« ウチの親父について。(1) | トップページ | ふと思った事。 »

2008.03.03

08年3月最初のあれこれ。

ボチボチと動きが出てきた感じです。

まだまだショックは残っていますけれど、それでもふさぎ込んでばかりもいられないんで。何とか前向きになっている最中でございます。

そんな中での徒然を書いてみましょうか。

---------------------------------------

親父の四十九日法要が予定されている「3月29日」まで、土日曜日は忙しいかと思われます。で、今週も例に違わず忙しかったわけで…。

今週はですね…

家族と共に「墓石&仏壇ツアー」(笑)。

本当は、葬儀を頼んだ大手葬儀会社に頼もうなんて考えていたりしましたが、ふと「墓石と仏壇と位牌は、シッカリとした職人気質のお店で頼んだ方が良いんじゃないか?」と家族共々思い直しまして、浜松市内のいくつかのお店を回ったんです。

通常だったら、本家があれば墓石なんぞは要らないんですが、ウチの親父ってのは色々あって本家を出てきた人でして。ハッキリ書いてしまうと、理不尽な某親族に追い出されてしまったという(怒)。僕が知る限りでも、この某親族は相当に不義理な事をしています(苦笑)。温厚な親子が激怒するくらいですから、想像できるかと。

今回の一件なんかでも、人の家のやり方にあれこれイチャモンを付けようとしていたんで、管理人が一発カマして黙らせましたが(笑)。

他界する一ヶ月前に、偶然にお寺の話を母親としていたらしいのですが、その際に親父が「本家(の墓)には絶対に入らない!」って断言していました…まぁ、当然ですな(笑)。

だから、その某親族が本家の墓云々を言ってきた時に、丁重にお断りさせていただきました。口実としては「家の近所で歩いていける場所を希望していた」という風にしました。

ただ、本当に近所のお寺でいい場所を見つけまして。

ウチの親父の宗派は臨済宗(方広寺派)なんですけれど、ウチの近所にも3〜4件くらい方広寺派のお寺があるんですよね。その内の一つで、お墓の永代使用料が良心的な価格のお寺に「新規の檀家」として入る事が決まりました。

となると、必要なのは墓石なワケで。

浜松市内の相場とかいろいろをお店で聞いたりしたんですけれど、想像していたよりは安くてよいモノが作れそうかなと。これが首都圏なんかだと、お寺を見つけるのも大変だし、経済的負担なんかもかなりキツイと思われます。

浜松の墓石事情に少し詳しくなっている、管理人でございます。よろしければ、ご質問下さい(笑)。

ちなみに、仏壇は「徳島産」になりそうです。

ここでも「徳島」に縁のある、管理人でございます(微笑)。

---------------------------------------

そういえばこの2週間、テレビはおろか音楽も聴いていないという状況でした。テレビの方はそんなモノを見ているヒマがなかった感じなんですが、音楽の方はといえば「最も聴く場所=愛車の中」で聴けなかったりしたんです。

実は、ウチのスカイラインも臨終間近でして(泣)。

通夜の日に車の移動をしたんですけれど、エンジン音が異音の混じった様な感じになってまして。だから、残念ですけれど3月中に廃車にする事に決定しました。一応、元の持ち主にも伝えておきました。

で、代わりの車というのが、ウチの親父が乗っていたカリーナ。息子ともどもMT車しか運転できなかったんで、当然のようにMT車(笑)。

ここ一週間はこの車で会社に行ってますが、乗り心地もなかなかですな。久々に乗った割には違和感をさほど感じなかったという。確かに非力さは感じますが、走りの軽快さはなかなかかと。

今、名義変更とかiPod接続用のカーステ&ETCの移設作業について、車屋と協議している最中です。それが終わるまでは、車中で音楽は聴けないかな。

ま、ジックリと行こうと思っています。

---------------------------------------

さて、本日買った書籍を一つ。

村上春樹 / アンダーグラウンド

512vv4m481l_aa240_

自分が悲しくなると、某教団関連の書籍に向かうクセがあるみたいですな(苦笑)。ただ、今回は宗教関連でいろいろと調べていたウチに、そういえば読んでいなかったという事に気がついて購入したワケなんですけれど。

自分を見つめ直す、いいキッカケになる事を希望します。

---------------------------------------

最後に一つ、これは見なきゃいけないと思った映画を。

『CONTROL』日本語公式サイト

イアン・カーティスの伝記映画なんだけれど、これを見て解る日本人がどれだけいるんだろうかという気がしてはいます。

公式サイトのコメントなんかに「純粋」だとか「天才」だとか、いろいろな美辞麗句が書いてあります。でも、僕は自殺してしまったイアン・カーティスを見つつ、どうやれば生き抜いていけるんだろうという部分を考えてみたいなと思っています。

自殺者を伝説として讃える事のバカバカしさ〜仮に、彼にそれしか選択肢がなかったとしても〜を、まず掴んでみたいと考えています。

|

« ウチの親父について。(1) | トップページ | ふと思った事。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/40350210

この記事へのトラックバック一覧です: 08年3月最初のあれこれ。:

« ウチの親父について。(1) | トップページ | ふと思った事。 »