« メイショウサムソン、惨敗。 | トップページ | 私はいま、生きております(笑)。 »

2008.10.31

天皇賞(秋)予想。

お久しぶりでございます。

新しい仕事が忙しく、なかなかエントリーを更新する時間がありませんが、競馬の予想だけは書いておこうかと。

今度の日曜日(11月2日)には、天皇賞(秋)があります。

第138回 天皇賞(秋)確定枠順(※JRA発表分)

今年の秋天は二つの変更点があります。

一つは開催日(東京9日目→8日目)、もう一つはセン馬に解放されたという事です。

そして、今年の秋天もフルゲート戦ではありません(※17頭立てですな)。ディープインパクトやメイショウサムソン、テイエムオペラオーやスペシャルウィークを考えると、特別な馬が優勝可能な頭数ではないかと。

今回の本命はこれ。

◎:1枠2番 ディープスカイ

理由は「完全なJpn世代初のダービー馬(※注)」だと云う事と、「秋天に初出走する当該年度のダービー馬」という事、この二つがまず挙げられます。

※注:Jpn表記になったダービーを始めて勝ったのは昨年のウォッカですが、2歳から全ての競走がJpn重賞になった世代は、今年の3歳世代が最初。ウォッカは橋渡しの馬と解釈しています。

秋の天皇賞がクラシック世代を受け入れた87年以降、連対したのは次の馬達です。

88年・オグリキャップ(2着)
95年・ジェニュイン(2着)
96年・バブルガムフェロー(1着)
02年・シンボリクリスエス(1着)
04年・ダンスインザムード(2着)

88年のオグリキャップはクラシック登録が無く、その他の馬はGI(現在はJpnI)を連対した馬達です。

現行の馬齢表記になってからの02年と04年に限れば、古馬との対戦がない3歳馬という事も条件に加わるかもしれません。そして、その2回ともに秋天の施行条件に変更事項があった時です(※02年→中山開催・04年→50周年記念のサブタイトル付)。今年は、前述の通りに前年からの施行条件変更があります。

それを考えれば、ディープスカイは大本命に推せます。今年のダービーと同じ枠番(1枠)に配置された事、フルゲートに満たない17頭立てという事、この二つを踏まえると、ディープスカイの1着の可能性が大だと考えてます。

その他のヒモなんですが、こんな馬達を考えてます。比較的堅い買い方にはなりますが…。

馬番順に書いてみます。

2枠4番・アドマイヤモナーク
4枠7番・ダイワスカーレット
7枠14番・ウォッカ
8枠16番・カンパニー

6枠12番・タスカータソルテ
8枠17番・ドリームジャーニー

天皇賞ってのは58キロ(牝馬2キロ減)の定量戦です。で、上の前半に挙げた馬達ってのは、今年に入って「別定戦重賞で上の斤量以上での賞金加算歴がある」馬達です。

後半の2頭について。

12番は唯一の「同距離(2,000m)のJpnII」戦の勝ち馬という事、18番は同枠にカンパニーがいるという事で抜擢してみました。18番に関して更に突っ込むと、同様にセン馬に解放された春天の出目が「5-8」、加えてその8枠が1着と3着だったので、それを引き継ぐ可能性を考えて加えてみました。

僕の買い目は、ディープスカイを頭にして、他の6頭に3連単総流しにしようかと。全部で30点ほどの購入になりますな…1点あたり幾ら買うかはこれから考えます(笑)。

これだけ散らせば、何とか的中できんかな。

|

« メイショウサムソン、惨敗。 | トップページ | 私はいま、生きております(笑)。 »

コメント

おお!更新してる(笑)
新生活で大変でしょうが、頑張って下さいね~。

投稿: 4-6-3 | 2008.11.01 07:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/42966786

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇賞(秋)予想。:

« メイショウサムソン、惨敗。 | トップページ | 私はいま、生きております(笑)。 »