« iPod&iTunesの話。 | トップページ | iPod&iTunesの話。その2 »

2006.09.24

騒がしくなってきましたな。

何かといえば、秋競馬の話です。

明日は中京で皐月とダービーの2冠馬が出走し、中山では天皇賞のトライアル的レースが行われます。ディープインパクトがフランスに遠征中なので、古馬陣(4歳以上)がパッとしませんが、それでも競馬の秋が深まってきたなと云う感じでございます。

そんなワケで、今回は私的に「秋競馬の注目馬」について語ってみます。

まず、3歳の牡馬クラシック路線。

今年も三冠馬が現れるかどうかなんですけれど、なんかメイショウサムソンアッサリと勝ちそうな気がしますな。今のところ、敵らしい敵が見当たらないんですわ。

春先に注目を集めていたアドマイヤムーン(札幌記念勝ち)サクラメガワンダー(10月の毎日王冠に出走予定)は菊花賞ではなく天皇賞(秋)を目指していますし、フサイチジャンクは先週のセントライト記念でレース中の不利に巻き込まれて6着でしたし、これといった対抗馬が本当に見当たらない。強いて云えば、明日の神戸新聞杯で一緒に走るアドマイヤメインが対抗馬かなぁ。

明日のレースが「中京で行われる神戸新聞杯」なので、ダービー馬が一敗地にまみえる可能性はアリと見ていますが、それでも「例年と違う菊花賞」なので最終的には特別な馬が誕生するのではないかな

次に、古馬の中長距離路線。

ドバイで勝ち、キングジョージで惜敗したハーツクライジャパンカップから出走の予定。リンカーン が引退し、ディープは仏遠征。だから、天皇賞が非常に手薄なメンバーになりそうです。

天皇賞の1ヶ月前予想を書いてみますが、春のクラシックで追い続けたサクラメガワンダーをまたまた追っかけてみようかと考えています。一応、ヒモとしてアドマイヤムーンも(笑)。

これは、もう意地ですな(笑)。皐月賞ダービーの時に本命&対抗にしましたからねぇ。ちょうど古馬の一線級もいないことですし、このまま順調に出走してくれないかなと思う次第です。

何度も書いてる「ラジオたんぱ杯」の勝ち馬ですから、府中の2000mでそろそろ爆発してくれないかなぁ…なんてね(苦笑)。

---------------------------------------

ギャンブルとは全く関係ない話ですが、最後は当然の如く「一週間後に迫った凱旋門賞に関して書きます。

2週前にあーだこーだと書きましたが、やはり「日本の馬に頑張って貰いたい」というのが素直な気持ちです。

ただ、冷静に眺めてみると、ディープの勝ちは薄そうな気がしています。少ない情報を集めた上で、こんな印を頭の中で付けていますが。

◎ハリケーンラン
○ディープインパクト

他にも前哨戦のフォア賞に勝ったシロッコとか、女傑・プライドとか、3歳の新鋭・サーパーシー(英国ダービー馬)やレイルリンクとかいますけれど、何となく2頭の一騎打ちなのではないかという気がします。

僕はBS1を始めとした「海外競馬中継」をよく眺めますが、そこで何走か見た限りでは、ハリケーンランという馬は2000年以降の欧州馬の中でも最上級の強さを持っていると考えてます。実際に、世評もそういう感じのようですが。

あのキングジョージでの二の足もそうですが、「ここぞという場面で、確実に差し足が爆発する」という印象。あれは「受けて立つ横綱の競馬」というイメージがあります。

ディープも日本競馬史上でも指折り数えられるスーパーホースですが、最後は欧州の歴史をバックに現役最強馬が立ちはだかるんじゃないかと。そして、ハリケーンランの父親であり、欧州の20世紀最後の名馬だったモンジューが、エルコンドルパサーを差し切った99年の凱旋門賞時と同様の展開になるんじゃないかと。

あの「日本馬が世界一に最も近づいた瞬間」が、どうしても頭から離れないんです。

今回のレースが10頭以下の少頭数になる事が濃厚で、オマケにここ数年でもレベルの高い出走馬たちが集います。互いに牽制しあってスローペースになり、最後に「よーいドン!」と展開していく競馬になりそうです。

お互いが足をためた形になった場合でも、ディープが一気に差しきることが可能なのかどうか。あるいは天皇賞同様に先にマクったとしても、またまた内側からハリケーンランが伸びてきそうな気がしています。

ただ、ディープ陣営に期待を押しつけるような感じで申し訳ないけれど、日本競馬界にとってエポックメイキングになるようなレースを見せて欲しい。それだけを、切に祈っているところです。

ともあれ凱旋門賞では、世界トップレベルのヒリヒリとしたレースが見られそうです。NHKが総合とBSの2局同時に生中継をしてくれる事になりましたし、リアルタイムで楽しめるとは非常に喜ばしいです。

サッカーのワールドカップ同様に、凱旋門賞では「日本のファンが、様々な思いを残す名勝負」が期待できるのではないでしょうか。

|

« iPod&iTunesの話。 | トップページ | iPod&iTunesの話。その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/12015419

この記事へのトラックバック一覧です: 騒がしくなってきましたな。:

« iPod&iTunesの話。 | トップページ | iPod&iTunesの話。その2 »