« 自転車に乗って。 | トップページ | I'm Not There。 »

2008.02.10

倖田來未。

これは書いておきたかったというのが、倖田來未の陳謝のニュース。

「CXのニュースで録画放映された」ってのが、謝罪の手段としては稚拙なのではないかとも思えたんだけれど(苦笑)。

Kouda

ただ、倖田の発言に一斉に噛みついた流れってのが、なんだか「魔女狩り」をイメージするようで気持ちが悪かった。

あれは「大阪出身のワケの解らん姉ちゃんが、日常同様にキツい洒落を言っただけ」でしょ? 日常会話だったらアレよりどぎつい洒落が一杯飛び交ってるだろうに。それを産婦人科の医学博士とかいろんな人間を担ぎ出して批判するだとかは、愚の骨頂だと思うんだけれど。

倖田が即座に「言い過ぎた、ゴメン」って謝っちゃてたら済む話だと思うし、単に「バカな姉ちゃんが何か言ってるわ」って相手にしなきゃ済む話だと思うんだけれど。その過剰な反応を見るにつけ、なんて余裕のない社会だろうと思ってしまった。

何かね、社会自体が閉塞感を持っていて、そのはけ口を有名人にぶつけようって感が見え隠れした感じがするわ。失言は一切見逃さないよ…みたいなね。その過剰な反応が非常に痛く見えました。あーだこうだと言ってる側が所謂「プロ市民」と同様に見えてしまったんだけれど、これはうがった見方なんだろうかねぇ。

ちなみに画面で見た倖田來未のスッピン顔は、管理人的にはけっこう萌えた(笑)。

|

« 自転車に乗って。 | トップページ | I'm Not There。 »