« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2008.12.31

いろいろあった1年でした。

本当に自分にとっては激動の年でありました。

親父の死去に始まって、救急車で運ばれたり手術を受けたり、更には派遣会社を退社→新しい就職先を見つけたなどなど、一年の中でこれだけ(自分にとっての)大きな出来事が多かった年は今までなかったですね。

実は本日の20時まで仕事していて、12月末恒例の回顧エントリーを打ち込むのもままならなかったです(※明日にでも書きます…特に音楽関連)。それでも、何とか無事に一年を乗り切れたのでホッとしているという感じでしょうか。

管理人は喪中ですので「良いお年を」という言葉が言えません。年が明けて「あけましておめでとう」とも言えません。

でも、管理人自身が来年は上向きになり、ここを覗いている方々も上々である事を希望します。

今年一年、ありがとうございました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.12.22

メチャクチャ忙しい。

今日は久々に休日なんですが、ホントに12月は忙しいですわ。

今まで言わなかったですけれど、管理人が就職した先って「お掃除屋さん」なんですよ。

そこで、管理人を会社に誘った友人兼課長の仕事を手伝いつつ、いろいろな清掃作業に従事しております。マンションやアパートや一般家庭や一般店舗や工場などいろいろな場所に行き、ガラス清掃とか床洗浄とかワックス掛けとかを始めとしたありとあらゆる清掃を行うという。

ひと月半くらいで大体の作業はこなせるようになりましたけれど、それにしても忙しいというか何というか。世間的に"12月はお掃除の月"といっても、これだけスケジュールがパンパンだと流石に身体に負担が掛かるというか(苦笑)。1日2カ所はザラで、3カ所なんて事もあったりしますからねぇ…。

ただね、そんな時にふと思うんですけれど。

管理人って、今年の前半って派遣社員だったワケじゃないですか。あのまま派遣社員を続けていたら、この年の瀬は大変な事になっていたのでは…なんて考えると、ゾッとしますな。仕事に従事している現在が、幸運に思えます。

ウチの業界って、世間的に見れば末端の業界だとは思うんですが、お掃除って生活のどの場面でも付きものですから、仕事に溢れる可能性は他業界よりも低い気がするんですよね。まぁ、来年あたりは今回の不景気の煽りを受けるとは思いますが、つぶさに見ていけばどこかに仕事はあるだろうと。

よくよく探せばそういう業界もあるんですから、突然切られたからって悲観的になる必要は無いと思います>派遣労働者の皆さん。それに切った会社に固執する必要はないんじゃないでしょうか?

無責任な言い方かもしれないけれど、固執すると深みにハマるだけだと思います。もっと冷静に周囲を見渡してみましょうよ。経団連や報道の煽りを真に受けて、己を見失わないようになるのが一番だと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.12.03

年末調整にムカついた。

例年は味わうことがない出来事でありますが、今年の管理人は特殊でして…(苦笑)。

今年のワタクシは、5月までいた派遣会社+ハローワークからの失業保険+現在の会社という3カ所から給与のようなモノを受けている形になります。おまけに国民年金は失業保険を受けていた最中は自分で支払っていましたし…。

その為、年末調整の用紙に記入事項があれこれあってよく解らなかったりします。

で、所轄の税務署に電話したんですが、ガイダンスに沿ってボタンを押していたら名古屋の相談センターかなんかに誘導されまして、そこの担当のモノの言い方にムカついたんですけれど(笑)。なんかね「こんなモノも解らないのか」って感じがプンプンするような話し方だったんだよなぁ。

担当に対して「あなたのモノの言い方が凄いキツいというか横柄なんで、凄く腹が立つんですけれど!解らないから電話してる人間に対して、それは失礼なんじゃないですか?」って、久々に爆発してしまいました(笑)。

本当に此奴の言葉を聞いていると、「この時勢なのにキチンと納税しようという人間に対して、あのモノの言い方はないだろう」って心ある人だったら絶対に思うはず。

人から集めた税金を無駄に使ってるクセに、庶民に対して適当に接するとはどういう事だと。まぁ、これは国税庁の話からは逸脱するかもしれないけれど(苦笑)。

もう少し「国民の公僕」だという事を自覚してもらいたいですな>名古屋の相談センター。

---------------------------------------

改めて所轄の税務署に電話したら、直接窓口での相談を受け付けてくれるとの事。電話口からでも非常に解りやすく教えてくれました。

さっきの名古屋のヤツとは雲泥の差でした(苦笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »