« 更新もままならない。 | トップページ | 久々に平日のエントリーを。 »

2006.10.15

文春もAERAも、二度と読まない。

中日ドラゴンズの優勝報道ですが、自分が目にするところではあまり歓迎されていないような印象があります。

ちなみに上の2誌の優勝記事見出しが、ファンにとっては頭に来るようなものだったりします。星野在籍時の優勝時とは180度変わってますな。

ちなみに文春の見出しはこんな感じ。

"年俸10億円説、「誰も望んでいない」落合・中日優勝"

AERAの方はこんな感じ。

"中日優勝で困る人々−「勝ちやぁいい」監督の不幸”

この両誌にひと言言いたい。

お前ら、何様のつもりだ!(怒)

勝利という「野球というゲームの本質」について、いろいろと考えを駆使しつつシーズンを乗り切って優勝したチームに対して、批判的な意見は失礼だと単純に思うんですが。

確かに落合自身、マスメディアに対しては辛辣な考えを持っているし、付き合いがいい方ではない。その反動が現れている可能性はあるかな。

けれども、サッカーの中田を初めとしたDQNな選手達と違って、彼なりのプロ野球論を素直に発揮した上での成功じゃないですか。だったら、少なくとも現時点ではそれを受け容れるべきです。もっと素直に評してくれよと。

そんなんだから、落合に「お前らに喋ったって仕方がない」って呆れられちゃうんだよ>各メディア。

要は、単純に目立つ記事だけがあれば良くって、体系的・技術的・組織的に野球を語れる記者がいないということでしょ。野球というジャンルを語る術を持っていないからこそ、メディアが楽な方に流れてしまっているんでしょ。そんな「うがった見方」をしてしまうんですが。

ハンカチ王子の時もそうだったけれど、マスメディアが総意を先に作っちゃう事が非常に多い。で、自分の意図にそぐわないモノがあったりすると、徹底的にその後は叩きにはいるという悪循環も見え隠れする。

この思考停止状態は、どうしようもないな。

プロ野球人気の衰退気味が囁かれて久しいし、一昨年はストライキにも発展したりした。自分で自分のクビを絞めている感が業界全体を覆っているかな。

しかし、その衰退感を助長することに最も加担しているのは、04年に野球界に対して批判記事を書いていたメディアに他ならない。「巨人一辺倒云々とか言って読売本体を批判する前に、野球を見る目をもっと養え!」という感が強くなっている。

落合の嫁と息子が「寒いCM」やってたって、別にイイじゃない。もっともっと、グラウンドの中に目を向けて語ってくれよ。サイドストーリーだけ語って、功績を素直に受け取らないのは辞めてくれ。どうして「重箱の隅」をつつくような事ばかり持ってくるわけ?

読者もバカじゃないからさ、もうあなた方のやり方には辟易してんだよ。

|

« 更新もままならない。 | トップページ | 久々に平日のエントリーを。 »

コメント

プロの世界でさえ公然とまかり通ってた、
鉄建制裁をなくした落合の功績をどう思ってんだよお前らは、
と思うけどこの構図は、
どう見ても、小心者によるいじめだね。
勝者をそれ以外のファンで貶めて、
悦にいろうなんて、ちっちゃ過ぎるよなあ。
こう言う奴らを、

「チンカス野郎」って言うんだな。

投稿: 雄三 | 2006.10.16 15:00

雄三様>

本日、期せずして笑っちゃったんですが、
ウチの母親が文春を買ってきていまして(笑)。
「意地でも読むもんか」と思い、
現状では視線から(敢えて)外していますが。

「子の心、親知らず」とはこういう事かと(苦笑)。

>どう見ても、小心者によるいじめだね。

小心者かどうかは解らないけれど、
星野を褒めるヒマがあったら
逆に落合を褒めろと思うんだけれどねぇ。
あんな監督として「単なる一流」のヤツが、
実力以上に祭り上げられているのが許せない。
球界の救世主みたいになっちゃってるもんなぁ。
阪神ファンには、
星野なんかを崇め奉るなよと声を大にして言いたい。
そりゃ、マスコミ対応とかは愛嬌の良さでは
星野に分があるけどさぁ…。
だからといって、星野が名監督かと言えば、
決してそうではないわけで。

こうなったら落合ドラゴンズには、
星野のバカが達成していない「日本一」に
どうしてもなってもらいたい。
そして、心の底から「ざまぁみろ!」って叫びたいですな。

投稿: kikka | 2006.10.16 19:33

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/12300321

この記事へのトラックバック一覧です: 文春もAERAも、二度と読まない。:

« 更新もままならない。 | トップページ | 久々に平日のエントリーを。 »