« こんな夜に、オマエを聞けないなんて。 | トップページ | 天皇賞(春)、予想の反省。 »

2009.05.03

エレカシ宮本と立川談志。

清志郎をようつべで検索していたら、何故かエレカシに辿り着いてしまいまして(笑)。

前にも書いたけれど、管理人は東京在住時代にはエレファントカシマシの首都圏でのライブは必ず行く程のファンでして。ミヤジ(宮本浩次)もそうだったんだろうけれど、管理人自身がモラトリアム時代の真っ只中で、気分を共有していたんでしょうかね。

アルバム『浮世の夢』の中のこの曲を初めて聞いた時は、頭の中がぶっ飛びましたな。

で、ふと思ったんだけれど、彼が話す時の雰囲気ってどこかで見た光景かと思ったんだよなぁ。

行き着いたところが、立川談志師匠でした。あのトリッキーな動きは、往年の談志師匠を彷彿とさせるのではないかと。

東京の下町の人って、みんなああなのかね(笑)。

|

« こんな夜に、オマエを聞けないなんて。 | トップページ | 天皇賞(春)、予想の反省。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« こんな夜に、オマエを聞けないなんて。 | トップページ | 天皇賞(春)、予想の反省。 »