« ハーレーに跨ってきた。 | トップページ | 宝塚記念、予想。 »

2009.06.27

マイケル・ジャクソンの死。

特に彼に対して思い入れがないので、のんびりとニュース画面を見ていました。管理人にとっては「東スポの1面常連さんがお亡くなりになった」くらいの感想しかないんですけれど(笑)。

フジテレビの"緊急特番"ってのを夕飯喰いながら見てたんだけれど、「とりあえず、マイケルの名前を付ければ視聴率取れるだろう」というくらいのやっつけ仕事でしたな。司会の小倉は相変わらず自己顕示欲が強い進行をしていたし、デイブ・スペクターは「(今度のツアーは)お金が欲しかったから云々」というコメントばかり出してたし(嘲笑)。

おまけに静岡県内のCDショップなんかでは「マイケル追悼コーナー」を作ったりして、何とか商売に結びつけようと躍起になっているようだし(失笑)。

哀悼の意を表す…ってのはホントに難しいなと云う感じですな(苦笑)。少なくとも、上の人達に「哀悼の…」って云われても嘘くさい(爆笑)。

---------------------------------------

マイケルって「年々、顔色が白くなっていく」って印象しかないのですよ。

今回の死因で鎮痛剤云々って云われているけれど、あれだけ整形しちゃえば身体のいろんな部位に負担が掛かるだろうし、それも仕方がないのかなぁって。

黒人歌手として人種の壁をブレイクスルーしちゃった人なのに、なんでそこまで「白色の肌」にこだわったんだろうか。

過去のPVなんかを見ると、本人以外の重要な役どころは黒人系の俳優が占めていたりしますね。スリラーのヒロイン役の女の子は二人とも黒人だったし、他の曲を見ていても目立つ役柄ってのは黒人の方が多かったような気がします。

彼ってバツ2ですけれど、その元嫁ってのは二人とも白人女性。以前にゴシップネタになったブルック・シールズも同様。おまけに手を出した子供(失礼)ってのも、白系が多かったような気が。

彼自身が子供の頃から培った声と音楽で全世界を制覇したのに、何か満たされないモノがあったんでしょうか。自分の黒人という出自を否定するかのような肌色の変化、逆にやっている音楽は紛れもなくブラック・ミュージック。そういう相反するもの同士のジレンマなんかもあったのかなぁ。「白」に対する単なる憧れとかでは済まされないほどに偏執的・妄想的に見えます。

同じ様に子供時代から人気者だったスティービー・ワンダーは、まんまスティービーであり続けています。その事と比較すると、あれだけの才能を持ちながらも常に何かに取り憑かれているようで、寂しい晩年になってしまったなぁと感じます。

【追記・27日14時30分】

彼の肌の色の問題は、病気だったそうで…そういえばそんな話を聞いた事があったなぁ。

マイケル・ジャクソンの外観(wikipedia)

だとすると、黒から離れていく事へのジレンマとかあったんだろうかなぁ…「マイケルは黒人を捨てた」などと揶揄された事も多かったし。あるいは原風景として子供時代の朗らかさとかがあり、それと現在がかけ離れていく事に対して元に戻そうと躍起になっていたんだろうか。

そう考えたとしても、やっぱり寂しい晩年なのかも。メディアにやられちゃった事も多かったしねぇ。

それでも「歌は残る」だろうから、それなりに人生を全うしたと考えたいところだろう。

|

« ハーレーに跨ってきた。 | トップページ | 宝塚記念、予想。 »

コメント

ものすごい才能の持ち主だったことは間違いないけれども、同時にその才能と同じくらい巨大なコンプレックスや欠落感を抱えていた人なんでしょうね。

ファンではなかったけれども、名声によっても埋めることのできなかった、むしろ広がってしまったように見える彼の心の闇の大きさを思うと胸が痛みます。

Black or Whiteのビデオで「肌の色が黒だろうと白だろうと関係ない」と歌っている本人の顔が真っ白なことにドン引きしたものですが、そういう持病だったとは。kikkaさんの記事で初めて知りました。

投稿: skysong | 2009.06.27 20:26

skysong様>

姐さん、こちらではお久しぶりで。

>巨大なコンプレックスや欠落感

ボクもそう思っていたクチなんですよ。
さすがにスリラーの時には思わなかったけど、
その後のいろんな報道を見るにつけ、
事実かどうかは別にして
彼の迷走状態を思ったりしてね。

>心の闇の大きさ

特に晩年は、お金の問題もありましたしね。
予定されていたロンドン公演は、
間違いなく「仕掛けざるを得なかった」から
発表された時はかなり痛々しかったです。
ディラン程度にアバウトだったら
痛々しさも感じなかったでしょうけれど。

>そういう持病だったとは。

最初に文を書いた時にふと病気を思いだして、
顔の色が白くなった事について調べたんですよ。
たぶん、世間(特に日本人)は
このエントリーの前半部分と同様の勘違いを
している向きが多いと思います。
それが判るように、
ワザと訂正していないんですけれど。

ただ、肌の色が自分の元々と違って来た場合、
黒人だけにアイデンティティの喪失感が
強かったのではなかろうかと邪推しました。
それが却って、アレだけのヒット曲を
生み出す原動力となったのかもしれません。

投稿: kikka | 2009.06.28 00:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/45465872

この記事へのトラックバック一覧です: マイケル・ジャクソンの死。:

» 前更年期(プレ更年期)障害について [更年期障害と環境セラピー【更年期障害とその症状】]
昨夜のニュース・ステーションでマイケル・ジャクソンの死についてコメンテーターが述べていた話が気になりました。 [続きを読む]

受信: 2009.06.27 14:51

« ハーレーに跨ってきた。 | トップページ | 宝塚記念、予想。 »