« 今度の日曜日は有馬記念。 | トップページ | こりゃ、大変だ。 »

2006.12.24

結構、自信があったんだけれどねぇ。

というわけで、有馬記念は撃沈でした(涙)。

惜しかったなぁ…3着争い。3着の5番・ダイワメジャーと4着の3番・ドリームパスポートはハナ差でしたが、管理人にとっては大きなハナ差になってしまったというか。

ポップロックが激走したというのは理解しております。
王道をひたすらに走ってきたディープと、条件戦→ハンデ戦GII(ダービー後に行われたという特殊な目黒記念)を4連勝し秋シーズンは国内戦歴が一切無いというポップロックとは、素人目に見ても異質な道のりを歩んできていますから。

それにしても、ダイワメジャーが解せんなぁ(苦笑)。なんで最後に邪魔するかなぁ。スカーレットブーケの子供が、なんでミドルディスタンスでキチンと走れるんだよぉ(怒)。

どうにも、最後がピシッとしない秋シーズンでした。

今年の日本競馬を振り返ると、日本調教馬の海外への遠征が一気に増えたのが特色として挙げられますね。ディープの凱旋門賞がその頂点だったんですが、コスモバルクやデルタブルースのように日本で競争条件に恵まれない馬が海外で活路を見いだしたりというような、単なる挑戦ではなくて勝算あっての遠征が増えてきている感がありました。

そんな中で、個人的に2006年ベストレースを選ばせていただきますが、7月末の英国で行われたキングジョージIV世&エリザベスダイヤモンドステークスが最もヒリヒリするレースでしたかね。本場・欧州でも評価の高いレースらしく、強い馬が最後まで激闘を繰り広げたという意味では出色のレースではなかったかと。

欧州の強豪・ハリケーンラン&エレクトロキューショニストと互角の勝負をしたハーツクライ。その3強の最後の直線での争いは、ギャンブルではなくて競技としての競馬を日本人に色濃く示してくれた瞬間だったと感じております。

正直言って、キングジョージの直線ではハーツクライが「日本馬初の快挙を成し遂げた」と思ったもの。でも、ハーツの内側で差し返して来た2頭…特にハリケーンランの残り100メートルでの二の足というのは日本管理馬には見られないほどの末脚で、「信じられない!」と思うと同時に「あと10年は欧州の大レースでの日本馬勝利はかなわないかも」と考えさせられてしまったほどでした。

それもこれも「辺境の地での競馬」と思われていた日本競馬が、改めて世界という大きな枠組みに取り込まれたからこそ思い起こす事ができたわけですな。国内で儲けた損したと一喜一憂する以外の競馬の楽しみ方が見いだせたという意味では、エポックメーキング的な年になったのではないだろうかと。

JRA的にはそれが良いのかどうなのか判りませんが、競馬のアスリート的な側面を打ち出す戦略というのは長い目で見れば競馬文化の発展に最も効果的だと思います。

ま、来年も楽しませてください。

|

« 今度の日曜日は有馬記念。 | トップページ | こりゃ、大変だ。 »

コメント

 ただ今旅先から帰って参りました。日帰りですが。
 有馬の結果は、神戸元町のWINSで確認させてもらいました。この時だけは家族をほったらかして。(笑)
 ということで、また小銭稼がせてもらいました。申し訳ない。
 来年もヨロシク。

投稿: kiosk | 2006.12.24 23:59

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/13183569

この記事へのトラックバック一覧です: 結構、自信があったんだけれどねぇ。:

« 今度の日曜日は有馬記念。 | トップページ | こりゃ、大変だ。 »