« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »

2008.06.29

宝塚記念のおさらい。

ロックドゥカンブ、故障発生!

まぁ、馬場に入ってからチャカついて、おまけに引っ掛かってたんでまともに走ってもダメだと思いましたけれど。岩田ジョッキーの強運もここで尽きたか(ため息)。

そして…

インティライミは押さえてなかった(>_<)ヽ

買えない馬券じゃなかっただけに、後悔。

080629_1607

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.28

宝塚記念予想←修正しました(笑)。

昨日の予想を少し修正したいなと。興味がある方は、昨日のエントリーも参照してみてください。

3枠4番にアルナスラインという馬がいます。昨日は☆を付けたのですが、少しこの馬の解釈を変えたいなと。

アルナスラインの同枠に3番・フォルテベリーニという条件馬が配置されています。

去年は前走が1600万下条件という馬が出走してました(※マキハタサイボーグ)。ちなみに、隣の馬番だったポップロックが馬券対象(3着)になりました。

で、今年の宝塚ですが、フォルテベリーニの両隣はメイショウサムソンとアルナスライン。

メイショウサムソンは「特別な馬」だから◎にしましたけれど、もう一頭のアルナスラインも重い印にしようかなと考えました。○辺りにまで上げたいなと。

アルナスラインの枠は「重賞未勝利馬」が同居した枠です。そして、今年のレース変更(10R設定)があるので、目黒記念からの連対というルートを確立するのではないかと。新装開店には新規のモノが似合うと云う事で、こういうのはアリかと考えました。

というわけで…

◎2枠2番・メイショウサムソン
○3枠4番・アルナスライン
▲3枠8番・ロックドゥカンブ
☆6枠9番・エイシンデピュティ
△7枠12番・カンパニー
△7枠11番・アサクサキングス

アサクサキングスは「7日目」菊花賞を制していますから、正規の菊花賞馬ではありません。だから本当は消したい。でも、前走の天皇賞で1着同枠だったので、押さえが必要なのかなと思ってます。

カンパニーの前走は斤量58キロで制したマイラーズカップ。宝塚記念が58キロ定量戦なので、58キロで別定戦を制したというのは大きなアドバンテージになりそう。そこで、同枠のアサクサキングスも含めて「7枠は消せない」という理由です。

それと、唐突に印をつけたエイシンデピュティですけれど、金鯱賞勝ちの馬が連対したケースで多いのが「連続収得賞金獲得」という部分です。大阪杯2着→金鯱賞1着でここをクリアしてますから、もしかすると2着までなら可能性アリかなとふと考えました。

アドマイヤオーラは印を消しました。昨日の仮説(←宝塚の10R施行条件がダービーと似ている…という話)は無かった事にしてください(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バレバレですが(笑)。

どこかでこの商品の情報を見かけたら、誰もが「ここの管理人は手を出すだろう」と思うでしょうね(苦笑)。

ええ、真っ先に予約しましたとも。

The Coca-Cola TVCF Chronicles

(※発売元・avexの商品ページより)

音源集だったら、何年か前にジェネオンがコカコーラのCMソング集を、EMIが資生堂のCMソング集CDを発売していたけれど、映像のCM集というのは初めてでしょうね。

CMに出演しているタレントの肖像権の問題を始めとした許諾関連の障壁というのがあって、こういうDVDは一般に発売されないモノだと思っていました。だから、管理人は"ようつべ"他でCM映像を検索→ダウンロードしていたんですがね(苦笑)。

正直、avexというレコード会社は好きではないですが、よくやった!と大賞賛してあげたい。

これでブームが到来して、資生堂宣伝史のDVD化&一般発売とか、懐かしのCMソング大全の映像化とか、キダタロー音楽のCM映像集とかが出てくれると嬉しいのだが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.27

宝塚記念予想。

こんな事をやっている場合か!と批判されそうですが、そう言わないで…と先に言っておきましょう(笑)。

そんなワケで、趣味である競馬予想をひとつ。今週は上半期最後のGIレース、宝塚記念ですな。

第49回 宝塚記念 確定枠順
(※JRAホームページより)

今年の宝塚記念ってのはこれまでの「3回阪神4日目・第11R」から「3回阪神4日目・第10R」へと変更になりました。午後5時出走の「薄暮レース」というのを夏期番組では実施するからなんですが、この変更にどういう意味があるのか。

悲しいかな管理人にはそれを明らかにする術がないので、「競馬番組表解読」絡みのブログやホームページなどを参考にしてみて下さい(笑)。

予想に関してはいろいろと仮説を立ててみようと思ってます。毎度ながらの「当たらない予想」ですが、お付き合いください。

続きを読む "宝塚記念予想。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

近況報告。

いろいろと書いてますが、近況報告をしておこうかと。

4月中に少しだけ触れましたが、5月いっぱいで某事業所を退職して、加えて派遣会社も辞めてしまいました。派遣経由で次の所が決まらなかったのですが(※紹介された事業所があったけれど管理人が拒否した)、イイ機会だなと思って改めて就活をしているところです。体調不良なんかもあって、ジックリと行く事にしました。まぁ、今度ばかりは20年先とかを考えなければいけないんで、慎重に動いているという感じでしょうか。

体調の方は、徐々に戻りつつあります。睡眠時無呼吸症候群のためにCPAP療法というのをやってるんですが、そのお陰で頭痛とかは殆どありません。また、4月あたりにまで見られた「激しい動悸」や「息苦しさ」も見られません。禁煙の所為で太り気味ですが(苦笑)、それはご愛敬。

平日は自転車で浜松市中を走り回ったり、映画のDVDを見たり…といった具合。就活の合間に趣味的な事をやっています。DVDは『ウルトラセブン』とか『バブルでGo!!』とか『さくらん』とか、エロ方面では代々木忠の『ザ・面接』とか(笑)、そういったモノを楽しんで見ておりますな。

まぁ、ボチボチと行きます。お気楽なのが一番ですわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.26

馬鹿じゃなかろうか。(2)

「死に神」に被害者団体抗議
(※時事ドットコム:6月25日付)

管理人の死刑に対する考え方は、基本的には「凶悪殺人を犯した者は、有無を言わさず極刑(死刑)に処す」という考え方。当然、そこには裁判で厳正な審理をするという前提は付けたいのだけれど、他人の人権をあっさりと奪った凶悪犯がのうのうと自分の人権を主張する機会を与えるという、それだけでもおかしな話じゃないのかと考えています。

肉親や知人の死が突然訪れたショックというのは、それが病気などの理由であっても、周囲が想像するよりもかなりキツイものです(←今年初頭に、経験してますから)。ましてや「殺意があった」人間に殺された、そのショックは想像を絶するモノではないかと。不幸にもそういうショックを背負ってしまった人達(=被害者)が、感情が高ぶるのは当然のこと。

そういう人としての当たり前の感情を逆撫でする…鳩山外相の後ろにあるモノを見る事が出来ずに軽率な記事を載せてしまう、それは市井の人々を余りにも高いところから見すぎてしまっているんじゃないか。何でもかんでもお上のやる事に反対すればいいってもんじゃないでしょうが。あまりに愚かな行動としか見えないんです>朝日。

お前は何様だ!と朝日には言ってやりたい。そして、抗議した団体の方々には「ごもっとも」とエールを送ってあげたい気分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.25

馬鹿じゃなかろうか。

呆れたというか、何というか。

「競馬で7割的中」と70億円集める
東山倶楽部の3人逮捕

(※Yahoo!ニュース6月25日付より)

これでお金を集めていたヤツらはもちろんだけれど、投資した人達がなんでいたのかという感じ。まだまだ会員制の予想クラブの方が良心的←といっても、管理人は全く興味がない…自分で予想した方が、的中しなくても満足できる。

賭け事って自分であれこれ考えるから面白いんであって、「投資対象として他人の予想を信じる」ってのが接し方としてそもそも間違ってるんじゃないかと。信じたとしても、そこには自分のアレンジが入って然るべきだし、全く他力本願で金儲け(それが、あぶく銭だろうが)しようというのが間違い。

自分で血を流すからこそ、的中した時にハイになれるのよ。それは賭け事だろうが仕事だろうが一緒だと思うんだけれど。

引っかかった人も反省すべし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.22

Rage Against The Machine / Evil Empire

唐突ですけれど、最近はエレカシとレイジの曲を聴きたいなと思う事が多いです。エレカシは先日エントリーを上げましたし、また取り上げようかなとも思ってますんで、本日は割愛。

で、後者のRage Against The Machineですけれど…あれだけ好きだと公言しておきながら、一度も取り上げたことがなかったバンドですな。

レイジに関しては、こんなバンドでございます。まぁ、説明するのも憚られるほどの有名なバンドでございますが。

Rage Against The Machine
※Wikipediaより

で、管理人が一番最初に触れたレイジのアルバムってのはこちら。

 51r8csjldrl_ss500_

 Evil Empire (Amazon.co.jp)

続きを読む "Rage Against The Machine / Evil Empire"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.14

WOWOWに入りたくなった。

酷いな、TBSのEURO'08の中継は。

地上波局はみんな似たような事をやってるし、どのスポーツ中継でも似たような傾向があるけれど…もう、芸能人を出すのは止めようよ。

特に、ベッキー見たらムカついてきた。

どうしてお前がそこにいるんじゃ!(怒)

テレビ局、完全に視聴者を舐め切ってるな。望んでない人を画面で見る事ほど辛い事はない。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008.06.12

BSマンガ夜話。

全く気付いてなかったんだけれど、去年の11月に復活していたんだねぇ。

NHK BSマンガ夜話 HP

管理人、この番組が大好きだけれど、見逃す事も多かったりして(笑)。テレビ番組表というのを熱心にチェックする事が無くなっているので、気がついたら放送されていたという感じ。そんな事があって、ネット上に落ちている過去の放映動画(※見逃していたモノを中心に)を収集していた時期があって、全133回(番組不定期レギュラー化前の特番も含む)中の50本くらいを保管していたりします。

メジャーな作品もマニアックな作品もどちらも取り上げられているんだけれど、元来が漫画好きな人間なので楽しんでます。この番組がキッカケで初めて読んでみたり読み直してみたりした作品は多いです。

で、復活した昨年11月の分は琴線に触れる漫画がなかったんだけれど、今回はあるんだよな。

6月18日に池上遼一の『男組』がありますよ!

池上遼一と言えば、最近では『クロ高』の元ネタというイメージが先行しちゃうんだけれど(笑)、管理人はけっこうこの人好き。『男組』『サンクチュアリ』『HEAT』とか暴力系というか男臭い感じの漫画が好き。

マンガ夜話でどう批評されるか、けっこう楽しみ。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2008.06.10

これは欲しいかも>iPhone 3G。

・ついに『iPhone 3G』をアップルが発表
 日本でも7月11日発売

・日本で発売される「iPhone 3G」の
 詳細なスペックと高解像度画像いろいろ

※どちらもGIGAZINE 08年6月10日付より

予想通りにWWDCでiPhoneの3G版の発表があったけれど、これは欲しくなりましたね。価格がAppleの発表した米ドルを基準にするんだったら、決して買えない額じゃないなと。

元々、Apple製のPDAというのは待望されていて、iPod Touchなんかもその路線を踏まえて作られたモノなんだろうけれど、これは非常に手頃なんではないかなと。

加えてMacユーザーであるビジネスマンにとっては、今までのPalmやその他のPDAを無理して接続するよりは効率がいい事は明らか。日本でのパソコン市場ではまだまだユーザー比率が少ないAppleだけれど、これを機にビジネス市場とかにも乗り込んでシェア拡大を目論む事は可能かと。これはいろんな所で言い続けられている事とはいえ、それが現実味を帯びてきた様な感がある。

あとは日本代理店であるSoftBankがどのような戦略で売っていくんだろう。激戦の日本のケータイ市場にどうやって食い込むかが見ものです。

管理人ですけれど、発売までには諸処の事情があって間に合わないだろうけれど、今年中に買ってもいいかなと思ってます。

その際には番号をもう一つ作ろうかな。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.06.07

目先の利益に走るなよ(怒)。

今日のサッカー(W杯予選)なんだけれど、中東での試合なのに現地時間の17時から試合というのはどういうことやねん?

地元の人間が「こんな時間から試合を始めた事がない」という気温が高い時間に開始するのは、勘が良い方ならお解りだと思うけれど日本のテレビ局の所為ですな。ゴールデンタイムに放映して、視聴率とスポンサーを得たいが為の行為なんでしょう。その証拠に、今日のスタジアムの広告を見ると日本のスポンサーばかりが並んでいますな。

ここでひと言挟みたいけれど、この件に関してはドイツのW杯の時に散々叩かれたじゃないの。ジーコが「こんな暑い時間に試合をさせられて云々」とかって批判していたけれど、その片棒を担いだのは実は日本のテレビ局だったという事は有名な話。それと全く同じ事を繰り返してしまっているわけですな。

結局さ、スポーツを舐めてるんだよ>代理店&テレビ局。

TBSのW杯予選の次の番組ってEURO'08の開幕戦ですよね。それが控えているから、その前に日本代表で煽ろうとでも思ったか? だとしたら、頭が悪すぎるよ。もう少しさ、スポーツしている人に対して畏敬の念を持てよと。

小学館(少年サンデー)の編集並みに、思考が硬直しているとしか考えようがないわ(怒)。

続きを読む "目先の利益に走るなよ(怒)。"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.06

これ、ヤバいんじゃないのか?

まず、この記事を読んでいただきたいが。

スポーツ報知 08年6月6日付記事より

憶測で言ってしまうけれど、放●能にやられちゃったんじゃないかと…。疑惑の場所四川省の近くなので、そう言われたとしても納得してしまいそうなんだけれど。

だとしたら、この18歳の選手はとんだ災難に巻き込まれてしまった感があるなぁ。

もう、北京五輪は中止しようよ(懇願)。

<追記 6月7日13:00>
何だかね、担当医が"トンデモ"だという情報が入ってきました(笑)。ただ、彼女が身体の痛みで五輪を断念したのは事実ですから、もう少しキチンとした情報を得て対処して欲しいですな。

本当にウイルス系の病気だったら、隔離する等の選択肢があって然るべきだけれど今回はそれがない。だから、被爆だとか憶測が飛び出しても仕方がないと思いますが…さて、真相は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

このユニフォームはいいね。

やっぱり、ホークスといえばこのユニフォームですよ。

080606_2105

ご丁寧に帽子のロゴまで「南海ホークスのNH」に合わせてる。交流戦限定ではあるけれど、シンプルかつ重厚感があるこのユニフォームの復活は大歓迎。王さんが着ても似合っているというのが意外だけれど(笑)

草場の陰で鶴岡親分も喜んでるよ(^_^)v。

…"ムース"は苦々しく思うかもしれんが(爆笑)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008.06.04

iPhoneはSoftBankから。

それにしても、味も素っ気もないプレスリリースだなぁ(苦笑)。

「iPhone」について

(※SoftBank Mobile社サイトより

iPhone、年内にソフトバンクより登場
(※exciteニュース08年6月4日付)

正直、iPhoneはユーザー獲得の為の切り札だとは思うけれど、Appleのノベルティ料が高いという話を聞くに付け、本当に旨味のある商売になるのかどうか。他の携帯メーカーと違いAppleが自社の立場を優位にしていくだろうから、ソフバン=孫正義と揉め事を起こさないだろうか…などという懸念があったり(笑)。

たぶん機種の価格設定も最初のウチは4〜5万円程度の高値ではなかろうかと。ソフバンの場合、機種代金を月額料金と合わせて分割で払っていくという方法があるので、買う分にはそんなに苦にはならないかもしれない。けれど、払っている途中に新機種とかが欲しくなるだろうから、そういう場合にどう対処していくかも気になるところ。

そういう管理人は、SoftBankユーザー。いま使ってる機種に全く不自由を感じていないので現行通りに行こうと思っているけれど、もう一台の選択肢として「iPhone」はアリと思っていたりして。

まぁ「Webを取るか、ワンセグを取るか」って感じかな。

【参考】iPhone(※Wikipediaより)

【参考】本国のTV Ad
※Appleらしい解りやすいCMです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008.06.03

どんどん堕ちてるな。

子役時代は可愛らしかったのにねぇ…。

テイタム・オニール、ドラッグ購入で逮捕!
(※シネマトゥデイ・6月3日付記事より)

前に『がんばれ!ベアーズ』のエントリーって書いた事があったけれど、あの頃のテイタムは本当に可愛らしかったなぁ。却ってね、少女(子役)時代の方が色気があったよね。

マッケンローと離婚してから表舞台になかなか顔を出さなくなっていたけれど(気付かなかっただけかもしれないが)、全然魅力的じゃ無くなっちゃったなぁと。

離婚して、親権は夫に獲られて、おまけに仕事もあるわけでなし、それじゃぁコカにも手を出す…のか?

端から見ると、シャーリー・テンプルにもなれず、はたまたジョディ・フォスターにもなれなかった名子役が、型通りの転落人生を歩んじゃった感があるなぁ。

非常に残念な話ですな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.01

ダービー反省会。

管理人の本命・マイネルチャールズは4着(>_<)ヽ

ダービー予想の反省なんですけれど、いくつかあります。

まずはここ数年、収得賞金獲得ナンバー1の馬が優勝し続けていたんですけれど、素直にそれを受け容れたらよかったかなと。ディープスカイの細かい戦歴にこだわっちゃって、重要な部分を軽視してしまいました。

ただ、今年みたいに2歳王者も皐月賞馬も出走しないダービーなんで、ディープスカイみたいな馬が来たのかなとも思っています。来年、朝日杯&皐月の勝ち馬が出走した時こそ、マイネルチャールズみたいな馬が1着に来るんじゃないかと考えています。

実は、2着のスマイルジャック、3着のブラックシェルは直前で買い足しました。しかし、軸馬が4着じゃぁねぇ…(ため息)。

あと、青葉賞1着のアドマイヤコマンドは同枠(スマイルジャック)が連対しました。ダービーではあんな感じでしたが、菊花賞ではこの馬自身が連対候補かも。無事に夏を越してくれる事を祈ります。

サクセスブロッケンは最下位。結果的に1枠は「優勝と最下位が同居した枠」となりました。という事は、ディープスカイの足りない部分を何か補っていたのかな>ブロッケン。雰囲気は芝が大丈夫そうだったんだけれど、この成績だった事で陣営がどう出ますかね。

---------------------------------------

でも、今日の競馬は悪い事ばかりではなかったです。

ダービーは購入予定の金額をかなり押さえたんです。口座の額が大分余っていたので、端数分(800円)だけ最終レースの重賞・目黒記念(JpnII)に突っ込んでみました。

1着に天皇賞経由の3番人気・ホクトスルタン、2着に1番人気で3歳馬と同枠のアルナスラインを固定して、3連単で200円ずつ4点購入しました。

Meguro

結果、完勝でした(笑)。

まぁ、3番人気→1番人気→2番人気という形での決着ではあったけれど、それでも少ない点数で3連単を取れたというのはでかいなと。40倍は、素直においしい馬券だと思います。

ダービーの負けは半分くらいは取り戻せたし、管理人が愛した馬・メジロマックイーンの牡馬産駒が初めて重賞を制した事もあって、けっこう嬉しかったです。

管理人的には、首の皮一枚残った感じ。ここから「新たな気分で次に進めたらいいな」と考えています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

これは少し嬉しいかも。

先日、某氏のお陰で「笑っていいとも!」を録画させていただきましたが、その流れでこんな話題が飛び込んできてまして。

木村佳乃、伊勢谷友介と破局していた

※Yahoo!ニュース08年6月1日付より

なんとなくね、相方が芸能人じゃ彼女の場合はダメなんじゃないかとも思ってたんですよ。どちらかと言えば、医者とか広告代理店の人とかテレビ&映画のスタッフとか、一般に近い人の方がシックリ来るんだけれど。そう思っていたから、何となくホッとしたかも(笑)。

ま、佳乃さまの本性はレ○ビ○ンだから(爆笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本ダービー予想。【最終結論】

悩みましたけれど、あるいはまだまだ悩んでますけれど、男は度胸!って感じで決めました(笑)。

第75回 日本ダービー 確定枠順

その前に、前回の予想エントリーを基にした講釈をいくつか。

一番人気、ディープスカイが毎日杯→NHKマイルカップを連勝したのは皆さんご承知ですね。

このパターンだと、01年のクロフネ、04年のキングカメハメハの2頭が出走してます。で、前者は1着の同枠馬、後者は彼自身がダービー馬になっているという事で、この枠が非常に気になるという話を書きました。

続きを読む "日本ダービー予想。【最終結論】"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

エレファントカシマシ。

ついさっきまで、NHKーBS2で放送されていた"20周年記念ライブ"ってのを見てました。

実は録画し忘れて、おまけに裏番組を見ていて最後の40分くらいしか見られなかった(泣)。誰か、ビデオ録画してる人いないかな。自分の回りでエレカシ好きっていないから、難しいとは思うけれど。

彼らの曲を聞いてたら、デビュー当時同様にジーンとしてしまう自分がいましたね。ラストの曲がファーストアルバム(初シングル曲)の『ファイティングマン』だったんだけれど、「俺はエレカシ好きなんだなぁ〜」と思いながら聞いてしまっていたというか(笑)。

ファースト収録の『星の砂』『花男』セカンド収録の『優しい川』『おはよう こんにちわ』『待つ男』サード収録の『うつら うつら』『浮雲男』『珍奇男』『見果てぬ夢』なんかは、自分が若かりし頃に散々聴いた曲。今でもふと口ずさむ事が多いくらいに思い入れのある曲。

正直、当時の事を思うとエレカシが20年も続いているのが信じられないけれど(失礼)、ミヤジ・石くん・成ちゃん・トミの四人がいい歳の取り方をしていた様に見えました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年5月 | トップページ | 2008年7月 »