« 自転車が届きました。 | トップページ | 午前中の出来事。 »

2007.08.18

Lightnin' Hopkins / Lightnin' And The Blues

嗚呼、身体が火照って眠れない(苦笑)。

さて、先のエントリーでお伝えした通りにサイクリングの終着駅はレコ屋だったんです。

色々な話を1時間ほどしていたんですが、その中でライトニン・ホプキンスの話になって、改めて店長氏のお薦めなんかを聞いてみたりしたんです。

で、今回購入したのはこれ。ちなみにジャケ写なんですが、ネット上に落ちているものはタスキが付いたものとかピンボケのものが多かったので、敢えて自分で撮影しました(笑)。下部が光っておりますが、ご了承下さい。

Lightning

Lightnin' Hopkins / Lightnin' And The Blues

で、聴いた感想なんですが…

こう云うアルバムを探していたんだよなぁ。

まさに「管理人がイメージしていた格好いいブルースアルバム」と言い切ってしまいますよ。

これを聞いたらね、例えばクラプトンなんかのアルバムが「子供がコピーした様な稚拙なもの」にしか聞こえないですもん(笑)。

もうね、我が家に帰ってきてから3ターンぐらい続けて聞いてるもの。完全にハートをわし掴みされてしまいましたよ。

今作は1954年4月のある2日間に渡ってヒューストンで行われたセッションから生まれたアルバムで、ヘラルドというブルース・レーベルから発売されたので『ヘラルド録音』と呼ばれているモノだそうです(←スイマセン、素人なんで)。

エレキ・ギターを手にしたライトニンが、バックバンドを従えて自由奔放に音を出し気持ち良く歌っているのがよく解ります。2分半くらいの曲が全部で26曲ほど詰まっているんですけれど、怒濤のように繰り広げられるライトニン節に圧倒されてしまいますな。

比較的早めのリズムのブギな曲が多いんだけれど、その軽快なリズムとともにギターを弾きまくるライトニンを思うに付け、ブルースのワイルドさとか猥雑さとか胡散臭さとか格好良さが全て詰まっている様に聞こえてくるわけです。

これは是非とも聞いていただきたい…久々に興奮しましたw。

|

« 自転車が届きました。 | トップページ | 午前中の出来事。 »

コメント

ヘラルドはMGM系列で今のUNIVERSALをTOPとする映画会社が持っていた 昔のレーベルです!
BLUESレーベルじゃ ありません!
BLUESは殆どないです
念のため!!

投稿: いつものレコ屋 | 2007.08.23 17:14

いつものレコ屋様>

また、土曜日にでもお邪魔しますわ。

>念のため!!

…だそうです(笑)。
だから、管理人は素人だと(以下省略)。
たまにこういう注釈をいただけると幸いですな。

ヘラルドが映画会社系のレーベルだとすると、
あの「日本ヘラルド映画」の"ヘラルド"と
考えてよろしいんですかね?

それは土曜日にでも聞くことにしましょうw。

投稿: kikka | 2007.08.24 04:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/16151002

この記事へのトラックバック一覧です: Lightnin' Hopkins / Lightnin' And The Blues:

« 自転車が届きました。 | トップページ | 午前中の出来事。 »