« Sonic Youth / The Eternal | トップページ | 王道幻想、ここにあり。 »

2009.06.14

三沢光晴、急逝。

しばらく、記事を見たまま止まってしまいました…。

13日午後8時半ごろ、広島市中区基町の広島県立総合体育館であったプロレスリング・ノア広島大会で、試合中にノア社長でプロレスラーの三沢光晴さん(46)が倒れ、救急搬送されたが、死亡した。県警広島中央署は主催団体や対戦相手などから事情を聴いている。

 大会関係者や観客によると、三沢さんはこの日タッグマッチに出場。相手のバックドロップを受けて頭を強く打ち、動けなくなった。レフェリーが三沢 さんに「動けるか」と聞いたが、三沢さんは「動けない」と答えた。試合はそのまま中断。観客の医師が自動体外式除細動器(AED)で蘇生を試みたという。 当時、約2300人の観客がいた。

(※毎日jp・09年6月13日付より)

所謂『四天王プロレス』って、激しい技を繰り出してのカウント2.9の攻防を散々繰り返していくスタイル…ある種のタフマンコンテスト的というか、チキンレース的というか、そんなんでしたから選手達の消耗はかなり激しいモノだったと思っています。

これが三沢の死去の直接の原因ではないにしろ、いくら受け身を確実にマスターしていても徐々に身体のほころびは出てたんじゃないかなぁ…。

---------------------------------------

三沢の評価は様々なところで語られるだろうから割愛しますが、個人的に好きな名勝負がありまして。

三沢って、日本人で最後に馬場をフォールした男なんですよね。

というか「日本人で馬場からフォールを奪った男って、天龍源一郎と三沢の二人だけ」だったような。

その試合(94年の3月頃の日本武道館の試合)が好きな試合です。今でもビデオを見る事があるくらいに好きな試合です。

天龍のフォールは、かなり強引かつ異質なものだったという話があります。だから「全日本プロレスの王道を継承する」という意味でのフォールというのは、三沢だけがその栄誉にあずかった形ですかね。

本来だったら、ジャンボ鶴田がいち早く継承されるべきだった。

ただ、三沢がタイガーマスクの仮面を投げ捨ててからスタートした四天王プロレスは、たぶん馬場にとっては、彼の想像もつかない地平に行ってしまったモノではなかったかと。

同時に直弟子一番手の鶴田が94年時には既に肝炎の為に半リタイア状態。結果として鶴田が橋渡しをし、三沢のスタイルへと結びついたのですから、これは全日本プロレスにとっては待望の"王位継承"ではなかったかと。

まさにこの試合で、新時代は三沢に託されたんです。

フィニッシュホールドがトップロープからのダイビングではあるけれど、馬場の大一番での必殺技"ネックブリーカードロップ"だったのがそれを端的に表現しているのではないでしょうか。このエンディングを見た時に、「嗚呼、馬場もついに納得して一線から引いたか」という感慨に耽りました。一緒に酒を呑みながらテレビを見ていた友人と、朝方までたくさん話したかなぁ。

それにしても、鶴田といい、今回の三沢といい、馬場の直弟子は何で早く逝っちゃうんだろう…。それが本当に残念。

合掌。

|

« Sonic Youth / The Eternal | トップページ | 王道幻想、ここにあり。 »

コメント

私にとってはやはり最初の鶴田戦ですね。
超世代で同年代の代表という感じでね。

歴史上の人物も急逝した人の方が人気が
ありますよね。竜馬,信長と。
老醜をさらさないからでしょうが。
正直今の猪木,長州,藤波,前田,佐山
を見ると,消えてくれた方がいいような。
木戸の娘がゴルフで有名になるとかが
理想ですよね。
しかし「革命」を唱えた新日本勢が
ぶざまな老醜をさらしているのに,
なにゆえ王道安泰の全日本がこうも早く。
馬場さんが呼んでしまうんでしょうね。
寂しいし心が繋がってるから。
たとえギャラが安くても。

なんてことを冗談で言う根性もありません。

投稿: イエデビ | 2009.06.14 07:28

斎藤彰俊のバックドロップだったそうですね。
彼を責めるつもりは毛頭無いが
「やっぱり…」って思っちゃった。
素直な気持ちで。
正直、ノアは観ていなかったし
全日も、四天王時代なんか知らない。
ただ、自分の高校生の頃、1歳上の三沢が
将来を夢見て、リングを見つめていた眼差し。
それを昨日から思い出します…

合掌

投稿: 6-4-3 | 2009.06.14 08:10

イエデビ様>

>やはり最初の鶴田戦

昨日、そして今日といろいろ見ましたが、
鶴田の強さは尋常じゃなかったですな。

ようつべとかニコ動に掲載されていたビデオを
これでもかと云うくらいに見たけれど、
あんな試合していたら身体壊れますよ。

でも、四天王時代よりも、
鶴田に対抗する三沢の図式の時の方が、
燃えましたね。

若林健治の熱すぎる実況もあって、
鶴田vs三沢戦を見てたら涙が…。

---------------------------------------

6-4-3様>

>斎藤彰俊のバックドロップ

訃報の後に対戦カードを確認したんですが、
斉藤彰俊に対して失礼ではあるけれど
彼の名前を確認した直後、
議員さん同様に「やっぱり」と感じました。

別に彼が悪いわけでも何でもなく、
三沢の体調自体も悪かった様だったけれど、
それを踏まえても素直に思いましたね。

---------------------------------------

死因は家族にだけ伝えられたようですが、
試合前に「肩がキツイ」と言っていて、
検査結果で脳や頸椎損傷が認められなかった、
それを踏まえて考えると、
もしかすると心筋梗塞に近いモノかなとも
考えています(※)。

比較にならんかもしれませんが、
ウチの親父の心筋梗塞→心不全を
ふと思い出しました。

ご家族、ノアの選手を始めとして、
三沢選手の突然の死去による喪失感は
計り知れないと思います。

リングで死ねて本望…などという
バカな追悼文を書いた日刊の記者がいたけど、
その喪失感を味わった事が無いヤツが、
なんていい加減な事を書いているんだと
激怒してしまいました。

体調不良なのか、
受け身を取り損なったのか解らないけれど、
亡くなった事は本人にとっても周囲にとっても
痛恨の出来事だったと思います。

ただ、関係各位が
いずれ前向きになれる事を希望します。

---------------------------------------

※管理人注:
検視の結果、死因は「頚髄離断」と診断された模様。
(15日現在の情報より)

投稿: kikka | 2009.06.14 22:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/45331670

この記事へのトラックバック一覧です: 三沢光晴、急逝。:

« Sonic Youth / The Eternal | トップページ | 王道幻想、ここにあり。 »