« 四十九日。 | トップページ | 病気の回顧。 »

2008.03.31

Sheryl Crow / If It Makes You Happy

ここ数日、体調を崩した事と四十九日があったことなどで、けっこう精神的にもダメージを食らってました(苦笑)。でも、そう云う時って、管理人の場合は音楽が救ってくれることが多いんですよね。

で、今回、管理人を救ってくれた曲は、シェリル・クロウの大ヒット曲『If It Makes You Happy』でした。

 419sezgbcml_aa240_

 Sheryl Crow / "Sheryl Crow"

管理人がシェリルを聞く…って言うと、けっこう意外に思う人が多いみたいです。アメリカの典型的なメインストリームにいるシンガーソングライターですし、容姿が色っぽくてカントリー風味もあるってのは、やはりアメリカの王道女性シンガーの系統だと思います。

ただ、当該アルバムに関してはあんがい骨太でして、彼女が聞いていただろうロック(例えばストーンズとかサザンロックとか)の嗜好に素直に彩られていまして、管理人の琴線には触れたかなと。

あとね、容姿の事だけを云うと、ああいう「アメリカの田舎から出てきたような、少しだけ色っぽい姉ちゃん」って好きなのよ(笑)。姐御っぽいというかね。実際は徳島のオヤジとか雄三さんと同じ年齢なんだけれど(笑)、ああいう女性だったら間違いなく付いていくね(断言)。

で、当該曲のPVとライブ映像なんかを貼っておきます。ちなみに上段が07年のライブから、下段がギャルっぽい(笑)彼女が登場するPVです。

歌詞とかを詳細に追ってるわけではないんだけれど、このタイトルが意味する「それであなたが幸せになるなら」というのが、現在の管理人の心境にピッタリな言葉の様な感じがして。

親父の件もそうだし、その他の事もそうなんだけれど、やはり近しい(近しかった)他人を意識して人間って生きているんだなと。ある種の達観した心境が、あの言葉なんではないかという感じもするんです。悟ったのか開き直りなのか居直りなのかは判らないけれど。

そんな事を、桜が満開の道沿いを散歩しながら聞いていた時に、ふと思ったんです。

もしかすると、女性のいじらしさを表現している曲なのかもしれないけれど、管理人にとっては「もっともっと大きく包み込んでいる何か」が感じられたんです。

それを感じさせてくれたという部分で「シェリル・クロウも懐の深い女性なのかも」と想像している所です。

|

« 四十九日。 | トップページ | 病気の回顧。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/40709371

この記事へのトラックバック一覧です: Sheryl Crow / If It Makes You Happy:

« 四十九日。 | トップページ | 病気の回顧。 »