« その日は突然…(Part2) | トップページ | 四十九日。 »

2008.03.26

ひとまず危機は立ち去った。

えーと、予告通りに精密検査を受けてきました。

月曜日に救急車で運ばれて(運んでもらって)、加えて火曜日にも動悸が激しくなって再び救急外来に行ったのではありますが、どちらの検査結果も「異常なし」でした。

症状を改めて書きますと

・月曜日の仕事中に突然呼吸困難に陥った。
・救急に運ばれた後、そして火曜日に
 みぞおちの辺りから重くなり、苦しくなった。
・上記の症状が見られた時、動悸が激しくなった。
・火曜日は呼吸困難は特になかった。
・火曜日の段階では血圧が少し高めだった。
・同じく火曜日の段階では、若干の発熱が認められた。

そんな感じだったのですが、本日改めて精密検査をした結果、三度目の異常なしの診断が下されました(笑)。

発熱に関しては風邪の症状も自覚しているところです。それに偶然にストレス等によるものが加わって、極端ではないにしろ発作的症状に結びついたのかなと今では考えています。昨年からの事を考えればストレス云々は否定できませんが、とりあえず心臓などの循環器関連、胃などの消化器関連、そういう向きの大病の可能性はないという診断ですな。

今回は、頭部のCTスキャン以外は全て検査してます。
月曜日にレントゲン・心電図・エコー・血液検査、火曜日にも心電図・血液検査を既に行ってます。で、今日も心電図と血液検査(より精密なモノ)を行った形です。

血液検査の数値的には、白血球が少し多い事を除けば、その他の数値は本当に普通みたいです。よく話題になる肝臓関連(γ-GTP)なども正常数値です。コレステロールなども現在は全く正常。

白血球数についてもう少し話すと、基準値が3,000から9,000なのですが本日の結果は「9,730」でした。ただ、月曜日の段階では「14,000強」あったのが、昨日の段階で「10,700」に減っていて、本日は先程の数値になっている。だから、何らかの身体の異常(例えば風邪)があり、白血球の増加傾向があったという事なんでしょう。それと、我が家の家系自体、白血球が若干多いのでそういった関係もあるかもしれません。

心臓病のリスクファクターも「近親に病歴者がいる」「タバコ吸い」という二つに減った感じで、可能性が更に薄れたと考えていい様です。

自宅に帰ってきて安静にしている最中ですが、やっぱり風邪気味なのか熱っぽさはあります。それ以外は特に大丈夫なのではないだろうかと。動悸が激しくなる可能性はありますが、昨日までの危機感はありません。

大事を取って、今週一杯は休もうかなと思ってます。四十九日も控えてますし、夜勤→そのまま四十九日では体調がまた崩れてしまうし。だから、もう二日間はジックリ休もうかなと。

ごく一部の皆さん、ご心配をおかけしました<(_ _)>。

|

« その日は突然…(Part2) | トップページ | 四十九日。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/40640603

この記事へのトラックバック一覧です: ひとまず危機は立ち去った。:

« その日は突然…(Part2) | トップページ | 四十九日。 »