« 命あってのモノだね。 | トップページ | 独り言。 »

2006.10.23

これを日本で放映しろ!

まったく、ドツボにはまっている企業ってのは、CM放映の判断力すら鈍るもんだと。

今回取り上げるのは、SONYの液晶テレビ『BRAVIA』の欧州向けCM映像。昨年に放映された"Ball篇"と、現行で流れている"Paint篇"という二本を紹介します。

乗り遅れちゃいましたけれど、一応触れておかねばなるまいなと(苦笑)。

 Paint_title

 Brabia

ちなみにBRAVIA(欧州版)の広告サイトはこちらにあります。CM閲覧もできますが、アップル社のサイトからQuickTimeをインストールしてください。

http://www.bravia-advert.com/

Grec Wallace氏という方が撮影したこのCMは、パッと見て「非常に解りやすい」というのが第一印象。

Paint_d_2 Paint_e_1

Paint_f Paint_b

Ball_1 Ball_2

延々とBGMに合わせて「CGなんだか実際にやっているのか判別付かない」ような驚愕の映像が延々と流れる。Ball篇ではサンフランシスコの坂の上から「25万個のスーパーボール」を落として23台のカメラで撮影し、Paint篇では取り壊し予定のビルに「数千ガロンの塗料」をしかけて次々と爆破させるという、ふんだんにお金がかかっているCM。

CMの最後に「Colour」「like no other」という二つの言葉が出てくるけれど、「説得力のある映像を並べて決め文句をひと言入れれば、何のナレーションがなくてもこれだけ訴求力のある広告ができる」という、非常に質の高いサンプルではないだろうか。

日本の『BRAVIA』のCMは、派手な色の方々がサンバを踊ってというバージョンなんだけれど、非常に発想が貧困というか、CMの構成要素である「ハッタリ」が中途半端という、そんな駄作CM。大画面TVという、非常に高額なモノを売るんだから、CMでの「ハッタリ」は非常に重要だと思うんだけれどねぇ

少なくとも、欧州版を見た時は「商品が欲しくなった」もの(笑)。日本版だと「やっぱり、シャープを買おうかなぁ」って思っちゃう(苦笑)。広告の効果って、そういうモノだと思います。

欧州で流しているこれらのCMを全世界共通で流せば、SONYという世界企業の評価が更に高まるのに。ここ数年、SONY製品に関しては「日本で流しているCMより欧州制作のモノが解りやすくてそそる」傾向があるから余計にそう考えてしまう。

ワールドスタンダードを目指すんだったら、広告もある程度は世界規格で統一すればいいと思うんだけれどなぁ。少なくとも、現状では日本のSONYは勢いがまったく無くなっているから、他から借りてくるという選択肢があってもイイと思うんだけれど。

たぶん、それぞれにプライドがあって、全社一致という体制がなかなかとれないんだろうけれど…硬直化しちゃった企業って嫌だねぇ(苦笑)。

CMマニアのつぶやきとしては、「数々の名作CMを生み出したSONYだけに、こういう(マーケティングにつながるような)判断力が鈍っている事」が悲しい。

|

« 命あってのモノだね。 | トップページ | 独り言。 »

コメント

paintの方は音楽があんまり好みじゃないんだけど、
やはり圧倒的に凄いよね。
金のかけ方が間違って無いッて言うのは、
凄い事だと思うなあ。

投稿: 雄三 | 2006.10.23 15:01

雄三様>

どうもどうも。
朝の5時半に帰ってきたので、
こんな時間のレスになりました…悪しからず。

>圧倒的に凄いよね。

たまたま日曜日のサンデープロジェクトで、
資生堂の経営改革のドキュメントが流れていたんだけれど、
それも含めて考えてみると、
大企業が自分の仕事に対する本気度を見るサンプルとして、
CMってのは非常に解りやすい資料だなぁと。
資生堂はいろいろ書いてるからいうまでもないでしょうが、
SONYに関しては、少なくとも欧州法人の本気度が解りました。
VAIOのCMとか、欧州向けの方が面白かったからねぇ。

件の資生堂のCM,そしてこのBRAVIAの欧州版CM、
どちらも余計な言葉を語ってないもの。
やはり「一目で解るCM」が作れる企業ってのは、
強いんじゃないかなぁと思いますがねぇ。

>金のかけ方が間違って無い

タレントのブッキングに無駄金を使わなくても、
これだけ良質なCMができるのに、
十年一日の如く発想が変わってない輩もいるんだよなぁ。
単に「有名人を出せばアピールできる」って時代は
とうの昔に終わってるのに、
それに全く気付かない自称「クリエイター」が多過ぎる。
有名人を起用したとしても、
内容を少しはひねって欲しいんだけれど、
素材に甘え過ぎてる向きが多いかなという気がします。

投稿: kikka | 2006.10.24 06:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/12390514

この記事へのトラックバック一覧です: これを日本で放映しろ!:

« 命あってのモノだね。 | トップページ | 独り言。 »