« 1曲足りなかったと思ってたんだ。 | トップページ | 1年後にやっと気がついた。 »

2007.04.28

4月29日は天皇賞-春。

ゴールデンウィークを迎えましたけれど、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

管理人も本日の午後からGW休暇に入りましたが、その最初のイベントが競馬になりましたな(苦笑)。

第135回 天皇賞(春)確定枠順
※JRAホームページより

ハッキリ言って、いつも以上に難解な天皇賞になりそうです…まぁ、昨年以外は的中してない人間が言うのもなんですが(笑)。

管理人が春天の馬券組み立てを考える時は、出走各馬の成績(前年の春天以降)を振り返りながら考察していくわけです。

が、昨年一年間でJRA自体がいろいろと変化をしている事があって、どこから手を付ければいいのか解らなくなっているのが現状ですな。

---------------------------------------

昨年の夏期番組表から、JRAの競走馬の賞金体系が改められました。

【参考】レースのクラス分け

※JRAホームページ・もっと競馬講座!上級編より

要約すると「各条件で1勝すると次のステップ(クラス)に自動的に進む」という事であります。

例えば、5歳馬以上の高年齢になるとオープン馬になるための基準となる収得賞金が3200万円は必要だったりしたんですが、そのためには準オープン(1600万円下)のレースを2勝しなければ昇級できなかった事もあったわけです。その基準というのが非常に解りやすくなったワケです。

これは、日本競馬というモノが国際化の枠組みに本気で参入したと云う事が一因になっているからです。欧米の競馬の競争体系と競走馬のランク付けは、未勝利→重賞という単純な枠組み+レーティング(ハンディキャップを中心としたランキング)の活用によって組まれているわけですが、日本のランク付けというのは「獲得賞金額」によって組まれています。それが昨年の改正によって、より1勝の価値が高まると同時に、欧米の競馬に近づいたワケです。

それを今回の春天の出走馬に当て嵌めると、3枠6番のアドマイヤタイトル(牡5歳)は収得賞金が2200万円なのですが、昨年までだったら準オープン馬であったのだけれど、今年の基準ではオープン馬に該当するわけです。

だから、今年の春天は「昨年までのレースとは異質なものである」という事を踏まえて考えなければいけません。

もう一つ、レースの格付けの部分で変更がありました。

それは、3歳の5大クラシック競争を始めとした「外国調教馬が参戦出来ない重賞」に、今までのような【G】の冠ではなく【Jpn】の冠が付く事になりました。

「Jpn」は外国馬が出走できないクラシック、そのトライアル、2歳戦などで使用される。4月以降は皐月賞などが「Jpn1」、セントライト記念などが「Jpn2」、新潟2歳Sなどが「Jpn3」と呼ばれることになる。
※日刊スポーツ3月23日発行より引用

という事は、昨年の3歳世代=今年の4歳世代が最後の「3歳G世代」になるワケで、2度と競馬番組表内に出現する事のない世代になるわけです。今年の3歳が橋渡し世代で、今年デビューの2歳馬からは完全に「新世代」となるワケです。

---------------------------------------

では、古馬最高峰のG1レースである『天皇賞(春)』を考えてみましょう。

上記のように日本競馬界はグローバル化の波に飲み込まれた(あるいは、自ら飲み込まれに行った)のでありますが、その激動の時代の天皇賞を考察する事は一筋縄ではいかないですな。

今回は印による格付けはしませんが、こんな馬たちを中心に買ってみようかと。

・3枠6番 メイショウサムソン
・7枠14番 ネバブション
・8枠16番 デルタブルース
・1枠1番 マツリダゴッホ
・8枠16番 エリモエクスパイア
・4枠8番 アイポッパー
・6枠12番 トウカイトリック
・7枠13番 ダークメッセージ


ただし、この8頭のBOX買いは全くするつもりがありません(笑)。特にメイショウ→デルタ→アイポッパーの三連単なんてモノは、単勝1〜3番人気の順当馬券なので、全く触れないつもり。

念のため、取り上げた理由を書いてみましょうか。

メイショウは「最後の【GI】格付けのダービー馬」だから。ネバブション&マツリダゴッホ&エリモエクスパイア&ダークメッセージは「昨年夏に変更された古馬賞金体系のみ経験した、初めて&唯一の世代」だから。デルタブルースは「言わずと知れた、国際GI馬(メルボルンカップ勝ち)」だから。アイポッパー&トウカイトリックは「何となく無視できなかった」から(笑)。

…なんですが、今回の管理人が買おうとしている馬券は「枠連のゾロ目+3着」という組み合わせ。

天皇賞の告知に「天皇賞では、2度叫ぶ」というコピーがありまして、オマケに「JJのモデルさんが淀のイベントに呼ばれるらしい」のですが、勝手に「繰り返し」がキーポイントなのではないかと考えたりして。

だから、単純に「同じ数字を2度叫ぶ馬券」を買おうかと(爆笑)。

とりあえず、1・3・4・7・8枠のそれぞれの2頭を1&2着のマルチにして、3着を総流しにする馬券を買おうかと思ってます。それと、トウカイトリックの場合は12⇔13→他の馬という馬券かな。

こういうゴチャゴチャとした要素が入った天皇賞(春)ってのは、案外こういう簡単な買い方が実を結ぶのではないかなと。

前半にいろいろと熱心に考えたのに、オチがこんなんでスイマセン(土下座)。

|

« 1曲足りなかったと思ってたんだ。 | トップページ | 1年後にやっと気がついた。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/14878018

この記事へのトラックバック一覧です: 4月29日は天皇賞-春。:

« 1曲足りなかったと思ってたんだ。 | トップページ | 1年後にやっと気がついた。 »