« 土曜日のあれこれ。 | トップページ | Nine Inch Nailsの音が届いた。 »

2007.04.16

また歩きやがって、武!

…と言いたい気分です。

皐月賞を勝ったのが1番人気と同系の馬主であるヴィクトリーだったんですが、全くのノーマーク(苦笑)。田中勝春が騎乗で、あの名前という、非常にベタな感じがあって買えなかったですな(笑)。

結局、アドマイヤオーラは4着、フサイチホウオーは3着でしたね。直前抜擢のメイショウレガーロが5着に入ったのはちょっぴり嬉しかったですが、それでも弥生賞組の評価の高さに目を奪われて他馬に気を配るのが出来なかったのは失敗でしたな。

終わった後に、皐月賞の枠構成を改めて眺めると、興味深い事柄に気付きました。

勝ち馬がいた8枠というのは「皐月賞トライアルで優先出走権+収得賞金加算」をした馬の枠でした。

2着枠である5枠「皐月賞トライアルに出走したけれど、優先出走権を得られず、もちろん収得賞金も加算されず」という馬の枠でした。

3着枠の1枠は、「皐月賞トライアル以外のレースで収得賞金を加算して、ここに臨んだ」馬たちの枠でした。

他の枠に比べて集った馬たちの傾向が明確だった事、これは他枠と比較してみれば殊更に解りやすいのではないかと。

まぁ、今頃気付いても後の祭りではありますが、こうやって検討材料を増やしていく事が、記憶のゲームという側面を持つ競馬に接する方法の一つではあります。来年も同傾向のレースになるかは解りませんが、馬券検討の一つの材料としてこういった区分けの仕方を覚えておくのは良い事かなと。

次のGIレースである天皇賞も、非常に予想が難しいなぁ…。

一応、予告だけ書いておくと、18頭フルゲートの場合は皐月賞と同様に大荒れが予想されます。フルゲートでない場合は、比較的に固めに落ち着くのではないかな。ドリームパスポートが故障で春シーズンを棒に振りましたが、彼がいない分だけ余計に難解になった感があります。

以前に書いた事がありますが、まず「1年間の戦績と、クラスと、斤量経験」を元に出走枠を分析する所から始めたいと考えています。

今のところ、阪神大賞典組を優位に考えて、昨年の皐月&ダービーの2冠馬であるメイショウサムソンは切る予定でございます。

では、2週間後にまた。

|

« 土曜日のあれこれ。 | トップページ | Nine Inch Nailsの音が届いた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/14696686

この記事へのトラックバック一覧です: また歩きやがって、武!:

« 土曜日のあれこれ。 | トップページ | Nine Inch Nailsの音が届いた。 »