« 久々に平日のエントリーを。 | トップページ | 資生堂CMに興味がある方へ。 »

2006.10.21

当たらない競馬予想。<秋の陣 2>

秋華賞の時が別のエントリーの中で簡単に触れただけだったので、"当たらない競馬予想"シリーズの【秋の第2弾】になってしまいました。

今週のお題は菊花賞。名前からも解るように「管理人のハンドルネームの元になった、大好きなレース」でございます。

第67回 菊花賞 確定枠順
※Yahoo!スポーツ競馬より

ディープインパクト問題のお陰でいまいち盛り上がってくれませんが(苦笑)、メイショウサムソンが順当に3冠馬となるか、はたまた他の馬が阻止するのか、非常に興味深いレースとなりました。

では、いくつかのファクターを元にして、考察してみる事にします。

---------------------------------------

菊花賞の競争条件ってのは、通常だったら「4回京都6日目施行・指定競走・牡牝混合・3歳限定オープン・馬齢戦・フルゲート18頭・京都芝3000m外回り」ってのが通例となっております。

しかし、今年の場合は「5回京都6日目施行」という、例年にはないタブーなレースとなっております。

これは、ディープインパクトが三冠馬になった時の「ゾロ目回数(66回)・フルゲート頭数未満(16頭)での施行」だった昨年度と同じで、"翌年にその結果を引きずらない競走である"という、主催者側の確固たる意図が感じられます。

そんな訳で「三冠馬になれるかどうかともかくとして、馬券対象=3着以内にはなるだろう」と想定して素直にメイショウサムソンは本命。

◎ 6枠12番 メイショウサムソン

そして、対抗も「優勝できるかどうかは解らないけれど、3着以内には入るだろう」という事で、素直にドリームパスポートも対抗に抜擢。

○ 7枠13番 ドリームパスポート

◎と○の2頭は競走成績をよく見れば解りますが、「ほぼ同じ道筋を辿っている兄弟の様な存在」の馬たちです。今年に入ってからの全5走、2月のきさらぎ賞でドリームが1着・メイショウが2着してから9月の神戸新聞杯まで、両馬共に馬券対象(1〜3着)になっています。

もう一つ、ダービー後に発見したんですが、こんな面白いデータもあります。競馬好きの中では、もしかしたら密かに有名かもしれない。

昨年の10月29日(4回京都7日目9レース目)に行われた『萩ステークス』ってのがあります。8頭立てで行われて「枠番連勝の発売がなかった」事も異例なんですが、そこに出走していたうちの3頭だけで、二歳の朝日杯から始まった「牡馬が出走可能なGIレース」を総なめしているわけです。

05年10月29日 萩ステークス 結果
※Yahoo!スポーツ競馬より

フサイチリシャール→05年朝日杯FS
メイショウサムソン→06年皐月賞&東京優駿
ロジック→06年NHKマイルカップ

この2点から、「1着はメイショウサムソンかドリームパスポートではないだろうか」「双方共が馬券対象になるのではないだろうか」と仮説を立ててみました。

ただ、萩ステークス1着だった「フサイチリシャール(※上記GIに皆勤賞)」が菊花賞不出走という点が気にかかるのではありますが、ここは勢いで行っちゃった方がよろしいかなぁと。ちなみに「きさらぎ賞はリシャールは出走してない」ですし、それを盾にとって無理矢理に自分を納得させる事にしますわ(苦笑)。

---------------------------------------

菊花賞の負担斤量が「定量戦・57キロ」から「馬齢戦・57キロ」に変更されたのは、03年(ネオユニバースが三冠を賭けて敗れた年)です。ちなみにJRAの競馬法における「定量」と「馬齢」との斤量負担基準の違いは以下の通りです。

定量…競走毎に負担斤量を決定する。
馬齢…全ての競走に同一基準(馬齢)で負担斤量を決定。

3歳の春のクラシック及びGI競走は、全て「定量戦」となっておりますが、先週の秋華賞および今週の菊花賞は、2003年から「馬齢戦」に変更されたわけです。

それがどういう意味を持つか説明すると、JRAの競走体系の中でレース毎に特別な条件を定めているのが定量戦であるのに対し、馬齢戦は競走馬のレベルの違いを問わずに負担斤量が決まっているという事になる訳です。

菊花賞が馬齢戦になったという事は、あくまでも「将来のある目的に対する」選定戦の役割を持つという事につながります。ハッキリ書いてしまうと、距離的な観点から「春の天皇賞」に対するアプローチの中の1つであるのでしょうけれど。ちなみに菊花賞出走馬の中から翌年の春の天皇賞に連対した馬が03年から1頭ずつ輩出されています←お調べ下さい(笑)。

過程のレースであるわけだから、どこから好走馬を持ってきてもいいって解釈してます。極端な話、前走が準オープンの出走歴でなくても、あるいは3歳のクラシック路線の重賞でなくても、あるいは秋シーズンに出走して無くても、なんら関係がないって事にもなりますよね。

もう一つ、菊花賞の開催日が2000年から「10月に変更」してから、10月に出走した馬が馬券対象になるという選択肢も(過去6年では)なくなっております。たぶん、上の用件が絡んでの事なんでしょうかねぇ。

そんな事情も兼ね合わせて、3頭目の馬=上記2頭のヒモを抜擢してみました。

ひとまず、こんな馬たちを挙げてみました。

△1枠1番 トーホウアラン
△3枠5番 アドマイヤメイン
△3枠6番 ネヴァプション
△7枠14番 アペリティフ

簡単に書くと「今年になって条件戦を使った馬たち」ですが、他にも似たような馬がいる中で4頭を挙げたのにはワケがあります。

1番&14番は、1999年まで菊花賞トライアルだった「京都新聞杯」の1着&2着馬です。開催日移動で、現在は5月施行になってダービーのトライアル的な性格を持つレースですが、何となく他から持ってくるんだったらこのレースの関連馬なのではないかと。

5番はダービー2着馬…前走の神戸新聞杯では7着負けです。ただし、2月に条件戦(500万下)を使っていて、今年になってずっとオープン馬だった◎と○とは別種の馬でもあります。

6番は、一昨年にデルタブルースが経由して菊戴冠に至った、その過程の条件戦である「九十九里特別」の勝ち馬です。セントライト記念で落馬→競走中止した馬ですが、九十九里特別を中1週で勝ってここにやってきました。こういうギリギリの馬が、菊では好走する事もあるかなと。

他にも5枠10番・フサイチジャンク4枠7番・マルカシェンクが気になりますが、ジャンクの場合は「ダービーの二桁着順」というのが引っかかりますし、マルカシェンクの場合は「10月の毎日王冠に出走した事」「条件馬歴が一切無い」というのを考慮して、それぞれ切ろうと思っています。

---------------------------------------

最後に買い目をお伝えしておきますか…たぶん、◎&○の3連単マルチを買うでしょう。ヒモは先程挙げた4頭。

◎と○のどちらかを1着で絡めれば、16点くらいで済みそうです(笑)。

手堅いと言えば手堅いですが、こんな感じでどうでしょうか。

|

« 久々に平日のエントリーを。 | トップページ | 資生堂CMに興味がある方へ。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/12363471

この記事へのトラックバック一覧です: 当たらない競馬予想。<秋の陣 2>:

« 久々に平日のエントリーを。 | トップページ | 資生堂CMに興味がある方へ。 »