« 笑っちゃった。 | トップページ | これでいいのか、Amazon。 »

2006.08.28

最近、ハマッているドラマ。

今、こんなドラマにハマっています。

黒い太陽 番組公式Webサイト

東京ではテレ朝の金曜日の23時15分から放映されています(←つまり『特命係長・只野仁』の時間帯w)が、我が静岡では2週遅れなんですよ(苦笑)。ただし、隣の愛知県(メーテレ)では東京の1日遅れの放送で、我が家は地域的事情により「静岡と名古屋のテレビ局双方の電波が入る」ので、結果的には2度見る事ができると(笑)。

ちなみに初回の7月末の放送は東京宿泊の最終日だったのでテレ朝で見て、面白かったので翌日に浜松に帰ってからはメーテレで見て、2週間後に静岡あさひテレビで見るという形で、計3回視聴したんです(笑)。それだけ引き込まれるモノがあったし、それが初回からあったという事ですけれどね。

そして新堂冬樹の原作本も、ハマッたついでにというワケじゃないけれど買ってしまいました。

 Blacksun

いやぁ、小説を買ったのって久しぶりですわ。

このブログに来ていただいている方はご承知だと思いますが、僕は基本的にノンフィクションとかエッセイばかり買っている人間です。スポーツ関連が多いですが、企業モノとかオウム事件の関連モノとか、あるいはサイバラの本とかもよく買っている事もご承知でしょう(笑)。

そんな僕が小説を、それも文庫本ではなく【四六版】を買っているワケですから、かなり強く琴線に触れたという事がお解りになるんじゃないかと。

---------------------------------------

話のあらすじは番組サイトやAmazonの紹介とか、あるいは発行元である祥伝社のWebサイトにて確認していただければ。

それでは寂しいので簡単に書くと、数々の裏社会を描いた作品で知られる著者が、今度はキャバクラを中心とした風俗業界を舞台にしたサスペンスを書きました。米倉涼子のドラマでもお馴染みの松本清張作品、それと同じか、もっとどす黒くした様な雰囲気がこの作品にはありますね。松本作品での女性同様、新堂の作品では一人の男がのし上がっていく姿を描いています。そこにまつわるエピソードに凍り付いたり、涙したり、いろいろな激しい感情が読者の心中にも渦巻くこと間違い無しだと思います。

ドラマの方は、普段はあまり演技が上手くないと思われる永井大(ながい・まさる)が、それでも目がギラギラしている青年の役を好演しています。周囲の女優・井上和香とか杏さゆりとか酒井若菜(←彼女は役作りが本当に上手いと思う)が華やかさを演出して、風俗界の若き帝王に伊原剛志、うだつの上がらない店員役に吹越満など芸達者な男優が脇をガッチリ固めているという、テレ朝の深夜の低予算ドラマにしては非常に手堅い作りを見せています。それだけ新堂の原作に敬意を払っていることもうかがえるのですがね。

まぁ、とにかくドラマを一度見てください。そして、余力があれば原作本も読んでください。

|

« 笑っちゃった。 | トップページ | これでいいのか、Amazon。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/100929/11656267

この記事へのトラックバック一覧です: 最近、ハマッているドラマ。:

« 笑っちゃった。 | トップページ | これでいいのか、Amazon。 »