« 予想は鋭く、馬券は取れず。 | トップページ | 落合がイイって言えばイイの。 »

2007.10.29

10月28日のあれこれ。

いつもの通りに、土曜日(27日)と日曜日(28日)にあった出来事の備忘録を書いておこうかなと。

この一週間は散々でしたけれど、何とか立ち直ろうとしているところです。

---------------------------------------

土曜日の某氏の送別会から始まって、天皇賞を外すまで、ろくでもない休日という思いばかりが支配していました(苦笑)。

送別会に関しては、周囲が酔っぱらっていて、更に管理人はシラフな状態を強いられたから仕方がないのかもしれませんが、メンバー達のあまりの気遣いの無さに辟易したという。

後始末を全て引き受けさせられて、こちらが怒って「もう、帰る!」って言ってるのにまだ引きずり込もうとする。主賓のT氏が唯一気遣ってくれた…なんで送別する人間が気を使わなきゃならんのか。

お前らに呆れてるって露骨に態度に示しているのに、何故解らん。一人になりたいって言ってるのに、何故そうさせてくれない。

もう、二度と"あの会社"関連の飲み会はやりません(断言)。常識と配慮のない人間達とは、二度と酒は飲みたくない。

---------------------------------------

天皇賞が終わって早め(17時半くらい)に夕飯を食べた後に、気分を変えなきゃと思い自転車に乗って走りまくりました。

浜松の裁判所あたりの公園のベンチで、物思いにふけりながらタバコをフカしたり寝転がったりしてました。

某公園のベンチというのは、それこそ管理人にとって不思議な場所でして。無機質なビルの谷間にある空間にたたずんでいると、荒涼感はあるけれど落ち着いてくるという場所であります。とある人と心がうち解けて長話をした場という、管理人にとって思い出の場所でもあります。その"とある人"には、強烈な裏切りに近い仕打ちを直後に受けたのではありますが(苦笑)。

ただ、それでも管理人はその場所に通っていくのでしょう。あのボーッとしている間の心地よさは、今の管理人を最も癒すモノになりつつありますし、様々な思いが次々と思い起こされる場所でもありますから。

ディランの曲がヘッドホンから寂しく流れて来つつも、どことなくホッとした感のある時間を過ごした次第です。

---------------------------------------

自転車でそのまま浜松市中をぐるっと回り、久々にレコ屋に行きました。取り置きしてあったディランのベスト盤と、最近になって急に発売されたニールの新譜を引き取りました。ライ・クーダーの紙ジャケは、またしても残したまま(苦笑)。

ディランのベストは、ファン投票で選ばれただけに当たり障りのない曲目が並んだんだけれど、管理人にとっての「この曲が絶対に欲しい!」という曲が少なめだったのが不満のタネ。例えば"愚かな風"とか"今宵は君と"とかが無かったのが非常に残念。

それでも、ブックレットとかが豪華なので、マニア向けにはよろしい企画なのかなぁ。ただ、もしかすると「これから一度も封を開けることがない」かもしれません(笑)。

プレーリー・ウインド以来となるニールの新譜は、なかなかの力作かと。

今回はクレイジー・ホースの面々ではなく、ベン・キース、ラルフ・モレーナ、リック・ロサス(←で、合ってる?)というメンツ…さもすれば、ベン・キースが絡んでいる事でプレーリー・ウインドっぽいアコースティックサウンドを想像したんだけれど、今回のニールはシットリ歌ったり、また逆に弾けまくったりとなかなか凄いなと。それこそクレイジー・ホースと組んだ新譜と言っても違和感がないくらい。

帰ってきてから今の時間まで、繰り返して5回くらい聞いちゃった…そのくらい素晴らしいアルバムでございます。日本盤が11月中旬に発売されるので、興味のある方はそちらをお求め下さい。

        

【携帯から追記】

ニールの新譜は「Living with War」以来の間違いですな。サイクルが短いのは確かですがね。

|

« 予想は鋭く、馬券は取れず。 | トップページ | 落合がイイって言えばイイの。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/16910025

この記事へのトラックバック一覧です: 10月28日のあれこれ。:

« 予想は鋭く、馬券は取れず。 | トップページ | 落合がイイって言えばイイの。 »