« 思いこみが激しいって、イヤね。 | トップページ | 触れておきたい小ネタ。 »

2007.01.04

こいつもバカだ。

今に始まった事じゃないけれど、ライブドアの「パブリック・ジャーナリスト」ってのは、どういう基準で選んでるのか疑うようなのが多いな。

「NHK」か「DJ OZMA」か、非常識はどっちだ!

※ライブドア PJニュース1月2日付より

そんな事をね、声高々というなよと(呆)。それこそ、ここみたいに「自分でブログ作って垂れ流しすりゃいいような話」なんだけれど、仮にも「ジャーナリスト」という肩書きがついている人間が書くような事なのか(嘲笑)。

話が大きくなって「受信料不払い」まで及んじゃってるけれど、NHKという放送局の役割というものを理解して言ってるのかね、この人は。

例えば、災害とか有事の際に緊急放送を流すでしょ…そういう公器としての役割があるわけですよ、NHKには。決して、エンタテインメントの番組を作る事が主目的じゃないんだよなぁ。

災害放送って決して身近なものじゃないし、あってほしくないものではあるけれど、右も左もわからないような状況の時にNHKの様な報道ってのは必要になってくると思うんだけれど。実際に、現在のテレビ受信機には、非常の際に自動でテレビが付くようになっていたりするんだっけ? そんな事からも、いざというときには民放よりもよっぽど役立つと思うんだけれどねぇ。だからこそ「テレビを持っているのならば、受信料は支払う」というのは、僕個人は納得してるし、当たり前の事だと受け入れているんだけれどね。
※一応、きちんと地上波もBSも支払ってます(笑)。

まぁ、そうやって集めた予算の使い方が間違っている場合はあるだろうけれど、こんなエンタテインメントの番組に割かれる費用なんて、NHKの全予算の何分の一かでしょ? そんなところに目くじらたてたって仕方がないんであって、もう少し「木を見ず、森を見る」様な発言がないかなと思うんだけれど。

あるいは、たまたま紅白はこんなんだったけれど、他の番組に関しては良質なものが多いじゃないの>NHK。BSのスポーツ大陸とか、他のドキュメンタリーとか、この人だって絶対に喜んでみているんだよ。ちなみに管理人は、『映像の世紀』シリーズを全て見た後に「今後20年は、文句を言わずに受信料を払おう」と思いましたもの(笑)。

たかだか「視聴率がグッと下がっている」紅白歌合戦が自分の意に沿うようなものじゃなかったとしても、それで「受信料払いません」とかそんな暴論になぜ行き着くの。この人も前エントリーの女性と同じで、二元論でしか物事を語れない典型的な輩ですな。

「大晦日の家族団らん幸せなひとときを台無しにされた視聴者」
って、そんなのは個人の番組選択ミスでしょ(苦笑)。それに紅白見ながら一家団欒って、他にも一家団欒に導く方法はいくらでもあるでしょうが。その選択肢をあなたが間違えただけでしょーが。

ウチはね、大晦日は"格闘技"で一家団欒したよ(笑)。おまけに、元旦は「お笑いウルトラクイズ」で爆笑させていただきましたよ(爆)。

もうね、「いっちょかみ」したいんだったら、自分で発言する場所を作りなさいよ。

|

« 思いこみが激しいって、イヤね。 | トップページ | 触れておきたい小ネタ。 »

コメント

他書成ともマスコミや出版業界の内側にいたら、ジャーナリストという肩書きがいかに脆くあやふやで曖昧なモノか、なんとなくわかるんですけどね。どうにも、そういう肩書きにとっても執着する人っていますね。肩書きは肩書きで、しょせん最後は個人の力量なんですけどねぇ……。

投稿: 斑牛の伊達 | 2007.01.08 03:16

伊達くん>

>ジャーナリストという肩書きがいかに脆くあやふやで曖昧なモノか

それは解るんですよ。
ただ、所謂「物書き」商売をしてる人は、
それなりに取材もしてるし
ソースも作っていく努力をしてるわけですよ。

だけど、ライブドアのPJってのは、
そういう努力を省いた上で、
いっちょかみするヤツだけを
コンビニエンスに増産している風にしか見えないんです。

単純に文句を言うだけだったら、
ここみたいに砂山作るってのでも
イイじゃないですか(笑)。
でも、ああいう場所に出たがるんでしょうね。
幸か不幸か、訴求力は抜群な場所でしょうから。

でも、彼らに求めたいのは、
少なくとも注目される中で出てるんだから、
一般人も思いつく様な視点以外のモノ、
これを出して欲しいかなと。

PJの中では既存メディアを否定する発言が
けっこう多かったりします。
が、少なくとも取材量とか経験値とか
網の張り方とかを考えると、
普段のニュースを扱ったら
既存メディアには勝てるワケがありません。
個人の感情だけでは薄っぺらくなりますから。

先のエントリーのようなマナーとか、
紅白みたいな目立った出来事を追うよりも、
非常に身近な街の話題とかを追ったモノの方が、
秀逸な記事が多いです>PJ。
そういう身近な材料を増やしていって、
大きなモノにしていくという方法論を、
考えていって欲しいモノですがねぇ。

決して、目立つニュースに言及するだけが
ジャーナリズムじゃないと思います。

>肩書きは肩書きで、しょせん最後は個人の力量なんですけどねぇ……。

そういう事です。
もう少し、自分のできる事に目を向けて欲しいかな。
その方が案外、世間に向けての
問題提起につながるんじゃないかなと。

投稿: kikka | 2007.01.08 03:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/13334544

この記事へのトラックバック一覧です: こいつもバカだ。:

« 思いこみが激しいって、イヤね。 | トップページ | 触れておきたい小ネタ。 »