« 馬鹿じゃなかろうか。 | トップページ | 近況報告。 »

2008.06.26

馬鹿じゃなかろうか。(2)

「死に神」に被害者団体抗議
(※時事ドットコム:6月25日付)

管理人の死刑に対する考え方は、基本的には「凶悪殺人を犯した者は、有無を言わさず極刑(死刑)に処す」という考え方。当然、そこには裁判で厳正な審理をするという前提は付けたいのだけれど、他人の人権をあっさりと奪った凶悪犯がのうのうと自分の人権を主張する機会を与えるという、それだけでもおかしな話じゃないのかと考えています。

肉親や知人の死が突然訪れたショックというのは、それが病気などの理由であっても、周囲が想像するよりもかなりキツイものです(←今年初頭に、経験してますから)。ましてや「殺意があった」人間に殺された、そのショックは想像を絶するモノではないかと。不幸にもそういうショックを背負ってしまった人達(=被害者)が、感情が高ぶるのは当然のこと。

そういう人としての当たり前の感情を逆撫でする…鳩山外相の後ろにあるモノを見る事が出来ずに軽率な記事を載せてしまう、それは市井の人々を余りにも高いところから見すぎてしまっているんじゃないか。何でもかんでもお上のやる事に反対すればいいってもんじゃないでしょうが。あまりに愚かな行動としか見えないんです>朝日。

お前は何様だ!と朝日には言ってやりたい。そして、抗議した団体の方々には「ごもっとも」とエールを送ってあげたい気分です。

|

« 馬鹿じゃなかろうか。 | トップページ | 近況報告。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/41649170

この記事へのトラックバック一覧です: 馬鹿じゃなかろうか。(2):

« 馬鹿じゃなかろうか。 | トップページ | 近況報告。 »