« 今日から通常業務。 | トップページ | 08年3月最初のあれこれ。 »

2008.02.26

ウチの親父について。(1)

新たに「家族のあれこれ」というカテゴリーを作りました。

ただ、暫くは親父の話が多くなるかと思います。

先週の「突然の親父の死去」は管理人にとっては衝撃的な出来事でありました。ホントにこの一週間、家族とともに親父がどういう人だったかを話し込むという場面が多かったです。

他人にとってはどうでもいい話なんだろうし、こういう場所でのネタとして書き込むのもどうかと考えたりしました。が、管理人にとっての庭であるこの場所で、親父の事を書き込む事も供養になるんじゃないかとふと考えました。

備忘録的な話ではありますが、ここに来た方の目に触れて、その上で「こういう人がいたんだ…」と思ってくれたら本望です。

ボーッと考えていた時にふと思ったのが、管理人の傾向というのは親父と似ているなという事でした。どこの親子もそうだと思うんだけれど、大きく見ていくとジャンルは違えども、のめり込んでいく様が似ていたりしますな。

ウチの親父、昔はですね…松本伊代を見て「イイ子だね!」と感心してましたな(笑)。管理人は松本伊代は好きではなかったんですが、貧乳好きというのは共通しているかと(爆笑)。

かといって、ウチの母親は貧乳ではないです。が、テレビで芸能人を見ている時には貧乳及び微乳の女の子に反応していました。ええ、木村佳乃様にも反応してましたよ(苦笑)。ナンノには反応してなかったけれど(泣)。

---------------------------------------

女の子の趣味だけでなく、ヲタな傾向は完全に親父から受け継いでいますな。

管理人の場合は、CMとかプロレスとか音楽が好きだと言ってますが、その歴史的背景なども含めて見る傾向があります。

で、ウチの親父なんですが、実は歴史マニアでした。

歴史関連の雑誌が応接間にある本棚にズラッと並んでいます…すぴぞう君が遊びに来た時に驚いていたくらい。内容は、戦国時代を扱った書籍が多かったですね。

僕が小学生の時に、よく甲子園に連れて行ってもらったんです。だいたいは二泊三日の旅行なんだけれど、その内の1日が必ず「関西の城&寺社仏閣巡り」に充てられていました。

子供(=管理人)は野球が見たくって仕方がないのに、朝早くから連れ出されて姫路城とか湊川神社とかいろんな所に連れて行かれましたな。小学生に楠木正成の話なんてしても解らないのに、湊川神社で延々と講釈を聞かされたのを覚えています(笑)。

ただ、管理人が中学以降になってくると、歴史的な考察の話を親父とする機会が増えてきました。管理人の場合は第二次大戦→戦後史というのに興味があるんですけど、例えば戦時中の浜松の話とかは体現している親父が詳しいわけです。その体験談を聞いて感心していたのが子供時代の管理人。

それとか、石原完爾とか東条英機とか近衛文麿とかA級戦犯クラスの人物の話なんかも沢山しましたね。戦後50年とか60年の際は、テレビの特番とかを見て一家で話をしてました。親父は「石原完爾は大人物だ」と褒め称えていましたね…大東亜共栄圏の発想とかをベタ褒めしていましたよ。しかし、東条英機の事はボロクソに言ってましたが(苦笑)。

息子が歴史関係の話を振ると、嬉しそうに語る親父…そんな光景が、我が家ではよく展開されていました。

---------------------------------------

最近、管理人は某オークションで力道山のビデオを落札しました。親父と見たかったんだけれど…残念ながら、商品が届く前に親父はこの世を去ってしまいました。

日曜日の空き時間に一人でビデオを眺めていたんですが、たぶん親父は喜んだんじゃないかなってふと思いました。

それこそ、いつものように「リアルタイムでの力道山への触れ方」とか「当時の社会状況」なんかを講釈し始めたんじゃないかな。それが聞けなくなってしまったのは、非常に残念です。

今度は、自分の子供に講釈する機会を、管理人が作ろうかと思っていたりして。

枕元で親父が言いました…「早く、嫁もらえ!」って(苦笑)。

|

« 今日から通常業務。 | トップページ | 08年3月最初のあれこれ。 »

コメント

大東亜共栄圏の思想は素晴らしいが、それを
食い物にした奴らがひどいわな。
まぁ、今も「エコ」を食い物にしてる奴らが
いるってぇ~のが、許せんわ。

成敗!(笑)

投稿: すぴぞう | 2008.02.26 19:19

すぴぞう君>

先日はありがとうございました。

>食い物にした奴ら

これね、必ずついて回る出来事ですな。
大東亜共栄圏は利権の問題が、
エコの場合は経済的な問題が、
それぞれあって有象無象がやって来たと。

ブームとかになった時点で、
少し客観的&懐疑的に物事を見ないとね。

ちなみに、石原完爾の場合は
そういった冷静な視点を持っていたようです。
彼の思想全てが正しいとは言わないけれど、
現代にて振り返るのは重要かも。

投稿: kikka | 2008.02.27 03:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日から通常業務。 | トップページ | 08年3月最初のあれこれ。 »