« 上手くいかないMighty Mouse。 | トップページ | ドラえもんの最終回。 »

2007.02.03

君枝ちゃん…。

10ン年前に談志師匠の番組でアシスタントを務めてから、ずっと好きでした。ご冥福を祈りたい所なんだけれど…

自殺なんてするなよー! 

 日本テレビアナウンサーの大杉君枝さん(43)が、東京都渋谷区内の自宅マンションから転落して死亡していたことが分かった。警視庁渋谷署は自殺の可能性が高いとみている。
 調べでは、2日午前6時半ごろ、大杉さんが自宅マンションの敷地内で倒れているのを、通行人が見つけた。ベランダから飛び降りたとみられ、大杉さんは病院に運ばれたが死亡した。遺書のようなものが見つかったという。
 日本テレビ総合広報部によると、大杉さんは87年に入社し、「ザ・情報ツウ」などを担当。昨年10月に出産後、病気になり治療中だったという。
 同部は「アナウンサーとして今後さらなる飛躍が期待される中での突然の悲報に驚いております。心よりご冥福をお祈り申し上げます」とコメントした。

(※MSN毎日インタラクティブ・2月2日付記事を引用)

どうしようもない悩みがあったとして、自分で命を絶っちまったら何にもならねぇだろうが…。

<追記:2月3日 3:00AM>

実は、まだショックがぬぐい切れていません。

彼女が『線維筋痛症(FMS)』に悩まされていたという記述を見かけた。これといった治療法が無い病気で、鬱症状を同時に抱える場合もあるとの事で、もしかしたらかなり滅入った精神状態に追い込まれ最期を迎えたのかもしれない。具体的に書いて申し訳ないけれど、あの「可愛かずみの時」と似ている状況だったのかも。

でも、君枝ちゃん(ゴメンなさい、馴れ馴れしく書いちゃって)の朗らかな笑顔を思い起こすに、上の様な状況にあったとしても「自ら命を絶った」事が信じられない。

昔、友人達と「好きな女子アナは?」なんて話をした時に、仲間達が中井美穂だとか有賀さつきだとか永井美奈子だとか言っていた時に「日テレの鈴木君枝さんがいい!」と言ったら、「君はかなりマニアック(笑)」なんて言われたことがあったかな。もちろん、そんなマニア受けするような方ではなく、十分に正統的女子アナだったと思うんだけれどなぁ。

10ン年前に、有楽町マリオンで「家元ショー終了記念」なんてサブタイトルがついた談志師匠の高座が行われた時、そこでもアシスタントを務めていた君枝ちゃんの実物を見た時に、周囲が温かくなるような朗らかなオーラを感じてしまい、一気にファンになったんだよなぁ。それからは、彼女が顔を見せていた番組は結構見ていたはずだ。

今でこそ、随分オバサンになっちゃってたけれど、それでもあの朗らかな雰囲気は全く変わらずに、テレビの前に座っているファン&視聴者を和ませてくれていたんだよな。

嗚呼、やっぱり彼女と自殺というイメージとは線で結びつかない。ホントに何と言ってよいのか、言葉に詰まってしまう。

できれば書きたくなかった…ひたすら、ご冥福をお祈りする次第です。

|

« 上手くいかないMighty Mouse。 | トップページ | ドラえもんの最終回。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/13766414

この記事へのトラックバック一覧です: 君枝ちゃん…。:

« 上手くいかないMighty Mouse。 | トップページ | ドラえもんの最終回。 »