« 22日に退院。 | トップページ | この歌は素晴らしい! »

2008.09.22

恥ずかしながら帰って参りました。

タイトルは、横井庄一氏が帰還した時の言葉ですな…どれだけの人が知っているのやら。ただ、自宅に戻って一番最初に思い出したのが、この言葉でした。

本日の4時、無事に病院から帰還いたしました。

そんなに大げさな話では無いですし、過ぎてしまえばアッサリとした話です。が、やはり「手術」が絡み、おまけに一週間以上(※結局、12日間)の入院というのは生まれて初めてだったので、自分にとっては大きな出来事だったのかなぁと振り返っているところです。

入院してからの経過などは、また改めて書きます。

とりあえず、無事にMacの前に座れたという事だけご報告しておきます。

いろいろとご心配をおかけしました。また、今後ともよろしくお願いいたします。

|

« 22日に退院。 | トップページ | この歌は素晴らしい! »

コメント

拙ブログでもご挨拶させていただきましたが、お帰りなさいませ☆

痛みはまだ残っていらっしゃるのでしょうか。体調が戻られるまでは無理をなさいませんよう…。

私は耳鼻科に行くと鼻中隔湾曲症の手術をしつこく勧められるのですが、医師によっては「わざわざ手術をするほどのことではない」とも言われるし、どうも踏み切れません。鼻がスッキリ通るようになると、さぞ快適だろうな~とは思うのですけれど。

睡眠時の無呼吸がなくなって、グッスリ眠れるようになると良いですね!

投稿: skysong | 2008.09.22 20:54

姐さん>

>お帰りなさいませ☆

ありがとうございます。
女性に云われるのは気分がイイですな(笑)。

痛みは残っています。
でも、頭を抱えるほどの痛みはないかと。
痛み止めも座薬(!)も処方されているので、
イザという時も安心(^.^)。

>鼻中隔湾曲症

この辺りの所見の相違はどうなんでしょうか。
実際の生活に於いて不都合が生じるならば、
精密な検査をした方がイイと思いますけれど。
杞憂に終わるかもしれませんが、
一度キチンとする事で不安を解消するのが
ベターだと思います。
手術とかは二の次にしてもね。

僕の扁桃腺の話は、
SASが重なったとはいえ
耳鼻科と病院とが同意見になりました。
(※特に舌根扁桃の取り扱い)
その意味では「待った無し」という
症状だったのは間違いないでしょう。
それが解ったからこそ、
手術に踏み切れたという感じですね。

>さぞ快適だろうな~

快適ですよ(笑)。
少なくとものどに負担は掛からんでしょう。
それだけでも有り難い。

>睡眠時の無呼吸

来週、のどの腫れが退いたところで、
改めてSASの検査をする事になりました。
そこで良い結果が出ればいいんですがね。
今の感触だと、それは叶いそうです。

姐さんもお身体大切にね(^_-)-☆

投稿: kikka | 2008.09.22 21:25

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/42559250

この記事へのトラックバック一覧です: 恥ずかしながら帰って参りました。:

« 22日に退院。 | トップページ | この歌は素晴らしい! »