« 電子音楽が聞きたい。 | トップページ | 最近、重宝しているサイト。 »

2008.07.08

森達也がNHKに。

徳島のオジさんに教えてもらった番組ですが、すでに全て録画予約をしてあります。

NHK教育 私のこだわり人物伝

本日までで第2回までが終了したわけですけれど、なかなか濃いメンツというかなんというか。まぁ、森自身が『悪役レスラーは笑う』という著書を持ち、実は週刊ファイトで採用面接を受けた経験を持つディープなプロレスファン(←面接官はI編集長!)なので、こういう番組が企画されるのはワカランでもないです。

でも、何故にNHK、それも教育テレビなのだろうか。NHKでプロレスが語られるなんて、いい時代になったもんだなぁ…というか、今となってはなりふり構わんのか(笑)。

森達也が東郷やブラッシーといった悪役レスラーを語っているのですが、管理人が注目したのはアンドレ・ザ・ジャイアントがメンツに加わっているところ。

昔、週刊プロレスで連載されていたミスター高橋のエッセイでは、アンドレはけっこう陽気で豪快な怪物という感じで描かれていた覚えがあります。実際に、その解りやすい巨体と、巨人の割にはキビキビとして頭の良さそうなファイトスタイルがありましたから、アメリカではスーパースターでした。だから、仮に己の肉体にコンプレックスがあったとしても、それを上手く利用していたという感があります。

ただ、これも週プロでしたが、晩年のアンドレの記事というのがありまして(確か、パリの自宅にいる彼の話じゃなかったかな?)、それがもの悲しい雰囲気だった覚えがあります。もしかすると、アンドレは陰の部分をずっと引きずりながらの生活をしていたのかなと、邪推したりしてましたけれど。

アンドレの回は、来週放送です。森達也がどういう切り口でアンドレを語るか、それが楽しみです。

|

« 電子音楽が聞きたい。 | トップページ | 最近、重宝しているサイト。 »

コメント

ブラッシーの奥様のミヤコさん,品がある
素敵な方ですね。まあ力道山追悼番組
のたびに,
「9人殺した。リキ!おまえは地獄に行ってる
だろうから地獄で会おうぜ!!」
と叫んでたものですが。(この後ヤスリで歯磨き)
まあトーゴーとかブラッシーは一番世間に届きやすいですわな。
ヒールという言葉がプロレスから離れて普通名詞で使われる現在,
底が丸見えの底なし沼を語ってほしいもんです。

しかし登場するリングが大日本て…。
日本にメジャー団体はなくなったのか。

投稿: イエデビ | 2008.07.09 20:42

イエデビ様>

>力道山追悼番組のたびに

懐かしいフレーズですな(笑)。
あーたからいただいた日テレの力道山特番、
どちらもブラッシーがヤスリで歯磨きしてましたな。

>トーゴーとかブラッシーは一番世間に届きやすい

今回の森のセレクトは、
最後の大木金太郎を除けば解りやすい人ばかり。
アンドレを悪役レスラーというのは
ピンと来ないけれど、
体型もギミックも本当に解りやすい。
それがどういう意図があるのかが
もう少し解れば良いんですけれど。

>底が丸見えの底なし沼

これもI編集長の名言ですな。
プロレスを語る際の常套句ではありますが、
これが通用するのって昭和までな気がします。
少なくとも、今のハッスルとか、
あるいはWWEなんかは少し違う気がします。

ギミックとかフェイクがあっても、
一瞬の歪みにハッとするシーンは
21世紀のプロレスには見えないかなと。
洗練されているかもしれないけれど、
逆に不器用な方が面白い事ってありますよ。

>登場するリングが大日本て…。

単純に、放映権関連の問題じゃないですか。
新日本とノアは、団体としてはNHKには出せんでしょ。

ただ、荒んだ雰囲気だと大日本がいいのかも(失礼)。

投稿: kikka | 2008.07.09 23:30

今回の大木編はよかったね。
大木金太郎のために韓国まで
取材に行けるなんてNHK教育くらいだよ。

何よりも興味深かったのはキム・ドク。
結構雄弁なのでもっと話を聞きたかった。
やるよねNHK。絶対民放ならドクなんて呼ばないよ。

「底が丸見えの底なし沼」「人生はフェイク」
というのはいい加減繰り返すのは辞めてほしいが。

投稿: イエデビ | 2008.07.24 23:20

イエデビ様>

大木編、なんやかんやで一番内容がありました。

>大木金太郎のために韓国まで
>取材に行けるなんてNHK教育くらいだよ。

今となっては、確かに…。

>やるよねNHK。

それ以前にですね、
テレビ局が森達也に番組作らせない(笑)。
『A』『A'』の件があるからなぁ。
テレ東の『ドキュメンタリーは嘘をつく』が
昨年はありましたけれど、
どちらかというと今の森は
文筆業にシフトしちゃってるから…。

今回のプロレス特集を
もう少し長編で見たいなと思いましたし、
シリーズ化しないかなとも思いました。
希望としてはハンセン、ブロディ、
馬之助あたりを一つ。
あとはアメリカンプロレスラーですが
ゴージャス・ジョージなんかは
足跡を辿ってもらいたいかなと。
アリにも影響を与えた程のレスラーなので、
これは興味があるんですが。

>いい加減繰り返すのは辞めてほしいが。

映像作家だけに「虚実の皮膜」がテーマなんですよ。
で、今の世間の単純な二元論に陥りやすい、
そんな部分に対して石を投げたいわけで。
確かにくどいとは思うんだけれど、
僕は彼の本の読者ですから
上の二つの言葉に
固執するのは理解しているつもりです。

投稿: kikka | 2008.07.25 00:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/41780891

この記事へのトラックバック一覧です: 森達也がNHKに。:

« 電子音楽が聞きたい。 | トップページ | 最近、重宝しているサイト。 »