、90年代前半のジャンボの途中離脱ってのは本当に悔やまれます。

|

« これはカッコいい映像。 | トップページ | 科捜研の女。 »

コメント

「ミスター ジャイアンツ 勝利の旗」
でググるとこのHPがトップに来るというか。

まあ私なんかは星のついた二色パンツで,
足ピクピクしてのびてた鶴田の印象が
強いですね。馬場さんも結構鶴田には
厳しいブック書いてました。
ブロディ対スヌーカの決着戦になぜか
乱入させたりして。第2回IWGPの
長州乱入に先駆けてまっせ。

先日の「Gスピリッツ」の猪木アリ特集の
インタビューで武藤が語ってました。
「まあ俺も柔道で結構上行ったけど,
坂口さんにしろ長州さんにしろマサさんにしろ,
競技で頂点極めてる人は,道場論なんか
言わないよ。道場ったって数十人の世界
じゃない。何百人何千人からオリンピックに
選ばれること思えばねえ。競技のシビアさ
はかなさに比べたら道場論なんか小さい」
まさに鶴田もそういうこと言いたかったんでしょうなあ。
馬場さんもプロ野球選手だし。
陸上ちょっとやった移民のガキとはちゃいまっせ。
大阪で空手かじった不良とか,神奈川で
少年野球やってた中坊とか。

投稿: イエデビ | 2009.07.02 22:12

イエデビ様>

>「ミスター ジャイアンツ 勝利の旗」
>でググるとこのHPがトップに来るというか。

ハハハハ!
光栄なんだか、恥ずかしいというのか。
早期のDVD化を希望したいですな。

>二色パンツ

善戦マンと言われていた頃の鶴田ね。
いま思うと、例えば彼がNWAの世界戦で
引き分け→善戦のブックを忠実に行う事により、
より馬場の"強さ"が引き立ったのかなぁって。
身体能力がある鶴田よりも、
インサイドワークも巧みな馬場が上って、
そういう序列を作る事が出来たんじゃないかと。

それが馬場の衰えが顕著になってきた時に、
鶴田がAWAの世界チャンプになったと思えば、
流れ的には非常にスムーズ。
もう一つの「世界」を与える事で、
同格に近い形にしたかったと。
それは肉体に説得力がある鶴田じゃなきゃ
ダメだったはず。

>道場論なんか小さい

これが"移民の餓鬼"には拠り所だった
…というより、ニッチに行くしか無かったですよね。

まぁ、長州は別として(苦笑)、
坂口もマサも外人と試合して
それなりに見せられる人だったですよね。
少なくともブロディにバカにされる人では
無かったと。

日本人的な琴線に触れるのは、
やっぱり「道場論」だとは思いますけれど、
生まれ持った能力や、
ジャンルに入る前のバックボーンってのは
後々に大きくクローズアップされてきます。
五輪出場という金看板ってのは、
確かに武藤が言うように、
広い世間の中から選ばれたわけですから、
その分自信が付くってのは当然かも。

>陸上ちょっとやった移民のガキ

…猪木ですな。

>大阪で空手かじった不良

…前田日明ですな。

>神奈川で少年野球やってた中坊とか。

…高田延彦ですな。

プロレスを知らない人向けに、
注釈を付けてみました(笑)。

投稿: kikka | 2009.07.03 01:00

昨日の「外道番組」の中で
三沢が臓器移植活動に熱心だった…
これは存じていたのですが
きっかけが、ジャンボの訃報からだったとは…
やっぱり、良い奴だったんですね。
三沢…

合掌

投稿: 6-4-3 | 2009.07.05 08:07

6-4-3様>

ジャンボと三沢って、
かなりの信頼関係で結ばれていたみたいですね。
ただ、鶴田の奥さんの著書によると、
四天王プロレスを始めとした
大技オンパレードのプロレスに関しては
その危険さ故に否定的だったようです。

鶴田がいたら、
今の流れにもう少し抑止が効いたかもしれない。

そんな事をふと思いました。

投稿: kikka | 2009.07.05 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/45509906

この記事へのトラックバック一覧です: ジャンボ鶴田は偉大だ。:

« これはカッコいい映像。 | トップページ | 科捜研の女。 »