« キャー、岡部さんよー! | トップページ | 1日過ぎましたけれど。 »

2006.10.02

道、未だ半ば。

ディープでも、勝てなかったなぁ…。

Arc3 Arc4

NHKで岡部先生も言ってたけれど、レースの進め方としてはアレで良かったんじゃないかと思うし、あれ以外の選択肢が無かった感がある。ただ、3強といわれたディープ、ハリケーンラン、シロッコが全て前目の競馬を強いられた事、これがレースの結果に大きな影響を及ぼしてしまった。

シロッコは若干かかり気味で最後の足が残っていなかった。ハリケーンランは直線で内が開かずにスパートが遅れた。そんな中で、ディープは正攻法の競馬でキッチリと実力を出し切った。3強の中では、能力を十分に発揮できたのがディープだった。

ただ、やはり欧州の競走馬は層が厚かった。

上に書いたような展開を強いられた事、これが最終的に後ろの6~8番手にいたレイルリンク(1着)プライド(2着)という斤量が軽い馬たちに外から差される結果を招いてしまった。まさに出し抜けを食らったという表現がピッタリだし、同時に3強が"ラビット"役を強いられてしまった感もある。

タラレバは勝負事に禁物なんだけれど、それでも「もう少し、後ろから行けたらなぁ」という悔いか残りますなぁ。ただ、スローペースになるのは関係者も、少し競馬をかじったファンも折り込み済みだったから、仕方がないという風に納得するしかないかと。

ともかく、ディープが万全の状態を作って臨めた事、限られた状況で実力を発揮できた事、この二点に関しては賞賛されるべきだと思う。

ディープは飛べなかったけれど、
彼の価値が下がるわけではない。

ホント、関係者の方々はお疲れ様でした。

Arc1_1 Arc2

ところで、すぐに各マスメディアが現地の状況を報じていた。目立ったのが、観戦客の「夢をありがとう」という表現だったかな。

そういう言葉を吐く向きにひとこと言いたい。

思い上がるのもいい加減にしなさい。

一喜一憂するのは観戦者の勝手だけれど、ここは自分の事を二の次にして、素直に遠征スタッフを賞賛すべきではないだろうか。それを自分をフィルターにして語るんじゃない。自分の胸だけに秘めておけって。

今回のフランス遠征は、池江調教師や武豊騎手などのスタッフはもちろんだが、日本の全ての競馬人の中で永遠に生き続ける。こういう敗戦を糧にして、新たに強い馬を作る努力に邁進していく事になるわけだ。競馬先進国の欧州でも350年の歴史はそうやって積み重ねて来たはずだし、(若干)後進国である日本ではあるが、追いつけ追い越せの気概を持ちつつ、細々と歴史を積み重ねていくしかない。

今回の凱旋門賞は日本競馬史にとってエポックメーキング的なレースではあるけれど、長い長い歴史の1ページでしかないのである。

だが、関係者以外の個人というフィルターを通す事で、その歴史を踏みにじって欲しくない。「夢をありがとう」なんて、まるで今回で終わりみたいな事を言うんじゃない。日本競馬はディープだけじゃないし、このレースだけで表現されるほど薄っぺらい文化ではないはずだ。

日本の競馬は「道、未だ半ば」である。

競馬人には今回以上に世界に通用する馬を作って欲しいし、われわれ観戦者は静かにそれを見守ろうではないか。それには「日本競馬は、まだまだ通過点」だという認識が各々に必要なんじゃないだろうか。

そんな事を考えた。

|

« キャー、岡部さんよー! | トップページ | 1日過ぎましたけれど。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/12118929

この記事へのトラックバック一覧です: 道、未だ半ば。:

» 凱旋門賞 ディープ無念の3着 [ピコゾウ★捲土重来のPOG]
10月1日、フランスはロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞にディープインパクトが出 [続きを読む]

受信: 2006.10.02 13:06

» 凱旋門賞 ディープインパクトは惜しい3着!だが偉大な3着だ!! [雨奇晴好]
ロンシャン競馬場で行われた凱旋門賞に出場したディープインパクトは惜しくも3着に終 [続きを読む]

受信: 2006.10.04 14:51

« キャー、岡部さんよー! | トップページ | 1日過ぎましたけれど。 »